最新ドキュメントの更新内容

このページには、Google 検索セントラルのドキュメントの最新の主な更新内容が記載されています。

2021 年 11 月

2021 年 10 月

  • October 28: 次の構造化データ フィールドをドキュメントから削除しました。Google 検索では使用されておらず、リッチリザルト テストでは警告が表示されないためです。
    • HowTo: description
    • QAPage: mainEntity.suggestedAnswer.authormainEntity.dateCreatedmainEntity.suggestedAnswer.dateCreatedmainEntity.acceptedAnswer.authormainEntity.acceptedAnswer.dateCreatedmainEntity.author
    • SpecialAnnouncement: provideraudienceserviceTypeaddresscategory
  • 10 月 15 日: クチコミ抜粋author.name フィールドを 100 文字未満に制限する要件を追加しました。検索機能で使用されるにはこの要件を満たす必要があります。
  • 10 月 13 日: VideoGameソフトウェア アプリの有効なノードタイプではないことを明記しました。ソフトウェア アプリをリッチリザルトに表示されるようにするには、VideoGame タイプとサポートされている別のタイプを同時に指定する必要があります。
  • 10 月 8 日: Google 検索の検索結果におけるタイトルとスニペットに関するドキュメントを更新しました。こうした検索結果の機能については、2 つのドキュメントでそれぞれ説明しています。

2021 年 9 月

2021 年 8 月

2021 年 7 月

  • 7 月 30 日: 数学の解法に関するガイドラインに、技術、コンテンツ、品質面のガイドラインを追加しました。また、解法ページのマークアップに関する手順を削除し、数学の解法サイトの所有者が Google 検索結果にサイトを簡単に表示させられるようにしました。既存の解法ページのマークアップを削除しても問題ありません。
  • 7 月 29 日: MX Player が Google で動画を見つけやすくすることで自然検索トラフィックを 300 倍に増やした方法を解説する新しい事例を追加しました。
  • 7 月 28 日:
    • ページごとに複数のファクトチェックをホストするためのガイダンスを削除しました。単一のファクト チェックのリッチリザルトの対象となるには、1 つのページに 1 つの ClaimReview 要素のみを含める必要があります。
    • Signed Exchange キャッシュの有効期間に関する詳細情報を追加しました。
  • 7 月 26 日: ローカル ビジネスpriceRange フィールドを 100 文字未満に制限する要件を追加しました。検索機能で使用されるにはこの要件を満たす必要があります。
  • 7 月 22 日:
    • よくある質問のガイドラインに、ページの非表示コンテンツについて使用できる場合の例を追加しました。ユーザーはこのページで回答にアクセスできる必要があります。展開可能なセクションをクリックすると回答が表示されるのは、使用できる場合の例のひとつです。
    • ローカル ビジネスのドキュメントから @id プロパティを削除しました。これは、url プロパティのみでローカル ビジネスを十分に識別できるためです。
  • 7 月 21 日: Google 検索の演算子に関する新しいドキュメントを追加しました。
  • 7 月 13 日: JobPosting ドキュメントに新しい編集ガイドラインを追加しました。directApply の新しいオプション プロパティを追加しました。

2021 年 6 月

2021 年 5 月

2021 年 4 月

  • 4 月 19 日: Google 検索で Signed Exchange を開始する方法に関する新しいドキュメントを追加しました。詳しくは、ブログ投稿の Signed Exchange(SXG)の発表をご覧ください。
  • 4 月 8 日: Discover のドキュメントに品質に関する新しいガイドラインを追加しました。Discover では、インタレスト ベースのフィード(記事や動画など)を重視しており、読者を混乱させる可能性のあるコンテンツを除外しています。読者を混乱させる可能性のあるコンテンツには、元のコンテキストから切り離された求人の応募、請願書、フォーム、コード リポジトリ、風刺的なコンテンツなどが含まれ、それらを掲載することは推奨されていません。
  • 4 月 7 日: Video 構造化データのドキュメントを更新し、thumbnailUrl プロパティで、サポートされている Google 画像検索のファイル形式を使用する必要があることを記載しました。以前は、ドキュメントに WebP と SVG は含まれていませんでした。
  • 4 月 1 日: 「主な出来事」機能について明記しました。Google 検索が動画のセグメントを自動的に検出し、ユーザーに主な出来事を表示するので、必要な手間はありません。また、Clip 構造化データを使用するか、YouTube 動画の説明を更新することで、使用するタイムスタンプとラベルを Google に手動で伝えることもできます。

2021 年 3 月

  • 3 月 29 日: 「主な出来事」機能のお問い合わせフォームを削除しました。この機能は、一部のプロバイダ グループによって開発が続けられています。このプログラムへの参加の受付は終了しています。
  • 3 月 25 日: 練習問題数学の解法の新しい構造化データに関するドキュメントを追加しました。
  • 3 月 24 日:
  • 3 月 17 日: 動画のベスト プラクティスを更新し、重要なガイドラインを明確にしました。重複コンテンツを削除し、スクリーンショットを更新しました。
  • 3 月 16 日: ユーザーからのフィードバックに基づいて、max-snippet robots メタ ディレクティブの例を追加しました。また、タグが省略されたときの Google のデフォルト動作を指定しました。
  • 3 月 11 日: JobPosting 構造化データのドキュメントに新しいベータ版プロパティを追加しました。この情報の使用方法はまだ開発中のため、すぐには Google 検索で表示や効果が反映されない場合があります。
    • educationRequirements.credentialCategory
    • experienceRequirements
    • experienceRequirements.monthsOfExperience
    • experienceInPlaceOfEducation
  • 3 月 8 日: Book のドキュメントに、PropertyValue プロパティの許容値として JP_E-CODE 値を追加しました。
  • 3 月 1 日: Google サイトでサイトマップを送信するための手順をサイトマップ ガイドから削除しました。Google サイトでは、サイトマップを作成できなくなりました。

2021 年 2 月

  • 2 月 8 日: 3D および AR の先行ユーザー プログラムへの参加に関するページを削除しました。この機能は、一部のプロバイダ グループによって開発が続けられています。このプログラムへの参加の受付は終了しています。
  • 2 月 2 日: 言語横断検索結果に関するドキュメントを削除しました。 このページは、少数のプロバイダによる実験的なアプローチに焦点を当てたドキュメントであり、古いコンテンツを掲載していたため、削除しました。

2021 年 1 月

2020 年 12 月

2020 年 11 月

2020 年 10 月

2020 年 9 月

2020 年 8 月

2020 年 7 月

  • 7 月 24 日: 「Google 検索オフレコ」ポッドキャストのページに新しいエピソードを追加しました。
  • 7 月 23 日: Google 検索では単一ページの複数のファクト チェックを表示する方法を現在模索していること、Google 検索で複数のファクト チェックを含むリッチリザルトがすぐに表示されない場合があることを明記しました。
  • 7 月 21 日: データセットのドキュメントに新しいオプションのプロパティ measurementTechnique を追加し、name プロパティをデータセットごとに一意にする必要があることを明確にしました。
  • 7 月 20 日: リッチリザルト テストの既存の要件に合わせて、EmployerAggregateRating ドキュメントreviewCount プロパティを追加しました。reviewCount または ratingCount のいずれかが必要です。
  • 7 月 16 日:
    • Book ドキュメントを更新して、一部の電子書籍プロバイダが構造化データスキーマを使用して Google にデータを提供する方法を追記しました。
    • 商品のリッチリザルトは、カテゴリページやリストではなく、単一の商品に関するページのみをサポートすることを明記しました。
    • Lighthouse の推奨事項に基づいて、モバイル SEO ガイドラインのよくある誤りのページで、どれくらいの大きさのフォントサイズが小さいとされるのか明記しました。
  • 7 月 8 日:アイテムをネストしているか個別に指定しているかにかかわらず、Google 検索は構造化データを含むページで指定されている複数のアイテムを認識できること明記しました。
  • 7 月 1 日: Article に関するドキュメントの AMP ロゴ ガイドラインで、Google 画像検索でサポートされているすべての形式のロゴを使用できることを明記しました。

2020 年 6 月

2020 年 5 月

2020 年 4 月

2020 年 3 月