2021 年の Google の検索スパム対策

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

2022 年 4 月 21 日(木曜日)

ノートパソコンでウェブスパム レポート 2021 を見ている Googlebot と友人の Crawley

2021 年、世界の人々は自分を癒やし、強さを取り戻す方法を検索しました。そして Google は、大小さまざまな疑問について人々が役立つ情報を見つけられるように、スパムや悪意のあるコンテンツを検索から排除する取り組みを行ってきました。

SpamBrain: スパムに対して最も効果的な Google のソリューション

Google は 2021 年、20 年近く前に初めてサービスを開始したときと比較して、200 倍以上のスパムサイトを検出しました。これは、SpamBrain と呼ばれる AI ベースのスパム防止システムのおかげでもあります。

Googlebot がページを見ている様子を示す SpamBrain のイラスト

Google は 2018 年に SpamBrain をリリースして以来、常にパフォーマンスの向上に努めてきました。2021 年に SpamBrain が特定したスパムサイトは、2020 年の約 6 倍に上りました。その結果、2020 年に多く見られたタイプのハッキング スパム(70%)や、ホスティング プラットフォーム上の中身のないスパム(75%)が大幅に減少しました。SpamBrain のもう一つの注目すべき点は、あらゆる種類の不正行為に対処するために、堅牢性を確保しながら常に進化を続けているプラットフォームであるということです。

高度なスパムは日々生成され、増加の一途をたどっているものの、数十億のウェブページの中から有害な動作や悪意のある行為を特定する SpamBrain の機能により、99% 以上の検索結果がスパムではなく適切な検索結果であるという状態を保つことができています。

検索の精度とユーザーの安全性の保護

Google は 2021 年に、従来のウェブスパムだけでなく、特にリンクスパム、詐欺、オンライン ハラスメント対策の分野で、大きな進歩を遂げました。

リンクは、有意義な方法でコンテンツを見つけ、検索結果をランク付けするのに役立ってきましたが、2021 年ではさらに、このコアシグナルを保護するために多くの進歩を遂げました。Google は、不自然なリンクを幅広く特定し、不自然なリンクによる検索品質への影響を防ぐためのリンクスパム アップデートをリリースしました。

詐欺はオンライン ユーザーの安全を脅かす深刻な脅威です。Google では 2020 年の取り組みを拡大し、アルゴリズムを複数回更新しました。これにより、詐欺行為の検索結果を 40% 削減することができました。また、対象範囲の向上により、過去数年間カスタマー サポートに寄せられ、Google が対処してきた問題以外にも、さらに多くの詐欺行為からユーザーを保護できるようになりました。

さらに、ユーザーの安全を守るため、SpamBrain を拡張してオンライン ハラスメントに対処できるようにし、名前に関する問い合わせに関しては、不当な削除方針に基づいて当該サイトの表示を抑えることができるようになりました。

ランキング操作の影響の軽減

Google はスパムに加えて、Google の品質ガイドラインへの違反を回避しようとする行為に対処することで、低品質のコンテンツとランキング操作を削減するように努めていますが、そうしたコンテンツはそれでも本質的に操作的であり、ユーザー エクスペリエンスを低下させる原因となります。

この取り組みの例としては、商品レビューのランキングを改善する取り組みが挙げられます。この取り組みでは、商品説明を書き換えただけの商品レビュー、実際にはレビューでない商品レビュー、または実際に体験したものではない商品レビューなど、低品質のレビューに対処します。Google は 2021 年に商品レビューの評価方法を 2 つ大幅に更新しました。これにより、低品質のレビューが大幅に削減され、コンテンツと専門性に優れた商品レビューがより上位にランキングされるようになりました。

Google では、ユーザーが検索で最も有用なコンテンツを見つける際に邪魔となる要素を排除したいと考えています。検索結果に偽装を行っているコンテンツがあった場合は、検索結果ページから直接フィードバックをお送りください