以上で完了です。

開発を始めるには、デベロッパー ドキュメント をご覧下さい。

Google Maps JavaScript API をアクティベートする

まず初めに Google Developers Console で次の作業を行います。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. Google Maps JavaScript API と関連サービスをアクティベートする
  3. 適切なキーを作成する
続ける

ライブラリ

Maps API の JavaScript コードは、https://maps.googleapis.com/maps/api/js 形式のブートストラップ URL を介してロードされます。このブートストラップ リクエストは、Maps API で使用されるすべてのメイン Javascript オブジェクトおよびシンボルをロードします。一部の Maps API 地物は、具体的にリクエストしないかぎりロードされない独立したライブラリからも入手可能です。補足的なコンポーネントをライブラリに分散させることで、メイン API は迅速なロード(および解析)が可能になります。これらのライブラリが必要な場合のみ、ライブラリのロードおよび解析に関する追加作業が必要となります。

ブートストラップ リクエストで追加ライブラリのロードを指定するには、libraries パラメータを指定して、そのパラメータにライブラリ名(複数可)を渡します。複数のライブラリは、コンマ区切りリストとして指定できます。ライブラリがロードされると、google.maps.libraryName 名前空間でアクセスできます。

次のライブラリが入手可能です。

  • drawing ではグラフィカル インターフェースが提供され、ユーザーがポリゴンや長方形、ポリライン、円、マーカーなどをマップ上に描画できるようになります。詳細については、描画ライブラリのドキュメントをご覧ください。
  • geometry には、地球の表面上のスカラー ジオメトリ値(距離や領域など)を計算するためのユーティリティ関数が含まれています。詳細については、ジオメトリ ライブラリのドキュメントをご覧ください。
  • places は、定義された領域内にある施設、地理的位置、または有名なスポットなどのプレイスをアプリケーションが検索できるようにします。詳細については、プレイス ライブラリのドキュメントをご覧ください。
  • visualization は、ヒートマップや Google Maps Engine データなどの、データの可視化表現を提供します。詳細については、可視化ライブラリのドキュメントをご覧ください。

次のブートストラップ リクエストは、Maps Javascript API の google.maps.geometry ライブラリをリクエストする方法を示しています。

<script type="text/javascript"
  src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=YOUR_API_KEY&libraries=geometry">
</script>

複数のライブラリをリクエストするには、リクエストをコンマで区切ります。

<script type="text/javascript"
  src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?key=YOUR_API_KEY&libraries=geometry,places">
</script>

フィードバックを送信...

Google Maps JavaScript API
Google Maps JavaScript API
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。