Class LanguageApp

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
LanguageApp

言語サービスでは、テキストの自動翻訳を計算するスクリプトを提供しています。

// The code below will write "Esta es una prueba" to the log.
var spanish = LanguageApp.translate('This is a test', 'en', 'es');
Logger.log(spanish);

Methods

方法戻り値の型概要
translate(text, sourceLanguage, targetLanguage)String一部のテキストをソース言語からデスティネーション言語に自動的に翻訳します。
translate(text, sourceLanguage, targetLanguage, advancedArgs)String一部のテキストをソース言語からデスティネーション言語に自動的に翻訳します。

詳細なドキュメント

translate(text, sourceLanguage, targetLanguage)

一部のテキストをソース言語からデスティネーション言語に自動的に翻訳します。

// The code below will write "Esta es una prueba" to the log.
  var spanish = LanguageApp.translate('This is a test', 'en', 'es');
  Logger.log(spanish);
言語コードの一覧については、こちらをご覧ください。

パラメータ

名前説明
textString翻訳するテキスト
sourceLanguageStringテキストが書かれている言語コード。空の文字列に設定した場合、ソース言語コードが自動検出されます。
targetLanguageStringテキストを翻訳する言語コード

戻る

String - 翻訳されたテキストです


translate(text, sourceLanguage, targetLanguage, advancedArgs)

一部のテキストをソース言語からデスティネーション言語に自動的に翻訳します。

// The code below will write "Esta es una <strong>prueba</strong>" to the log.
  var spanish = LanguageApp.translate('This is a &lt;strong&gt;test&lt;/strong&gt;',
                                      'en', 'es', {contentType: 'html'});
  Logger.log(spanish);
言語コードの一覧については、こちらをご覧ください。

パラメータ

名前説明
textString翻訳するテキスト
sourceLanguageStringテキストが書かれている言語コード。空の文字列に設定した場合、ソース言語コードが自動検出されます。
targetLanguageStringテキストを翻訳する言語コード
advancedArgsObjectオプションの JavaScript オブジェクト フィールド

拡張パラメータ

名前説明
contentTypeStringテキストのコンテンツ タイプ。サポートされている値は 'text'(デフォルト)と 'html'

戻る

String - 翻訳されたテキストです