Class Range

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。
範囲

ドキュメント内の要素の範囲。ユーザーの選択は、特に Range として表されます。スクリプトは、スクリプトを実行しているユーザーの選択にのみ、ドキュメントにバインドされている場合にのみアクセスできます。

// Bold all selected text.
var selection = DocumentApp.getActiveDocument().getSelection();
if (selection) {
  var elements = selection.getRangeElements();
  for (var i = 0; i < elements.length; i++) {
    var element = elements[i];

    // Only modify elements that can be edited as text; skip images and other non-text elements.
    if (element.getElement().editAsText) {
      var text = element.getElement().editAsText();

      // Bold the selected part of the element, or the full element if it's completely selected.
      if (element.isPartial()) {
        text.setBold(element.getStartOffset(), element.getEndOffsetInclusive(), true);
      } else {
        text.setBold(true);
      }
    }
  }
}

Methods

方法戻り値の型概要
getRangeElements()RangeElement[]Text の部分的な要素を含むすべての Range 要素を取得します(たとえば、Text 要素の一部のみを含む選択の場合)。

詳細なドキュメント

getRangeElements()

Text の部分的な要素を含むすべての Range 要素を取得します(たとえば、Text 要素の一部のみを含む選択の場合)。Text 要素が範囲の一部のみに含まれているかどうかを確認するには、RangeElement.isPartial() をご覧ください。

戻る

RangeElement[] - ドキュメントに表示される順序で要素の配列

認可

このメソッドを使用するスクリプトには、次の 1 つ以上のスコープによる承認が必要です。

  • https://www.googleapis.com/auth/documents.currentonly
  • https://www.googleapis.com/auth/documents

サポート終了のメソッド