スマート アシスト キャンペーン

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

スマート アシスト キャンペーンは、小規模ビジネスがオンラインでより多くのお客様にリーチできるよう設計されています。設定やメンテナンスは最小限で済みます。また、Google の広告技術を最大限に活用して、電話による問い合わせ、店舗への訪問、ウェブサイトでのアクションなど、ビジネスと目標の詳細に基づいてキャンペーンを自動的に最適化します。

スマート アシスト キャンペーンの作成ワークフローには、他のキャンペーン タイプとは異なる手順がいくつかあります。ベスト プラクティスとして、以下に説明する手順で追加するエンティティは、単一の GoogleAdsService.Mutate リクエストで作成することをおすすめします。

新しいスマート アシスト キャンペーンの作成手順の概要は次のとおりです。詳細については、コードサンプル全体もご覧ください。

  1. キーワード テーマのリストを作成するには、SuggestKeywordThemes サービス メソッド、KeywordThemeConstantService からの提案、または自由形式のキーワードテーマを使用します。これらのキーワード テーマは、さまざまなレベルの予算候補の取得、キーワード テーマ キャンペーンの条件の作成、広告文クリエイティブに対する候補の生成に使用されます。
  2. 予算額、広告の見出し、説明文の候補を SmartCampaignSuggestService から取得します。このサービスは、ビジネス、ターゲット地域、ターゲット言語、キーワードのテーマを使用して、1 日の予算額 highlowrecommended を提案します。さらに、広告自体に最大 3 つの広告見出しと 2 つの説明文を設定します。
  3. 推奨予算額を使用して CampaignBudget を作成します。キャンペーンのパフォーマンスを最大化するために、推奨予算額を使用することを強くおすすめします。スマート アシスト キャンペーンの予算を他のキャンペーンと共有することはできません。
  4. CampaignSmartCampaignSetting を作成します。SmartCampaignSetting は、関連付けられた Campaign とは別に存在できません。そのため、2 つのエンティティを一緒に作成することを強くおすすめします。
  5. campaign criteria のリストを作成します。このガイドでは、KeywordThemeConstantService から取得した KeywordThemeConstants を使ってキーワード テーマのキャンペーン条件を作成しますが、サポートされている他のタイプのキャンペーン条件についても説明します。
  6. AdGroupを作成します。1 つのスマート アシスト キャンペーンに関連付けることができる AdGroup は 1 つのみです。
  7. 1 つ以上の AdGroupAds を作成し、それぞれの広告見出しと説明文を 3 つまでにします。