以上で完了です。

開発を始めるには、デベロッパー ドキュメント をご覧下さい。

Google Maps JavaScript API をアクティベートする

まず初めに Google Developers Console で次の作業を行います。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. Google Maps JavaScript API と関連サービスをアクティベートする
  3. 適切なキーを作成する
続ける

可視化ライブラリ

概要

Google Maps JavaScript API では、ライブラリを使用して補足機能を提供しています。visualization ライブラリには、未加工データを美しく可視化する複数のクラスが含まれています。

可視化ライブラリには、次のクラスが含まれています。

  • HeatmapLayer クラスは、地理的なポイントのデータ強度を可視化します。 地震マッピング チュートリアルでは、HeatMapLayer クラスを使用して地震の場所と強度をプロットし、コードの各ステップを順に確認できます。

ライブラリの使用

可視化クラスは、メインの Maps API JavaScript のコードから独立した別のライブラリです。 このライブラリの機能を使うには、まず Maps API のブートストラップ URL の中で libraries パラメータを用いてライブラリをロードする必要があります。

<script type="text/javascript"
  src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?libraries=visualization"></script>

フィードバックを送信...

Google Maps JavaScript API
Google Maps JavaScript API
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。