バッチ処理

ほとんどのサービスには同期 API がありますが、リクエストを行ってレスポンスを待つ必要がありますが、BatchJobService では、オペレーションの完了を待たずに、複数のサービスでオペレーションのバッチを実行できます。

サービス固有の mutation オペレーションとは異なり、BatchJobService の 1 つのジョブで、キャンペーン、広告グループ、広告、条件、ラベル、フィード アイテムの混合コレクションに対してオペレーションを実行できます。送信されたジョブは並列実行され、BatchJobService はレート制限エラーなどの一時的なエラーにより失敗したオペレーションを自動的に再試行します。Google Ads API は、API オペレーションのカウント手順に沿って、各オペレーションを 1 日オペレーションの上限までカウントします。

また、BatchJobService では、リクエスト内で一時 ID を使用できるため、1 つのジョブで従属オペレーションを送信できます。

オペレーション

BatchJobService は、MutateOperation にリストされているすべての操作をサポートしますが、重要な例外がいくつかあります。

Google Ads API は、部分的障害を有効にしたジョブ内のすべてのオペレーションを実行します。ただし、MutateOperation における次のオペレーションは、アトミックでなければならないため、部分的な障害はサポートされていません。そのため、バッチジョブ内ではサポートされていないため、ジョブに追加しないでください。

これらのオペレーションを実行する必要がある場合は、代わりに GoogleAdsServicemutate メソッドを使用し、リクエストで partial_failurefalse に設定します。

BatchJobService ではサポートされていません。