マップ上に描画する

マップにオブジェクトを追加して、ポイント、線、領域、またはオブジェクトの集合を示すことができます。Google Maps JavaScript API ではこれらのオブジェクトをオーバーレイと呼びます。オーバーレイは緯度と経度で表される座標に紐付いているため、マップをドラッグしたりズームしたりすると連動して動きます。

オーバーレイのタイプ

Google Maps API には、プログラムで追加できる複数のタイプのオーバーレイがあります。

  • マップ上の単一の場所は、マーカーを使用して表示されます。マーカーは、カスタム画像を表示する場合があります。この場合、通常はアイコンと呼ばれます。詳細についてはマーカーをご覧ください。
  • 情報ウィンドウは、マップ上の指定された場所でコンテンツ(通常はテキストまたは画像)をポップアップ バルーン内に表示する独特のオーバーレイです。詳細については情報ウィンドウをご覧ください。
  • マップ上の線は、順序付けされた一連の場所を表すポリラインを使用して表示されます。詳細については図形をご覧ください。
  • マップ上の任意の図形の領域は、ポリゴンを使用して表示されます。ポリラインと同様に、ポリゴンは順序付けされた一連の場所です。ポリラインとは異なり、ポリゴンはそれにより囲まれた領域を定義します。詳細については図形をご覧ください。
  • および長方形もマップ上に定義できます。
  • シンボルは、マーカー上のアイコンのカスタマイズまたはポリラインへの画像の追加を行うために使用します。シンボルは、SVG 表記を使用したパスにより定義される、ベクターベースの画像です。API は、シンボルの表示方法を制御するためのオプションも提供します。詳細については、シンボルをご覧ください。
  • マップ上に画像を配置する場合、地面オーバーレイを使えます。詳細については、地面オーバーレイをご覧ください。
  • OverlayView インターフェースを実装して、独自のカスタム オーバーレイを実装することもできます。詳細については、カスタム オーバーレイをご覧ください。
  • マップレイヤーは、オーバーレイ マップタイプを使用して表示されます。ベース マップタイル セットと置き換わる、または既存のベース マップ タイル セットの上にオーバーレイとして表示されるカスタム マップタイプを作成して、独自のタイルのセットを作成できます。詳細については、カスタム マップタイプをご覧ください。

フィードバックを送信...

Google Maps JavaScript API
Google Maps JavaScript API
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。