Google のヘルプフル コンテンツ アップデートについてクリエイターが知っておくべきこと

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

2022 年 8 月 18 日(木曜日)

Google 検索は、有用な情報を誰もがもっと簡単に見つけられるよう、常に改善に取り組んでいます。そのため、Google ではいわゆる「ヘルプフル コンテンツ アップデート」を導入しています。これは、有用なコンテンツのオリジナル版をユーザーが閲覧しやすくするための広範な取り組みの一環です。この記事では、最新情報と、コンテンツ作成者が考慮すべき事項を詳しく取り上げます。

ユーザー第一のコンテンツに焦点を当てる

ヘルプフル コンテンツ アップデートは、訪問者に満足感を与えているコンテンツを高く評価し、訪問者の期待に応えていないコンテンツとの差別化を図ることを目的としています。

この新たな変更に合わせて、作成したコンテンツが良い評価を得られるようにするにはどうしたらよいでしょうか。それは、Google のこれまでのアドバイスガイドラインに従って、検索エンジン向けではなくユーザー向けにコンテンツを作成することです。ユーザーを第一に考えるコンテンツ クリエイターは、まず満足度の高いコンテンツの作成に注力する一方で、SEO のベスト プラクティスを活用して、検索ユーザーに付加価値をもたらします。以下の質問に「はい」と答えることができるなら、おそらくあなたはユーザー第一のアプローチを取り、正しい方向に進んでいるといえるでしょう。

  • 特定のユーザー層がすでに存在しているか、想定されており、その人たちがビジネスまたはサイトを直接訪問した際に、コンテンツを有用だと感じてくれると思いますか。
  • コンテンツは、実体験や深い知識(たとえば、実際に商品やサービスを使用したり、ある場所を訪れたりした経験に基づく特別な知識)を明確に示していますか。
  • サイトには主要な目的またはテーマがありますか。
  • コンテンツを読み終わったユーザーは、あるトピックについて、目的を果たすのに十分な情報を得たと感じることができますか。
  • コンテンツを読んだユーザーは、有益な時間を過ごせたと感じられますか。
  • コア アップデート商品レビューに関する Google のガイダンスに留意していますか。

検索エンジン第一のコンテンツを作成しないようにする

ユーザー第一のアプローチを推奨する Google のアドバイスは、SEO のベスト プラクティス(Google 独自の SEO ガイドなど)と両立します。SEO は、ユーザーを第一に考えるコンテンツに適用するのに有効な手段です。一方で、主に検索エンジンのトラフィック用に作成されたコンテンツは、検索ユーザーが満足できないコンテンツと強い相関関係にあります。

検索エンジン第一のアプローチに陥らないようにするには、どうすればよいでしょうか。一部またはすべての質問に対する答えが「はい」だった場合は、サイト全体でコンテンツをどのように作成するかを再評価する必要があるという警告です。

  • コンテンツは、人間のために作成されたというより、主に検索エンジンからユーザーを引き付けるためのものですか。
  • どれかが検索結果に表示されることを期待して、さまざまなトピックで多くのコンテンツを制作していますか。
  • 多くのトピックについてコンテンツを作成する際、かなりの部分に自動化を使用していますか。
  • 価値を付加することなく、主に他の人の意見を要約していますか。
  • 既存のユーザー層のためではなく、ただ話題になっているという理由で記事を書いていますか。
  • ユーザーがコンテンツを読み終わっても、他のソースからより良い情報を得るために再び検索する必要があると感じさせてしまいますか。
  • Google が優先する文字数があるとどこかで聞いたか読んだかしたために、特定の文字数になるように記事を書いていますか。(そのような設定は存在しません)。
  • 検索トラフィックを獲得できると考えて、実際の経験がないにもかかわらず、ニッチなトピックを扱うことにしましたか。
  • 実際には答えがない質問にコンテンツ内で答えることを約束していますか(たとえば、未定のはずの商品の発売日や、映画の公開日、テレビ番組の放送日)。

更新の流れ

アップデートは来週から展開されます。開始時点と展開が完全に終了した時点で Google ランキングの最新情報ページに投稿します。これには最大で 2 週間を要する可能性があります。この更新により、新しいランキング全体のシグナルが導入されます。これは、ウェブページのランキングのための他のシグナルの中でも特に重点的に検討しているシグナルです。Google のシステムは、価値がほとんどない、または付加価値が低いとされるコンテンツ、または検索を行うユーザーにとって特に有用でないコンテンツを自動的に識別します。

有用でないコンテンツ自体だけでなく、そうしたコンテンツを比較的多く含むと判断されたサイトにあるコンテンツも、表示すべきコンテンツがウェブの他の場所にあると考えられ、検索での掲載順位が下がります。そのため、有用でないコンテンツを削除することで、他のコンテンツのランキングが改善する場合があります。

自然な疑問として、有用でないコンテンツを削除した場合に、サイトの掲載順位の改善までにどれほど時間がかかるのか、気になる方も多いでしょう。この更新によって識別されるサイトでは、数か月にわたってシグナルが適用される場合があります。この更新で使用される分類器は継続的に実行され、新たにリリースされたサイトと既存のサイトを監視します。有用でないコンテンツが長い間返されていないと判断されると、分類は適用されなくなります。

この分類器プロセスは、機械学習モデルを使用して完全に自動化されています。手動による対策やスパム対策ではなく、単なる新しいシグナルであり、コンテンツをランク付けするために Google が評価するさまざまなシグナルの一つに過ぎません。

つまり、ユーザー第一のコンテンツは、有用でないコンテンツを含むと分類されたサイト内にあるとしても、検索クエリとの関連性が高く、有用であることを示す他のシグナルがある場合、ランキングが上位になる可能性があるということです。また、シグナルは重み付けされます。有用でないコンテンツがサイト内に多いと、シグナルの影響が強くなる場合があります。いずれにしても、最良の結果を得るためには、有用でないコンテンツを削除し、Google のすべてのガイドラインを遵守してください。

この更新は、まず英語での検索に全世界で適用されますが、将来的には他の言語にも拡大される予定です。また今後数か月にわたって、有用でないコンテンツを検出する分類器の仕組みの改善を続けるとともに、ユーザー第一のコンテンツを優遇するさらなる取り組みを開始します。

この更新に関するフィードバックがございましたら、ヘルプ フォーラムのこちらのスレッドにコメントしてください。ご自身のサイトに関するフィードバックをお寄せいただける場合は、更新に関するフィードバック フォームをご利用ください。お寄せいただいたフィードバックは、エンジニアによるシステム全体の改善に活用いたします。