サイトを一時停止する場合の対応方法

2017年3月15日水曜日

: この投稿は、Google のウェブ検索に固有のものです。Google の他のサービスについては、適切なヘルプセンター( Google ショッピング など)またはヘルプ フォーラムに問い合わせてください。


今や「年中無休」が当たり前となっている世の中ですが、オンラインサービスでは、サイトを一時的に停止しなければならない場合もあります。今回は、検索結果の掲載順位に影響を及ぼすことなく、サイト(またはその一部機能)を一時停止する方法をご紹介します。

方法 1: カート機能をブロックする

ユーザーによる購入のみを停止したい場合は、その特定の機能だけを無効にする方法が一番簡単です。ほとんどの場合、ショッピング カート ページのクロールかインデックス登録のどちらかをブロックすることで対応できます。クロールは robots.txt ファイル で、インデックス登録は robots メタタグ でブロックできます。検索エンジンによるコンテンツの検出またはインデックス登録が停止するため、それを適切な方法でユーザーに伝える必要があります。たとえばカートへのリンクを無効にする、適切なメッセージを表示する、カートの代わりに情報ページを表示するなどの方法があります。

方法 2: インタースティシャルやポップアップを常に表示する

ユーザーがサイト全体にアクセスできないようにする場合は、サイトが一時的に利用できないことを示すメッセージ、情報ページ、またはポップアップを表示し、サーバーから 503 HTTP ステータス コード (「サービスはご利用いただけません」)を返します。503 ステータス コードを返すことで、ユーザーに表示する一時的なコンテンツが Google にインデックス登録されるのを防ぐことができます。503 ステータス コードを返さないと、インタースティシャルなどがウェブサイトのコンテンツとしてインデックス登録されてしまうことがありますのでご注意ください。

Googlebot は 503 を返すページに対して、最長で 1 週間ほどクロールを再試行します。その期間を過ぎても 503 を返すページはパーマネント エラーとして扱われ、検索結果から除外されます。 Retry-After ヘッダー を追加すると、サイトが利用できない期間を示すことができます。ただしサイトのブロックが 1 週間を超えると、サイトを停止している方法に関わらず、サイトの検索結果に悪影響が及ぶ可能性があります。

方法 3: ウェブサイト全体をオフにする

サーバーを完全にオフにするという方法もあります。サーバーを別のデータセンターに物理的に移動する場合などはこの方法がよいでしょう。この方法を使用する場合は、一時的なサーバーを用意してユーザー向けの情報ページを表示し、すべての URL で 503 HTTP ステータス コード を返します。その期間中は DNS を切り替えて、この一時的なサーバーを経由するようにします。

  1. 切り替えの数日前に、 DNS TTL の時間を短く(5 分など)設定しておきます。
  2. DNS を一時的なサーバーの IP アドレスに変更します。
  3. リクエストが一時的なサーバーに送信されるようになったら、メインサーバーをオフラインにします。
  4. ... サーバーがオフラインになりました ...
  5. 戻す準備ができたら、メインサーバーを再びオンラインにします。
  6. DNS をメインサーバーの IP アドレスに戻します。
  7. DNS TTL を通常の設定に戻します。

これらの方法が、ウェブサイトを一時停止するときにお役に立てば幸いです。ご不明な点などありましたら、ウェブマスター ヘルプフォーラムでお気軽にご質問ください。

なお、地域密着型のビジネスを展開されている方は、ローカル リスティングの 営業時間 にビジネスの停止期間を設定することも忘れないでくださいね。

Posted by John Mueller , Webmaster Trends Analyst, Switzerland