Class FileIterator

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
FileIterator

大量のファイルのコレクションに対してスクリプトで反復処理を行えるイテレータ。ファイル イテレータには DriveApp または Folder からアクセスできます。

// Log the name of every file in the user's Drive.
var files = DriveApp.getFiles();
while (files.hasNext()) {
  var file = files.next();
  Logger.log(file.getName());
}

Methods

方法戻り値の型概要
getContinuationToken()Stringこのイテレーションを後で再開するために使用できるトークンを取得します。
hasNext()Booleannext() を呼び出すとアイテムが返されるかどうかを決定します。
next()Fileファイルまたはフォルダのコレクションに含まれる次のアイテムを取得します。

詳細なドキュメント

getContinuationToken()

このイテレーションを後で再開するために使用できるトークンを取得します。このメソッドは、1 回の実行でイテレータを処理する方が最大実行時間を超える場合に便利です。継続トークンは通常 1 週間有効です。

戻る

String - トークンの生成時にイテレータに残ったアイテムで、このイテレーションを再開するために使用できる継続トークン。


hasNext()

next() を呼び出すとアイテムが返されるかどうかを決定します。

戻る

Booleantrue next() が商品を返品する場合。false でない場合は


next()

ファイルまたはフォルダのコレクションに含まれる次のアイテムを取得します。アイテムが残っていない場合、例外をスローします。

戻る

File - コレクション内の次のアイテム