Verifications API と Business Information API がリリースされました。移行作業が必要です。サポートが終了したエンドポイントについて詳しくは、サポート終了スケジュールをご覧ください。メーリング リストに登録して最新情報をお受け取りいただくこともできます。

GoogleLocations

GoogleLocations API を使用すると、Google マイビジネスでビジネスが申請されているかどうかを事前に確認できます。ビジネスが申請されている場合は、そのビジネスへのアクセス権をすぐにリクエストできます。また、一括確認を行うアカウントを管理している場合は、事前に一致候補を的確に選び、ビジネス情報が重複する事態を回避できます。

API エンドポイントが返す URL で、ビジネスがすでに申請されているかどうかが示されます。すでに申請されている場合は、同じ URL を使ってアクセス権のリクエスト プロセスを開始できます。

次の図は、ビジネスのオーナー権限を取得するためのプロセスを示しています。

図 1. ビジネスのオーナー権限取得プロセスを表すスイムレーン図

GoogleLocations API を使用する手順は次のとおりです。

  1. 販売者のビジネス情報を収集します。
  2. googleLocations.search エンドポイントを呼び出します。この呼び出しの本文にビジネス情報を含めます。またはクエリ文字列(Google 検索や Google マップでユーザーが入力するような文字列)を含めることもできます(「新宿のスターバックス」など)。

    API から、一致候補となるビジネスと各ビジネスの情報(locationName、address など)のリストが返されます。

  3. ご自身のビジネスに一致するものを選択します。一致するものがない場合は、accounts.locations.create を呼び出してステップ 5 に進みます。
  4. レスポンスの requestAdminRightsUrl の状態に応じて、次のいずれかを行います。

    1. requestAdminRightsUrl が存在する場合は、そのリスティングのオーナー権限を他のユーザーが所有しています。 Google マイビジネスの既存のビジネス情報へのアクセス権とオーナー権限をリクエストするため、その URL を販売者に伝えます。
    2. requestAdminRightsUrl が存在しない場合は accounts.locations.create を呼び出して新しいリスティングを作成します。新しいリスティングのオーナー確認は後で行います。
  5. 新しいリスティングを作成した場合は、オーナー確認用の API を利用して、リスティングのオーナー確認プロセスを開始できます。詳しくは、オーナー確認の管理をご覧ください。