Google ニュースの提供元について

2021 年 6 月 1 日(火)

ニュース提供元は、記事やサイトに関する情報を提供することで、読者の信頼を得ることができます。この情報には、明確な日付と執筆者の署名に加え、執筆者情報、ニュース提供元、背後にいる企業やネットワーク、連絡先情報が含まれます。このタイプの透明性により、読者は、閲覧または視聴しているコンテンツに関する情報や、コンテンツの作成者に関する情報を容易に把握できるようになります。

透明性は Google のニュースに関するポリシーの重要な要素でもあります。このポリシーにより、Google ニュースその他のニュースの表示対象となるコンテンツを判断でき、注目に値するコンテンツが信頼できるソースからのものであることを確認できます。ここでは、ニュース提供元がこれらのポリシーの背後にある原則と、実際にポリシーを遵守する方法を理解できるように、透明性に関するポリシーについてさらに詳しく説明します。

Google のアプローチの背後にある原則

Google では、ニュース提供元の透明性がどのようにして保たれているのかを判断するにあたり、どのような情報がサイトの信頼性を判断するのに役立つかを、一般ユーザーの視点から検討しました。 この情報は、学術研究、ジャーナリズム業界で最適とされている方法、Google 独自のユーザーテストを通じて重要であるとみなされた情報と密接に関連しています。

Google は、グローバルなニュース エコシステムが多様で変化しやすいことも理解しています。Google の透明性に関するポリシーが包括的なものとして業界の変化に対応できるようにするため、Google のアプローチの基礎となる原則を追加で設けました。

  • Google では、透明性に関する期待と慣行が地域や国によって異なることを考慮しています。このことは、ジャーナリストの名前公開といった慣行が大きなリスクをもたらす可能性のある、報道の自由度が低い地域では特に重要です。
  • Google は多くの基準を参考にし、編集業界のさまざまな慣行について考察しています。そうすることで、独自の編集基準(たとえば執筆者の署名のない記事の公開)が、それ以外の信頼できる提供元の信頼性に影響を与えないようにしています。
  • Google では、情報がユーザーに明確に伝わることを重視しており、大規模で技術的に洗練されたサイトと、単純なテキストを使って情報を伝達する小規模なサイトとで、同等の扱いとなるようにしています。

慣行の原則

Google のシステムは、サイトが Google の透明性に関するポリシーを遵守しているかどうかを、これらの指針に基づいて評価するように設計されています。記事レベルでは、ユーザーが記事や記事を担当するジャーナリストについてすぐに把握できるような情報が提供されていることを重視しています。この情報には、記事の執筆者(執筆者の資格や専門分野について説明する経歴へのリンクなど)、記事の公開日、記事のタイプ(「意見」や「ニュース」など)を示すラベルが含まれます。

サイトレベルでは、サイトの目的、構成の枠組み、サイトで得られる情報のタイプについて読者が理解するのに役立つ情報が求められます。 この情報には、ミッション ステートメント、編集ポリシーと基準、編集や業務に関わるスタッフの情報と経歴、個別の連絡先情報、オーナーや資金提供元などの組織レベルの情報(たとえば、州のスポンサーシップ、政党や PAC との関係など)が含まれます。

透明性を維持するには、現地の規範、編集方針、リソースの違いを考慮するだけでなく、変化する基準に動的に適応できるように慎重に検討する必要があります。Google は、ここでのあらゆるニュース ポリシーに対する取り組みを通じて、世界中のユーザーがニュースの背後にある情報を取得しやすくなること、ニュース提供元がその取り組みを認められるようになることを願っています。