Indexing API クイックスタート

サイト所有者は Indexing API を使用することで、ページが追加または削除されると Google に直接通知が送信されるようにすることができます。これにより Google はそのページに対してフレッシュ クロールをスケジュール設定でき、より高品質のユーザー トラフィックを実現できます。現在、Indexing API は、求人またはライブストリームの構造化データを含むページをクロールするためにのみ使用できます。求人やライブストリーム動画のような有効期間の短いページが多いウェブサイトの場合、Indexing API を使用することで更新を個別にプッシュできるため、検索結果に表示されるコンテンツを最新の状態に保つことができます。

Indexing API でできることを以下に示します。

  • URL を更新する: クロールする新しい URL や、以前に送信した URL のコンテンツが更新されたことを Google に通知します。
  • URL を削除する: サーバーからページを削除した後、Google がインデックスからページを削除できるようにするために、また、URL を再クロールしないようにするために、Google に通知します。
  • リクエストのステータスを取得する: Google が最後に受信した、指定された URL に関する各種の通知を確認します。
  • インデックス登録の一括リクエストを送信する: 最大 100 個の呼び出しを 1 つの HTTP リクエストに統合することで、クライアントが確立する必要がある HTTP 接続の数を減らします。

サイトマップと Indexing API

サイトマップではなく Indexing API を使用することをおすすめします。これは、サイトマップを更新して Google に送信するよりも、Indexing API を使用した方が、Googlebot がすぐにページをクロールするためです。ただしそれでも、サイト全体をカバーするためにサイトマップを送信することをおすすめします。

使ってみる

Indexing API を使用する手順は次のとおりです。

  1. Indexing API を有効にし、新しいサービス アカウントを作成し、Search Console で所有権を確認し、アクセス トークンを取得して API 呼び出しを認証することにより、前提条件を満たします
  2. リクエストを送信して、新規、更新済み、削除済みのウェブページを Google に通知します。
  3. デフォルトよりも多くの割り当てが必要になる場合があります。現在の割り当てを表示して、追加の割り当てをリクエストする場合は、割り当てを参照してください。