コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google 検索ランキング システムのご紹介

Google は、多種多様な要素やシグナルを検討する自動ランキング システムを使用して、検索インデックスにある数千億のウェブページやその他のコンテンツから、最も関連性の高い、有益な結果が一瞬で表示されるようにしています。

これらのシステムは厳格なテストと評価により定期的に改善されており、コンテンツの制作者などにとって有益と思われる場合には、ランキング システムのアップデートの通知を行っています。

このページは、Google の重要なランキング システムについて理解を深めていただくためのガイドです。コア ランキング システムと呼ばれる、検索クエリに対して検索結果を生成する基盤を提供するテクノロジーの一部をご紹介します。また、特定のランキング ニーズに関連するシステムについてもいくつか紹介しています。

また、「検索の仕組み」のサイトで、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにするという使命を Google 検索が果たすために、Google のランキング システムが他のプロセスとどのよう連携して機能するかを理解できます。

BERT

Bidirectional Encoder Representations from Transformers(BERT)は、Google が使用する AI システムであり、単語の組み合わせによって多様な意味や意図がどのように表現されるかを理解できるようにするものです。

災害情報システム

Google は、個人の危機的状況、自然災害、その他の広範囲に及ぶ危機的状況など、あらゆる危機発生時に有用でタイムリーな情報を提供するシステムを開発してきました。

  • 個人の危機: Google のシステムは、自殺、性的暴行、毒物接種、ジェンダーに基づく暴力、薬物中毒などに関連する検索クエリが入力されると、ユーザーが個人の危機にかかわる情報を探していると判断し、ホットラインや信頼できる組織が提供するコンテンツを表示する仕組みになっています。詳しくは、Google 検索で個人の危機に関する情報がどのように表示されるかをご覧ください。
  • SOS 緊急情報: 自然災害時や広範囲に影響が及ぶ危機的状況下では、SOS 緊急情報システムにより地方自治体、国家機関、国際機関からの最新情報が表示されます。この情報には、緊急電話番号やウェブサイト、地図、役に立つフレーズの翻訳、寄付の方法などがあります。SOS 緊急情報の仕組み、および、洪水、山火事、地震、ハリケーンなどの災害時に役立つ Google の災害情報アラートに SOS 緊急情報がどのように組み込まれるかに関する詳細をご覧ください。

重複除去システム

Google で検索すると、数千、時には数百万の一致するウェブページが見つかることがあります。このページの中には、互いに非常に似通ったものがある可能性もあります。そのような場合には、最も関連性の高い結果のみが表示され、有益性の低い重複内容が除去されます。重複除去の仕組み、および、重複除去が発生した場合に必要に応じて除去された結果を確認する方法の詳細をご覧ください。

重複除去は強調スニペットでも発生します。ウェブページの掲載情報が昇格されて強調スニペットになった場合、検索結果の 1 ページ目でその掲載情報が以降繰り返されることはありません。これにより結果が整理され、ユーザーが関連する情報を見つけやすくなります。

完全一致ドメイン システム

Google のランキング システムは、ドメイン名に含まれる単語を、コンテンツが検索に関連しているかどうかを判断するための多くの要素の一つとみなしています。とはいえ、コンテンツをホストするドメイン名が、特定の検索語句と完全一致することを意図して付けられている場合、完全一致ドメイン システムはそのドメインのコンテンツを過度に評価しないことになっています。たとえば、ドメイン名に含まれる単語によってランキングが上がるだろうと狙って仮に「best-places-to-eat-lunch」という単語を含めた場合、その逆の調整が行われることになります。

フレッシュネス システム

Google は、検索クエリに対してより鮮度の高いコンテンツが期待される場合にそのようなコンテンツが上位に表示されるように、「検索クエリにふさわしい鮮度」を評価するさまざまなシステムを導入しています。たとえば、公開されたばかりの映画について検索されたら、おそらくクランクインの時期の記事ではなく最近のレビューを探していると判断します。別の例として、「地震」で検索された場合、平時であれば事前準備やリソースに関する情報を返し、地震が発生して間もないころならニュース記事や鮮度の高いコンテンツを上位に掲載するように努めています。

ヘルプフル コンテンツ システム

ヘルプフル コンテンツ システムは、主として検索エンジンのトラフィックを集めるために作成されたコンテンツではなく、人間が人間のために作成した、独自性の高い有益なコンテンツが検索結果で表示されるようにするために設計されたシステムです。

Google は、さまざまなシステムを導入してページ間の相互リンクを理解し、ページの内容と、検索クエリに対して最も有益な情報を提供するのはどのページかを判断しています。その中でも PageRank は、Google がサービスを開始した当初から使用されているコア ランキング システムの一つです。興味のある方は、オリジナルの PageRank の研究論文および特許をご覧になり、詳細をご確認ください。PageRank の仕組みは当時から大きく進化しており、コア ランキング システムの一部として機能し続けています。

ローカル ニュース システム

Google は、「トップニュース」や「ローカル ニュース」などの機能を通じて、関連性の高い地域のニュース情報を特定して表示するためのシステムを導入しています。

MUM

Multitask Unified Model(MUM)は、言語の理解と生成の両方を実行できる AI システムです。今は検索のランキング全般には使用されていませんが、COVID-19(新型コロナウイルス感染症)ワクチン情報の検索改善や、結果に表示する強調スニペットのコールアウトの改善など、特定の用途で使用されています

ニューラル マッチング

ニューラル マッチングは、検索クエリやページで表現されるコンセプトを理解して、それらを相互に関連付けるために Google が使用する AI システムです。

オリジナル コンテンツ システム

Google には、独自のレポートなど、独自性の高いコンテンツが単にそれを引用したものよりも検索結果で目立つよう上位に表示されるようにするためのシステムがあります。その一つが特別な正規マークアップのサポートで、ページ制作者は、ページが数か所で複製されている場合にこのマークアップを使用すると、どれがオリジナルかを Google に明確に伝えることができます。

削除ベースの降格システム

Google では、特定の種類のコンテンツを削除できるポリシーを設けています。特定のサイトに関連する削除通知が大量に処理されている場合はその状況もシグナルとして使用し、検索結果の改善に役立てます。具体的には以下のようなものです。

  • 法的手段による削除: 特定のサイトに関わる有効な著作権侵害による削除通知が大量に届いた場合、Google はその通知を根拠として、同じサイトの残りのコンテンツが検索結果に表示される順位を下げることができます。この処置により、著作権侵害にあたるコンテンツが他にあったとしても、元になるコンテンツより上位に表示される可能性は低くなります。Google では、名誉毀損、偽造品、裁判所による削除命令に関わる申し立てにも同様の降格シグナルを適用します。
  • 個人情報の削除: 不当な削除方針を定めているサイトに関連して個人情報が大量に削除されている場合、同じサイトの他のコンテンツが検索結果に表示される順位は下がります。また、他のサイトでも同じ動作パターンが発生しているかどうかを確認し、そのようなパターンが発生しているサイトのコンテンツの掲載順位も下げます。晒し行為のコンテンツの削除リクエストが大量に届くサイトにも、同様の降格措置を適用する場合があります。さらに、名前を含むクエリに対して同意のない露骨な個人的画像が上位にランキングされるのを防ぐよう設計された自動保護機能を提供しています。

ページ エクスペリエンス システム

ユーザーは、優れたページ エクスペリエンスを提供するサイトを好みます。そのため Google は、ページ エクスペリエンス システムを導入して、読み込みが速いか、モバイル フレンドリーか、煩わしいインタースティシャルがないか、安全な手法で提供されているかなど、さまざまな基準でページを評価しています。検索クエリに一致する候補が多数あり、関連性が同程度の場合、このシステムによりページ エクスペリエンスが優れたコンテンツが優先されるようになります。

パッセージ ランキング システム

パッセージ ランキング システムは、ウェブページの個々のセクション(パッセージ)を特定して、ページが検索にどの程度関連しているかをよりよく理解するために使用する AI システムです。

商品レビュー システム

商品レビュー システムは、質の高い商品レビュー、洞察に富んだ分析と独自の調査を提供し、そのトピックのことをよく知る専門家や愛好家によって書かれたコンテンツを高く評価することを目的としています。

RankBrain

RankBrain は、単語がコンセプトにどのように関連しているかを理解するための AI システムです。コンテンツが他の単語やコンセプトに関連していることを理解することで、検索に使われた単語がすべて正確に含まれいなくても、関連するコンテンツをより適切に表示できるようになります。

信頼できる情報システム

権威性の高いページを表示して低品質なコンテンツの順位を下げるシステムや、質の高いジャーナリズムの順位を上げるシステムなど、複数のシステムがさまざまな形で機能して、可能な限り最も信頼性の高い情報が表示されます。信頼性の高い情報が見つからない場合、あるいは、検索で得られる結果の全体の品質に関して高い信頼性を確保できない場合、急速に変化するトピックに関連したコンテンツ アドバイザリが自動的に表示されます。これは、有益な結果を導き出すための検索方法のヒントとして機能します。検索で高品質の情報を提供するための Google のアプローチの詳細をご覧ください。

サイト多様性システム

サイト多様性システムは、検索結果の上位に同じサイトからウェブページが 2 つ以上表示されないようにして、1 つのサイトが上位の結果を独占しないようにします。ただし、特定の検索に対して特に関連性が高いとシステムにより判断された場合は 2 つ以上表示されることがあります。サイト多様性システムは通常、サブドメインをルートドメインの一部として処理します。つまり、サブドメイン(subdomain.example.com)とルートドメイン(example.com)から抽出したデータはすべて単一の同じサイトからの情報とみなされます。ただし、関連性が高いと判断された場合、多様性の目的のためにサブドメインが別のサイトとして処理される場合もあります。

スパム検出システム

メールの受信トレイをスパムでいっぱいにしたい人はいません。ですから、有能なスパム フィルタはありがたいものです。インターネットには大量のスパムが存在するため、検索も同様の問題に悩まされています。これに対処しなければ、最も有用で関連性の高い結果を表示することはまず無理です。Google は、スパムポリシーに違反するコンテンツや行為に対処するために、SpamBrain などのさまざまなスパム検出システムを導入しています。これらのシステムは継続的に更新されており、進化する最新のスパム手法に対応できるようになっています。

廃止されたシステム

以下のシステムは過去のシステムであり、記録目的で掲載されています。これらのシステムは後継のシステムの一部として組み込まれているか、コア ランキング システムの一部となっています。

Hummingbird

これは、2013 年 8 月にランキング システム全体に加えられた大幅な改善です。それ以降、Google のランキング システムはこれまでと同様に進化し続けています。

モバイル フレンドリー ランキング システム

検索クエリに一致する候補が多数あり、関連性が同程度の場合、モバイル フレンドリー ランキング システムにより、モバイル デバイスに適した表示がなされるコンテンツが優先されます。これは、モバイル フレンドリーなコンテンツがモバイル デバイスで検索を行うユーザーにとってより利便性が高いためです。以降このシステムは、Google のページ エクスペリエンス システムに組み込まれています。

ページの表示速度システム

このシステムはもともと、「Speed Update」として 2018 年に発表されました。その他のすべての条件が同等である場合に、モバイルでの読み込みが速いコンテンツがモバイルの検索結果で優先されるように設計されました。以降このシステムは、Google のページ エクスペリエンス システムに組み込まれています。

Panda システム

これは、高品質で独自性の高いコンテンツが検索結果に確実に表示されるように設計されたシステムです。2011 年に発表されたこのシステムには「Panda」というニックネームが付けられています。Panda システムは進化して、2015 年には Google のコア ランキング システムの一部となりました。

Penguin システム

これは、リンクスパム対策のために設計されたシステムです。2012 年に発表されたこのシステムには「Penguin Update」というニックネームが付けられています。Penguin システムは、2016 年に Google のコア ランキング システムに組み込まれました

セキュアサイト システム

2014 年に発表されたこのシステムは、(その他のすべての条件が同等である場合に)HTTPS で保護されたサイトを Google のランキング システムで上位にするように設計されたシステムです。このシステムは、HTTPS の使用がまだ一般的ではなかった時期に、サイトを保護する取り組みを推奨することに貢献しました。以降このシステムは、Google のページ エクスペリエンス システムに組み込まれています。