常に最新の状態を維持する新しい Googlebot

20219 年 5 月 7 日(火曜日)

Googlebot とはウェブページにアクセスして、ページを Google 検索インデックスに追加するクローラです。イベントやソーシャル メディアのコミュニティでお寄せいただいた質問で最も多かったのは、最新の Chromium によって Googlebot の最新の状態を維持できるかというものでした。このたび、Googlebot では検索用にページをレンダリングする際に、最新の Chromium レンダリング エンジン(この投稿の時点でバージョン 74)を実行するようになりました。今後、Googlebot のレンダリング エンジンは定期的に更新され、最新のウェブ プラットフォーム機能をサポートできるようになります。

皆様への影響

以前のバージョンと比べて、Googlebot では次のような 1,000 以上の新機能がサポートされるようになりました。

Googlebot 用の処理としてトランスパイルまたは polyfill を使用しているかどうかをご確認ください。使用している場合は、この処理が今後も必要かどうかをご検討ください。現時点でもいくつかの制限があるため、JavaScript 関連の問題のトラブルシューティングJavaScript SEO に関する動画シリーズをご確認ください。

この投稿に関するご意見やご感想がありましたら、Twitterウェブマスター フォーラムでお知らせください。または、オンライン オフィスアワーにご参加ください。