API 選択ツール

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

API 選択ツールは、地図や位置情報を利用したデータに対して最も一般的な操作のリストで、ニーズに最適な API を提案します。 各 API の詳細については、関連ドキュメントをご覧ください。

実行する処理 適した API
Android アプリに地図を追加します。必要に応じて、地図の 3D カメラを完全に制御しながら、傾斜、回転、ズーム、パン操作のための地図操作をサポートします。
iOS アプリに地図を追加します。必要に応じて、地図の 3D カメラを完全に制御しながら、傾斜、回転、ズーム、パン操作のための地図操作をサポートします。
ウェブページに地図を追加する 独自のデータや画像を使って地図をカスタマイズできます。必要に応じて、地図コントロールとモバイルウェブでのジェスチャーをサポートします。
URL とパラメータのみで構成されるシンプルな HTTP リクエスト経由で、ウェブページに地図を追加します。ブログなど、<script> タグを追加できない場合に便利です。
ローカル コンテキストの地図をウェブページに追加するローカル コンテキストの地図は、柔軟性に優れたシンプルな UI ウィジェットで、指定した場所の近くにある注目スポットをユーザーに表示します。ローカル コンテキスト ライブラリは、インタラクティブな地図と、写真のギャラリー付きのスポット選択ツールを配置したサイドパネルで構成されています。お店やスポットのリストを種類に基づいて絞り込むこと、運転ルートを提供すること、ウィジェットの表示形式をカスタマイズすることが可能です。
地図上にルートを描きます
徒歩、車、自転車、公共交通機関、飛行機などのさまざまな移動手段による距離と移動時間を示す、指定された 2 つ以上の地点間のルートを描画します。
徒歩、車、自転車、公共交通機関などのさまざまな移動手段による現在地から目的地までのルートデータを取得します。
地図上で対象物や任意のデータを可視化します。
ヒートマップを使用して、グレード カラーを使用して地理的位置のデータの強度を可視化します。このようなデータの例としては、人口密度、気温、交通渋滞などがあります。
KML データを地図上に表示します。
GeoRSS データを地図上に表示します。
地図上にポリゴン、長方形、ポリライン、円、マーカー、情報ウィンドウ(ポップアップ)を描画します
地図に描画できるユーザー インターフェースを含むグラフィカル インターフェースを提供します。
指定した場所にオーバーレイとして画像を地図に追加します。
アプリケーションにインタラクティブなストリートビュー パノラマを追加する、パノラマの位置を設定する、ストリートビュー カメラ(視点)を操作するなどの操作を行います。
静的なストリートビュー パノラマを表示します。
球面ジオメトリの計算を行い、緯度と経度から、角度、方向、距離、面積を計算します。
一連の緯度と経度の座標(LatLngs)をエンコードされたパス文字列にエンコードし、エンコードされたパス文字列を一連の LatLngs にデコードします。
iOS、Android、またはウェブから URL を使用して Google マップ アプリを開きます。これは、アプリ、メール、ウェブページから Google マップを起動する際に便利な方法です。たとえば、ルートリクエストを使ってマップアプリを起動し、ターンバイターン方式ナビへのアクセスを許可します。
地図の外観をカスタマイズする。
ベクターベースの画像を使用して、SVG パス表記を使用して地図上の事前定義済みのシェイプやカスタム シェイプをマーカーやポリラインに追加します。このような形状の例としては、矢印、点線、カスタムパス、パスに沿ってアニメーション化されたシンボルなどがあります。
地図上に公共交通機関のルートを表示します。
地図上に自転車ルートを表示します。
現在の交通状況を地図に表示します。
特定の住所の緯度と経度の座標を見つける(ジオコーディング)か、地理的位置の緯度と経度の座標を住所に変換します(リバース ジオコーディング)。
特定の場所の衛星画像の最大ズームレベルを確認する
付近のお店やサービスなどを検索するか、場所のタイプやクエリ文字列で場所を検索します。
場所の名前、住所、営業時間などの詳細情報を取得する(顧客の評価やクチコミなど)。
アプリに Google マップの検索フィールドの予測入力機能を追加します。
住所フォームを自動入力する
住所が現実世界に存在する可能性が高いかどうかを評価します。
場所についての情報(名前と住所、緯度と経度の座標、場所のタイプ(ナイトクラブ、店舗、博物館)など)を提供します。
プレイスや Google+ のデータベースから取得したお店やサービスなどのスポットの写真を探す
付近のビジネスやその他の場所など、表示されている地域の検索結果を表示します。
モバイル クライアントが検出できる基地局や Wi-Fi ノードの情報に基づいて、現在地と精度範囲を取得します。たとえば、GPS が機能しない場合に役立ちます。
デバイスが現在存在するお店やサービスなどの場所を取得します。
地図の固定画像を表示し、必要に応じてマーカー、ポリゴン、長方形、ポリライン、円、スタイル設定を追加する。これは、インタラクティブな地図が不要で、パフォーマンスとサイズを最適化したい場合などに便利です。
複数の出発地と目的地の移動距離と移動時間を計算し、必要に応じて移動手段(徒歩、車、自転車)も指定します。
海抜の高さと、海底上の場所の深度を確認します。
場所のタイムゾーン名、時間オフセット データ、夏時間を確認する
道路の各セクションの速度制限を決定します。
車両が走行した道路を特定します。GPS 座標のセットを車両が走行している可能性が最も高い道路にスナップするか、最寄りの道路セグメントを見つけます。