新しい Search Console 動画インデックス レポートの発表

2022 年 7 月 11 日(月)

ウェブ上での動画の作成と視聴は増え続けています。また、Google 検索では、何百万もの異なるサイトから動画がインデックス登録されるため、ユーザーはこうしたコンテンツを簡単に見つけて視聴できます。そこで、Google における動画のパフォーマンスを把握し、改善の必要な分野を特定できるように、Search Console に動画のインデックス登録という新しいレポートが追加されました。この変更は今後数か月かけて段階的にロールアウトされるため、現時点では何の変化も見られない可能性があります。

動画のインデックス登録レポート

Google がサイトで動画を検出すると、カバレッジ セクションの左側のナビゲーション バーに動画インデックス登録レポートが表示されます。Google がウェブサイトで動画を検出しなかった場合、レポートは表示されません。

このレポートには、サイトにおける動画のインデックス登録のステータスが表示されます。これは、次の質問に答えるうえで有効です。

  • Google が動画を検出したページ数はどれだけか?
  • 正常にインデックス登録された動画はどれか?
  • 動画のインデックス登録を妨げている問題は何か?

さらに、既存の問題を修正した場合は、レポートを使用して修正を検証し、修正した動画ページが Google インデックスでどのように更新されたかを追跡できます。

Search Console の新しい動画インデックス登録レポート

このレポートは、動画のリッチリザルト レポートとは異なります。本日の投稿で紹介するレポートでは、動画の構造化データにかかわらず動画のインデックス登録が行われるため、動画の構造化データの項目の有効性を示すものではありません。動画のリッチリザルト レポートには変化がなく、サイトで有効な動画または無効な動画の構造化データの項目が引き続き表示されます。

特定の動画ページの検査

新しいレポートに加えて、URL 検査ツールが強化され、特定ページの動画インデックス登録に関するステータスを確認できるようになりました。ページの検査中に Google が動画を検出した場合は、結果で次のように表示されます。

  • 動画の URL やサムネイルの URL などの詳細情報。
  • 動画がインデックスに登録されたかどうかを示すページのステータス。
  • 動画のインデックス登録を妨げている問題のリスト。

これはライブ インスペクションには適用されません。ライブ インスペクションには、動画のインデックス登録のステータスが表示されず、検査対象ページで動画が検出されたかどうかのみが表示されます。

URL 検査ツールの新しい [動画ページのインデックス登録] セクション

これらの新しいツールにより、動画が検索結果でどのように表示されるかを把握でき、問題の特定と修正が容易になることを願っています。動画インデックス登録のベスト プラクティスについて詳しくは、動画のベスト プラクティス ガイドをご覧ください。

ご不明な点や気になる点がございましたら、Google 検索セントラル コミュニティまたは Twitter でお問い合わせください。