以上で完了です。

開発を始めるには、デベロッパー ドキュメント をご覧下さい。

Google Maps JavaScript API をアクティベートする

まず初めに Google Developers Console で次の作業を行います。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. Google Maps JavaScript API と関連サービスをアクティベートする
  3. 適切なキーを作成する
続ける

マップのローカライズ

特定の国や地域に合わせてマップをカスタマイズできます。その方法は次のとおりです。

  • 既定の言語設定を変更する。
  • 地域コードを指定する。指定した国または地域に応じてマップの動作が変わります。

言語のローカライズ

デフォルトでは、Google Maps JavaScript API はブラウザで指定されたユーザーの優先言語設定を使用して、コントロール名や著作権表示、運転ルート、ラベルなどのテキスト情報をマップに表示します。ほとんどの場合、ブラウザの設定を反映することをお勧めします。ただし、Maps JavaScript API でブラウザの言語設定を無視したい場合、強制的に特定の言語で情報を表示することができます。そのためには、Maps JavaScript API のコードを読み込む際に、language パラメータを <script> タグに追加します。

次の例は、日本語でマップを表示し、地域を日本に設定しています。

<script src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=YOUR_API_KEY&language=ja&region=JP">
</script>

例を見る

マップの言語を設定する場合、region の設定も考慮することが重要です。これにより、アプリケーションを地域の法律に準拠させることができます。

注: 上の例のように API をロードすると、ユーザーが設定した言語にかかわらず、マップですべてのユーザーに対して日本語が使用されます。このオプションは、事前に動作を検討した上で設定してください。

Maps JavaScript API は、左から右(LTR)および右から左(RTL)に表記する文字の両方を含む双方向(Bidi)テキストにも対応しています。RTL 言語とは、アラビア語、ヘブライ語、ペルシア語などです。RTL 言語を正しく表示するには、通常は、ページの <html> 要素に dir='rtl' を追加する必要があります。以下の例では、アラビア語のコントロールを使用してエジプトのカイロのマップを表示しています。

<!DOCTYPE html>
<html dir="rtl">
  <body>
    <script src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=YOUR_API_KEY&language=ar&region=EG">
    </script>
  </body>
</html>

例を見る

サポートされる言語のリストをご覧ください。新しい言語が頻繁に追加されるため、このリストで網羅されていない場合があります。

地域のローカライズ

Google Maps JavaScript API を maps.googleapis.com からロードした場合は、アプリがアメリカを基準とした動作をするように、デフォルトでバイアスがかかっています。アプリを修正して、別のマップタイルを表示したい場合や、動作にバイアスをかけたい(特定の地域を優先してジオコーディングの結果を表示するなど)場合は、Maps JavaScript API のコードをロードする際に、region パラメータを <script> タグに追加して、デフォルトの動作をオーバーライドします。

Maps JavaScript API アプリのデベロッパーには、アプリが使用される国に合わせて適切に地域ローカライズを行い、その地域の法律を厳守したアプリを作成する責任があります。

region パラメータは、一般的に国コード トップ レベル ドメイン(ccTLD)と 1 対 1 になったマッピングを持つユニコード地域サブタグ ID を受け付けます。大半の Unicode 地域 ID は ISO 3166-1 コードと同一ですが、いくつか注意が必要な例外もあります。たとえば、英国の ccTLD は(ドメイン .co.uk と対応した)「uk」ですが、地域 ID は「GB」です。

たとえば、次の script タグはマップを英国にローカライズしています。

<script src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=YOUR_API_KEY&region=GB">
</script>

以下の 2 つの例は、デフォルト地域(US)を基準にして「トレド、オハイオ」にジオコードした「トレド」の地図と、ES(スペイン)に設定された region を基準にして「トレド、スペイン」にバイアスをかけた地図です。

US の例ES の例をご覧ください。

中国での API ローディング

Google Maps JavaScript API は、中国国内では http://maps.google.cn で提供されています。中国向けにコンテンツを提供する際は、https://maps.googleapis.comhttp://maps.google.cn に置き換えてください。次に例を示します。

<script src="http://maps.google.cn/maps/api/js?key=YOUR_API_KEY">
</script>

中国ユーザーを対象に開発している場合は、中国の地域や言語パラメータを追加する必要があります。API は language パラメータの値として、zh-CNzh-TW をサポートしています。

<script src="http://maps.google.cn/maps/api/js?region=cn&language=zh-CN&key=YOUR_API_KEY">
</script>

フィードバックを送信...

Google Maps JavaScript API
Google Maps JavaScript API
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。