モバイルファースト インデックスの展開

2018 年 3 月 26 日(月曜日)

本日、モバイルファースト インデックスに関するおすすめの方法に準拠したサイトの移行を開始したことを発表します。この移行は、実験とテストを 1 年半慎重に行って決定されたものです。

この移行内容を簡単にまとめると、Google では通常、クロール、インデックス登録、およびランキング システムにデスクトップ版のコンテンツを使用しており、デスクトップ版のコンテンツがモバイル版のコンテンツと大幅に異なる場合、モバイル ユーザーが検索を行う際に問題が発生する可能性があります。モバイルファースト インデックスは、インデックス登録と掲載順位の決定にモバイル版のページを使用することで、Google のユーザー(主にモバイル ユーザー)が探している情報を見つけやすくするための仕様です。

Google では引き続き、検索結果の提供に単一のインデックスを使用します。メインとなるインデックスとは別に、「モバイルファースト インデックス」を使用する訳ではありません。これまで、デスクトップ版のコンテンツをインデックスに登録していましたが、今後はモバイル版のコンテンツを活用する割合を増やしていきます。

モバイルファースト インデックスへの移行が進んでいるサイトは、Search Console にてお知らせします。移行すると、スマートフォン用 Googlebot のクロール頻度が大幅に向上し、検索結果にはモバイル版のページが表示されるようになります。また、Google によってキャッシュされたページもモバイル版になります。

サイトでモバイルファースト インデックス登録が有効になっている場合に、サイト所有者に送信されるメッセージ

Google がサイトのモバイル コンテンツを判別する方法について、詳しくはこちらのドキュメントをご覧ください。レスポンシブ ウェブ デザインまたは動的な配信を使用するサイトが一般的にモバイルファースト インデックスに設定されますが、そのドキュメントでは、その方法について説明しています。AMP ページと非 AMP ページの両方がサイトにある場合、Google は非 AMP ページのモバイル版をインデックスに登録します。

初期の移行で対象とならないサイトでもご安心ください。モバイルファースト インデックスは、コンテンツを収集する方法についての取り組みであり、コンテンツの掲載順位を決定するものではありません。モバイルファースト インデックスによって収集されたコンテンツが、まだこの方法で収集されていないモバイル コンテンツやデスクトップ コンテンツより掲載順位で優先されることはありません。さらに、デスクトップ コンテンツしかない場合でも、引き続き Google のインデックスに登録されます。

しかしながら、Google では引き続き、モバイル フレンドリーなコンテンツを作成することをウェブ担当者様におすすめします。Google は、インデックスに登録されているあらゆるコンテンツ(パソコン版とモバイル版の両方)を評価して、モバイルへの対応度を判断します。この評価方法は 2015 年以降、モバイルでコンテンツを検索しているユーザーに対して、モバイル フレンドリーなコンテンツがさらにパフォーマンスを発揮するのに役立っています。これに関連した話として、Google は 2018 年 7 月の初めに、読み込みが遅いコンテンツは、パソコン検索とモバイル検索の両方でパフォーマンスが低下する可能性があることを発表しました

まとめ:

  • モバイルファースト インデックスは、幅広い展開を予定しています。この方法でインデックスに登録されたとしても、掲載順位で有利になるということはありません。モバイルファースト インデックスは、モバイルフレンドリーの評価とは独立して機能します。
  • モバイル フレンドリーなコンテンツを作成することは、モバイル検索結果でパフォーマンスを向上させる方法を探している方にとって有用な手段です。
  • 読み込みが速いコンテンツを作成することは、モバイル ユーザーとデスクトップ ユーザーに対してパフォーマンスを向上させる方法を探している方にとって有用な手段です。
  • 今までと同じように、掲載順位はさまざまな要素に基づいて決定されます。モバイル フレンドリーや読み込み速度以外の多くのシグナルに基づいて、最も関連性が高く表示すべきだと判断した場合、モバイル フレンドリーではない、または読み込みが遅いコンテンツをユーザーに表示することもあります。

Google はこの変更を慎重に確認して評価し続けます。ご不明な点がございましたら、ウェブマスター フォーラムまたは公開イベントでご質問ください。