ライブ配信に Indexing API と構造化データを導入する

2018 年 12 月 5 日(水)

ここ数年、ライブ動画のオンライン ストリーミングがこれまでになく簡単になり、セレブ動画からイベント動画まで大きな広がりを見せています。しかし、どの動画がライブなのかを識別したり、ライブ動画をタイミングよく見つけたりするのは必ずしも簡単ではありません。

検索結果に表示された LIVE バッジを含む動画

そこで、Google 検索やアシスタントでライブ配信を簡単に見つけられるようにするため、本日新たにライブ配信の構造化データを導入しました。ライブ配信の構造化データと Indexing API を使用すると、ライブ動画をいつストリーミングするかを Google に知らせることができます。それにより、ストリーミング中のライブ動画に赤色の LIVE バッジを表示することも可能になります。

ライブ配信の構造化データをページに追加する

ウェブサイトでライブ動画をストリーミングする場合は、ライブ配信に関するデベロッパー向けドキュメントを参照し、動画がライブ配信であることを示すとともに、配信の開始時間と終了時間を指定してください。さらに、ページ上に動画があることを Google に伝えるために、VideoObject 構造化データを追加する必要があります。

Indexing API でクロールをリクエストする

今回の導入に伴い、Indexing API がライブ配信の構造化データに対応しました。Indexing API を呼び出して、ライブ配信に間に合うようにサイトのクロールをリクエストしてください。Indexing API は、ライブ配信の開始時と終了時に加え、構造化データに変更を加えたときにも呼び出すことをおすすめします。

詳しくは、デベロッパー向けドキュメントをご覧ください。ご不明な点がございましたら、ウェブマスター ヘルプ フォーラムより質問をご投稿ください。皆様のライブ動画が、Google 検索に表示されるのを楽しみにしております。