キャンペーン

Google 広告キャンペーンは、予算、地域ターゲティング、その他の設定を共有する 1 つ以上の広告グループ(広告、キーワード、入札単価)をまとめたものです。キャンペーンは通常、広告主が提供する商品やサービスのカテゴリを整理するために使用します。

入札単価、予算、言語、地域、広告の配信先ネットワークなどは、キャンペーン単位で設定できます。広告主様が大手企業の場合は、地域や予算ごとに異なるキャンペーンを作成できます。

キャンペーン タイプ

キャンペーン タイプは Google 広告ネットワーク(Google 検索ネットワーク、Google ディスプレイ ネットワーク、YouTube ネットワーク)ごとに用意されています。

Google ネットワーク、関連性の高い Google 広告を表示するウェブサイト、その他のプレースメント(モバイルアプリなど)を含め、広告を掲載できる場所がすべてネットワークになります。

ネットワーク設定は、キャンペーンのキャンペーン タイプを選択して指定します。 API では、次のキャンペーン タイプがサポートされています。

GMB API を使用すると、さまざまなマーケティング目標に合わせて最適化された次のようなキャンペーンを作成して管理できます。

Google 広告 UI との違い

動画キャンペーンなどの一部のキャンペーンのタイプは、Google 広告 UI でサポートされていても API ではサポートされていません。動画キャンペーンの指標は、API で取得できます。ただし、API から動画キャンペーンを変更することはできません。一時停止や有効化のような単純なオペレーションや、複雑なオペレーション(条件の整理、条件の変更、広告グループの追加など)も含まれます。

キャンペーンのサブタイプ

Google 広告管理画面のキャンペーンのサブタイプ標準すべての機能など)を使用すると、関連するキャンペーン オプションを簡単に見つけられますが、API の Campaign オブジェクトに対応する属性はありません。

この UI の列は、API の AdvertisingChannelType フィールドと AdvertisingChannelSubType フィールドと似ていますが、これらのフィールドと UI のキャンペーンのサブタイプは、1 対 1 で対応しません。

たとえば、API を使用して作成された検索専用キャンペーンは、常に UI の観点から「すべての機能」キャンペーンになります。