データポータルを使用して検索トラフィックなどをモニタリングする

2022 年 3 月 30 日(水曜日)

この記事では、データポータルで検索トラフィック用のモニタリング ダッシュボードを作成する方法について説明します。Search Console にもすぐに使えるグラフとフィルタ機能がありますが、データポータルでは、独自のグラフをカスタマイズして、Google 広告、アナリティクス、YouTube、BigQuery など他のツールのデータと並べて表示できます。このシリーズの前の記事を見逃していた場合は、Search Console とデータポータルを接続するをご覧ください。

ダッシュボードの詳しい説明に入る前に、データポータルをご利用の方へのお知らせです。このたび Search Console コネクタに、最近追加されたデータと同様に、Discover と Google ニュースのトラフィックに関するデータが追加されました。

今回の投稿では、お客様独自のデータで使用できるダッシュボードを共有します。Search Console のプロパティ、データの種類、デバイスなどを簡単に切り替えることができます。ご自身のデータをこのテンプレートにリンクすることで、サイトの Google 検索トラフィックをモニタリングできます。

引き続きこの記事からダッシュボードの詳細についてお読みください。

ダッシュボードの使用方法と使用すべき理由

ダッシュボードを作成する際はまず目的の定義から始めるとよいでしょう。たいていの場合、目的は次の 3 つに大別されます。

  • 掲載結果の確認。サイト上の重要なページの URL クリック数とクリック率(CTR)のモニタリングなど、データの変化をすばやく認識します。
  • データ探索。データからインサイトを引き出します。たとえば、国別、デバイス別、ウェブサイトのセクション別に検索のパフォーマンスのパターンを分析する場合などに使用できます。
  • 情報発信。業界別に集計した集計データなど、興味を引くトレンドやパターンを公開します。

本日は、発生中の問題を見つけるのに役立つ、パフォーマンスをモニタリングするダッシュボードについて説明します。通常、この種のダッシュボードでは、ユーザーがすばやく解釈できるよう、折れ線グラフや棒グラフ、表などのシンプルな可視化が使用されます。問題が見つかった場合は、SEO またはアナリストが詳しいデータ探索を開始できます(これについては、次の投稿で説明します)。

検索トラフィック モニタリング ダッシュボード

前述のとおり、この投稿では Google 検索のパフォーマンスをモニタリングするテンプレートを提供しています。このセクションでは、検索データをデータポータルに取り込む方法、ダッシュボードが提供する機能とデータ、Google が設計上の決定を行った理由について説明します。

Search Console コネクタを設定する

データポータルにログインして Search Console データソースを作成し、URL レベルベースのウェブ、画像、動画、ニュース、Discover、googleNews のデータを含む [URL のインプレッション] テーブルを選択します。ここで選択したプロパティ パラメータがレポートのデフォルトになりますが、フィルタを利用することで他のパラメータにもアクセスできます。詳細については、本記事の後半をご覧ください。データの詳細については、パフォーマンス レポートのヘルプページをご覧ください。

Search Console データコネクタを作成する

フィルタと日付を使用してデータを管理する

レポートのヘッダーには、グラフのデータをフィルタするためのオプションがいくつか含まれています。

  1. アクセス権のある別の Search Console プロパティに切り替えるには、データ管理オプションを使用します。
  2. レポートに含めるデータの期間を選択します。デフォルトでは、過去 28 日間とその前の 28 日間が比較されます。
  3. フィルタを作成してデータをドリルダウンします。
    • ページ: ウェブサイトに 1 つ以上のページを含めたり、除外したりします。ヒント: Search Console の場合と同じように、正規表現を使用できます。
    • タイプ: さまざまなデータタイプ(Discover や Google ニュースなど)から任意のタイプを選択します。一度に 1 つのみ選択できます。
    • 。国(複数選択可)の追加と除外に使用します。
    • デバイス。デバイス カテゴリ(複数選択可)を選択する際に使用します。

ダッシュボード内のデータの管理に利用できるオプション

クリック数とクリック率の推移をモニタリングする

折れ線グラフは、時間の経過とともに指標がどのように変化しているかを示すのに最適な可視化方法です。今回は、クリック数とサイトのクリック率の両方を確認することにします。折れ線グラフを見ると、週末と平日でパターンが大きく異なることがわかります(折れ線グラフで常に 7 の倍数を使用することが重要な理由の一つ)。パターンに変化がある日を見逃さないようにしましょう。

なお、このグラフは仕事向けのウェブサイトを表しているため、トラフィックは平日に多く、週末に少なくなっていますが、ご自身のサイトのパターンは大きく異なるかもしれません。

時系列でのクリック数とクリック率のトレンドを示す折れ線グラフ

このレポートに Google アナリティクスのデータは含まれていませんが、ウェブサイトが Google のオーガニック検索から獲得したコンバージョン数を含めることで興味深い指標が得られるかもしれません。詳しくは、データポータルに Google アナリティクスを接続する方法をご確認ください。

特定の URL(すなわちウェブサイトのセクション)にドリルダウンする

グラフはトレンドやパターンの分析に役立ちますが、より詳細な情報を得るには、表を使用して特定の URL(または URL のグループ)を分析するほうが効果的です。次に例を示します。

  • ページのフィルタを使用すると、ウェブサイトの特定のセクションのみを含めることができます。
  • 国のフィルタを使用すると、ページの掲載結果を国別に確認できます。
  • タイプのフィルタを使用すると、各データタイプの URL 単位のパフォーマンスを分析できます。

URL のドリルダウンを示す表

その他のヒント

ヒント 1: ダッシュボードをモバイル フレンドリーにする

通常、ダッシュボードはパソコン上で使用するため、モバイル フレンドリーにする必要はありません。しかし、モニタリング ダッシュボードは通勤中に使用することも多いため、モバイル フレンドリーにすることが重要な場合があります。

モニタリング ダッシュボードをモバイル デバイスで使用した際のエクスペリエンスを向上させるため、表示モードを [幅に合わせる](レポートのレイアウト オプションをご覧ください)に設定し、ダッシュボードの幅が画面サイズに合わせて調整されるようにできます。このオプションを選択する場合は、各画面サイズでレポートがどのように表示されるかを必ず確認してください。

ヒント 2: URL 文字列を短くする

サブドメインのない単一のドメインをレポートに含める場合は、表を見やすくするために、ドメイン名をレポートから削除することをおすすめします。たとえば、example.com/cool-dashboards/search のレポートを作成した場合、表示されるのは /cool-dashboards/search のみになります。これを行うには計算フィールドを作成し、正規表現を使って URL からドメイン名を削除します。たとえば、.com ドメイン名の場合は、次の表現を使用できます。

REGEXP_EXTRACT(Landing Page, ".*\\.com/(.*)$")

次のステップ: 検索の最適化に役立つ高度なグラフ

次の投稿、Search Console のバブルチャートによるウェブサイトのパフォーマンスの最適化では、検索を最適化する際に注目すべき要素を理解するに役立つ高度なグラフについて説明します。

ご不明な点がありましたら、Google 検索セントラル コミュニティまたはデータポータル コミュニティまでお問い合わせください。また、Twitter を使用している場合はこちらから Google をフォローしてください。今後の投稿について随時お知らせします。

ぜひデータポータルをご活用ください。