並行トラッキング設定の実装チェックリスト

並行トラッキングに移行する際は、以下にまとめた実装チェックリストをご活用ください。

HTTPS サポート: トラッキング サーバーが HTTPS プロトコルをサポートするように設定されている。
[推奨] Google 広告の HTTPS エントリ: Google 広告のトラッキング テンプレート URL が https:// で始まっている。移行をサポートするため、HTTPS がそのように入力されていない場合、最初のトラッキング コールは常に自動的に HTTPS に書き換えられます。
サーバーサイドのリダイレクト: トラッキングのリダイレクトで、(JavaScript などのオンページ リダイレクトとは対照的な)サーバーサイドのリダイレクトを使用している。
[オプション] オプトイン用の API 統合: 顧客がお客様のプラットフォームで AdWords API を使用して並行トラッキングを有効にできる
[オプション] 最終ページ URL サフィックスのフィールド用の API 統合: 顧客がお客様のプラットフォームで AdWords API を使用して、最終ページ URL のサフィックスのフィールドを設定できる。
[該当する場合] ランディング ページ パラメータ: クリック リダイレクト時にランディング ページに送信された変数が、Google 広告の最終ページ URL か最終ページ URL のサフィックスのフィールド(推奨)、またはトラッキング テンプレートのフィールド(非推奨)に入力される。
[オプション] クリック ID(gclid)トラッキング: Google 広告アカウントの設定または API により自動タグ設定が有効になっているため、Google の一意のクリック ID(「gclid」)がランディング ページとトラッカー URL の両方に追加され、トラッキングとレポートに対して関連する変更を加えられる。{gclid} ValueTrack パラメータを使って、クリック ID パラメータの値を Google のクリック ID(gclid)に置き換え、トラッキングとレポートに対して関連する変更を行います。
並行トラッキング インジケータ: 後続のトラッカーにリダイレクトする際に、トラッカーが並行トラッキング インジケータgb=1」を渡す。
[おすすめの方法] トラッキング設定のテスト: Google 広告 UI のテスト機能を使って、すべての URL が適切に表示されることを確認。
[おすすめの方法] エンドツーエンドのテスト: 広告主のアカウントに移行する前に、1 つ以上の小さな本番用アカウントで並行トラッキングを有効にして、エンドツーエンドのテストを実施。

次のステップ

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。