以上で完了です。

開発を始めるには、デベロッパー ドキュメント をご覧下さい。

Google Maps JavaScript API をアクティベートする

まず初めに Google Developers Console で次の作業を行います。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. Google Maps JavaScript API と関連サービスをアクティベートする
  3. 適切なキーを作成する
続ける

チュートリアル

これらのチュートリアルのいずれかを選択するか、すべてをご覧ください

デモとサンプルコード

クイック スタート ステップ

[キーの取得]をクリックして、Google API Console にプロジェクトを作成し、Maps JavaScript API と関連サービスをアクティベートして、API キーを取得します。それから、ドキュメントを読んで、開発を始めてください。

以上で完了です。

開発を始めるには、デベロッパー ドキュメント をご覧下さい。

Google Maps JavaScript API をアクティベートする

まず初めに Google Developers Console で次の作業を行います。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. Google Maps JavaScript API をアクティベートする
  3. 適切なキーを作成する
続ける

関連 API

JavaScript API と他の API を同時に使用して、位置情報を用いたアプリやサイトを作成します。

Google Maps Geocoding API

住所と地理的座標を変換します。

Google Static Maps API

シンプルで埋め込み可能、コードは最小限のマップです。

Google Places API Web Service

多くの場所の最新情報を追加できます。

ウェブサービス

クロス プラットフォームのウェブサービス API についてご覧ください。これらの API をプロジェクトに追加すると、バッチ処理や高度な機能を利用できるほか、その他のサーバー側の操作も可能になります。

フィードバックを送信...

Google Maps JavaScript API
Google Maps JavaScript API
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。