Googleは、黒人コミュニティの人種平等を推進することに取り組んでいます。 方法をご覧ください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

Androidのクイックスタート

開発環境をセットアップする

サンプルプロジェクトを開く

このクイックスタートでは、2Dおよび3DベクターグラフィックスをレンダリングするためのプログラミングインターフェイスであるOpenGLを使用します。以下の手順を開始する前に、 EnableARCoreのドキュメントを確認してください

次のコマンドを使用してリポジトリのクローンを作成し、サンプルプロジェクトを取得します。

git clone https://github.com/google-ar/arcore-android-sdk.git

Android Studioで、 arcore-android-sdkディレクトリ内のsamplesサブディレクトリにあるhello_ar_javaサンプルプロジェクトを開きます。

デバイスまたはエミュレーターを準備します

サポートされているデバイスまたはAndroidエミュレーターでARアプリを実行できます。

サンプルを実行します

Androidデバイスが開発マシンに接続されていることを確認し、[実行]をクリックしますAndroidStudioで。

Android Studioは、プロジェクトをデバッグ可能なAPKにビルドし、APKをインストールしてから、デバイスでアプリを実行します。詳細については、「アプリのビルドと実行」を参照してください。

AR用のGooglePlay開発者サービスが見つからないか古くなっている場合は、インストールまたは更新するように求められることがあります。 [続行]を選択して、GooglePlayストアからインストールします。

hello_ar_javaアプリを使用すると、検出されたAR平面の表面にAndroidの置物を配置して操作できます。これは、 Android GL SurfaceViewで実装されます。これは、カメラのプレビューと、平面やアンカーなどの基本的なARオブジェクトをレンダリングするために使用されます。 hello_ar_javaのサンプルレンダリングフレームワークは、 com/google/ar/core/examples/java/common/samplerenderます。

インスタント配置を使用する

Instant Placement APIを使用すると、ユーザーはARCoreが表面の形状を検出するのを待たずにARオブジェクトを画面に配置できます。ユーザーが環境内をさらに移動すると、オブジェクトの配置がリアルタイムで調整されます。 ARCoreがARオブジェクトが配置されている領域で正しいポーズを検出すると、白いオブジェクトは自動的に更新されてポーズが正確になり、不透明になります。

インスタント配置を使用して仮想オブジェクトを配置します

インスタント配置は、 hello_ar_javaで自動的に有効になります。画面上の歯車アイコンをタップし、ドロップダウンメニューで[インスタント配置]を選択します。 [インスタント配置を有効にする]チェックボックスはすでに選択されているはずです。

画面をタップしてオブジェクトを配置します。ホログラフィックオブジェクトが画面に表示された後、デバイスを動かし続けるようにしてください。これにより、ARCoreは、仮想オブジェクトを正確に固定するために周囲に関する十分なデータを取得できます。

次のステップ