重要なエンドポイントが無効化される前に、Google Business Profile API 統合をアップデートする必要があります。2022 年 4 月から発生する可能性がある機能中断を避けるため、サポート終了スケジュールと説明を参照しましょう。

REST Resource: googleLocations

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

リソース: GoogleLocation

Google に存在する Location を表します。この場所は、ユーザー自身がオーナー申請しているか、他のユーザーによって申請されているか、オーナー申請が行われていない可能性があります。

JSON 表現
{
  "name": string,
  "location": {
    object (Location)
  },
  "requestAdminRightsUri": string
}
フィールド
name

string

この GoogleLocation のリソース名。形式は googleLocations/{googleLocationId} です。

location

object (Location)

スパース(低密度)入力される Location 情報。このフィールドは、現在ユーザーから要求されていない場合に locations.create で再利用できます。

requestAdminRightsUri

string

ユーザーを管理者リクエストの UI にリダイレクトする URL。このフィールドは、現在のユーザーを含むユーザーによってすでにオーナー申請されている場合にのみ表示されます。

Methods

指定されたリクエストに一致する可能性があるすべてのビジネス情報を検索します。