コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

ウェブサイトの SEO の管理

サイトが Google に表示されており、SEO の基礎を理解している方の場合、Google でのサイトの表示を改善するためにできることが他にもあります。ウェブサイトを管理し維持する際、Google 検索に影響を与える特別な状況に直面することがあります。このガイドでは、サイトの移転準備や多言語サイトの管理といった、より細かい SEO のタスクについて説明します。

Google によるサイトのクロールとインデックス登録を制御する

Google 検索の仕組みに関するガイドをご覧ください。クロール、インデックス登録、検索結果表示の一連の処理について十分理解できていないと、サイトの問題のデバッグや検索における動作の予測が困難になります。

重複コンテンツ

正規ページとはどのようなもので、サイトのクロールやインデックス登録にどう影響するかについて理解しておく必要があります。

リソース

クロール対象とするリソース(画像、CSS ファイルなど)やページに Google がアクセスできること、つまり、robots.txt ルールでブロックされておらず、匿名ユーザーによるアクセスが可能であること確認してください。アクセスできないページはインデックス カバレッジ レポートに表示されず、URL 検査ツールではクロールされていないと表示されます。ブロックされたリソースは、URL 検査ツールでは個々の URL 単位でのみ表示されます。ページ上の重要なリソースがブロックされていると、Google によるページのクロールが正しく行われない可能性があります。URL 検査ツールを使用して実際のページをレンダリングし、想定どおりに Google に認識されるかどうかを確認してください。

robots.txt

クロールを防ぐには robots.txt ルールを、またクロールを促すにはサイトマップを使用します。サイトの重複コンテンツや重要でないリソース(アイコンやロゴなどの小さくて使用頻度の高いグラフィックスなど)のクロールは、そのリクエストによりサーバーに不要な負荷をかける可能性があるため、ブロックします。インデックス登録を防ぐ手段として robots.txt は使用せず、代わりに noindex タグを使用するかログインを必須としてください。詳しくは、コンテンツへのアクセスをブロックする方法をご覧ください。

サイトマップ

サイトマップは、サイトにとって重要なページや、ページの補足情報(更新の頻度など)を Google に伝えるための大切な手段です。同時に、テキスト以外のコンテンツ(画像や動画)のクロールにおいても重要な役割を担います。Google がクロールの対象にするのはサイトマップに含まれるページだけに限られませんが、サイトマップがあることで、リストされているページが優先されるようになります。これは、コンテンツが頻繁に変わるサイトや、ページがリンクから見つからない可能性のあるサイトにとっては、特に重要です。サイトマップを使用することで、Google がクロール対象のページを見つけやすくなり、それらのページを優先的にクロールできるようになるからです。サイトマップの詳細については、こちらをご覧ください。

国際化サイトまたは多言語サイト

複数の言語に対応したサイトや、特定の複数地域のユーザーをターゲットにしたサイトの場合:

ページやサイトの移行

単一の URL やサイト全体を移動する場合は、次のガイドラインを遵守してください。

単一の URL の移行

ページを恒久的に別の場所に移動する場合は、忘れずにそのページに 301 リダイレクトを実装してください。なんらかの理由で一時的にのみ移動する場合は、代わりに 302 を返し、Google に引き続きそのページをクロールするように指示します。

削除済みのページがリクエストされた場合に備え、カスタム 404 ページを作成して、優れたユーザー エクスペリエンスが提供できるようにします。ただし、リクエストされたページがすでに存在しない場合は、soft 404 ではなく、404 エラーを返すようにしてください。

サイトの移行

サイト全体を移行する場合は、必要な 301 の実装とサイトマップの変更をすべて行ったうえで、移行について Google に通知します。これにより、新しいサイトに対するクロールやシグナルの転送が可能になります。サイトの移行方法についてはこちらをご確認ください。

クロールとインデックス登録についてのおすすめの方法を実施する

  • リンクをクロールできるようにするGoogle のクローラがたどれるリンクは、href 属性が指定された <a> タグのみです。その他の形式のリンクはたどれません。<a> リンクでも href タグがないものや、リンクとして機能するタグでもスクリプトのクリック イベントによるものはたどれません。
  • 有料リンクには rel=nofollow を使用する。ログインが必要なリンク、信頼できないコンテンツ(ユーザーが送信したコンテンツなど)も同様です。これにより、そのようなサイトへの品質シグナルの転送や、他サイトの低品質評価が自サイトに反映されることを防げます。
  • クロールの割り当てを管理する。サイトが特に大規模である(定期的に数億ページが変更される、または頻繁に数千万ページが変更される)場合、Google はサイト全体をご希望の頻度でクロールできない可能性があります。そのため、サイト内の特に重要なページを Google に示す必要があります。現時点でおすすめの方法としては、最近更新したページや特に重要なページをサイトマップにリストし、重要度の低いページは robots.txt ルールでクロール対象外にします。
  • JavaScript の使用: ウェブサイトで JavaScript を使用する場合のおすすめの方法に従ってください。
  • 複数ページの記事: 1 つの記事が複数ページにわたる場合は、次ページや前ページへのリンクを目立つように配置し、ユーザーがクリックできるようにします(同時に、クロール可能なリンクにします)。Google がそのページセットをクロールするのに必要なことはそれだけです。
  • 無限スクロール ページ: 無限スクロール ページは、Google によるスクロールが困難な場合があるため、クロールが必要な場合はページ分けしたバージョンを準備してください。検索に適した無限スクロール ページの詳細については、こちらをご覧ください。
  • 状態が変化する URL へのアクセスをブロックする。コメントの投稿、アカウントの作成、カートへの商品の追加などが該当します。robots.txt を使用してこれらの URL をブロックします。
  • Google でインデックス登録可能なファイル形式のリストをご確認ください。
  • サイトに対する Google のクロールがあまりにも多いと考えられる場合は、クロール頻度を下げることができます。ただし、そのような状況はまれです。
  • サイトがまだ HTTP の場合は、ユーザーのセキュリティとサイトのセキュリティのためにも、HTTPS への移行をおすすめします。

Google がサイトを認識しやすくする

サイトの主要な情報は、グラフィックスではなく、テキストで記述します。Google ではさまざまなファイル形式の解析やインデックス登録が可能ですが、ページの内容を認識するうえでは、やはりテキストが最も確実な手段です。テキスト以外のコンテンツを使用している場合、またはサイトのコンテンツに関するより詳しい情報を提供する場合は、ページに構造化データを追加します。それにより、Google はコンテンツを認識しやすくなり、またリッチリザルトのような特別な検索機能が利用できる場合もあります。

HTML と基本的なコーディングに慣れていれば、デベロッパー ガイドに沿って、手動で構造化データを追加できます。基本的な構造化データの生成には、WYSIWYG の構造化データ マークアップ支援ツールが役立ちます。

ページに構造化データを追加するのがスキル的に困難な場合は、データ ハイライター ツールを使用してページの一部にタグ付けすることで、その部分の内容(イベント、日付、価格など)を Google に提示できます。この方法は簡単にできる一方、ページのレイアウトを変更すると機能しなくなることがあります。

Google がサイト コンテンツを認識しやすくする方法については詳しくは、こちらをご覧ください。

ガイドラインを遵守する

コンテンツ固有のガイドライン

サイトに特定の種類のコンテンツを掲載する場合に、最適な形で Google に表示するおすすめの方法を以下に示します。

ユーザー エクスペリエンスの管理

サイトが第一の目標に掲げるべきは優れたユーザー エクスペリエンスの提供であり、これはランキングにも影響します。優れたユーザー エクスペリエンスの実現にはさまざまな要素が関連しますが、ここではそのいくつかを紹介します。

ユーザーとサイトのセキュリティ向上のために、ウェブサイトでは HTTP ではなく HTTPS の使用をおすすめします。HTTP を使用するサイトには、Chrome ブラウザで「安全でない」という表示が付く可能性があります。HTTPS でサイトを保護する方法についてご覧ください

通常、高速なページは低速なページよりもユーザー満足度が高くなります。ウェブに関する主な指標レポートでサイト全体のパフォーマンス値を確認でき、また PageSpeed Insights で個々のページのパフォーマンスをテストできます。高速なページの作成について詳しくは、web.dev サイトをご覧ください。高速なページの作成にあたっては、AMP の使用も検討してください。

モバイルの注意事項

モバイルからの検索数がパソコンからの検索数よりも多い現在、サイトのモバイル対応は重要となっています。Google はデフォルトのウェブサイト クローラとしてモバイル クローラを使用するようになっています。サイトをモバイル対応にする方法については、こちらをご覧ください

また、フィーチャー フォンでの動作、モバイル デバイスでの Google Discover の動作、(Google Chrome で警告を出さないように)モバイル料金請求について明確に通知するためのガイドラインなど、Google でのモバイルの使用に関するこちらのページもご確認ください。

検索での見え方の制御

Google では、クチコミの星、埋め込みのサイト内検索ボックス、イベントやレシピといった特定の種類の情報に対する特別な検索結果タイプなど、さまざまな種類の検索結果機能やエクスペリエンスを Google 検索で提供しています。サイトに合ったものを選択して、導入を検討してください。また、サイトの検索結果に表示するファビコン記事の公開日を指定することもできます。

検索結果に効果的なタイトルリンクスニペットが表示されるようにする方法についての記事を必ずご確認ください。スニペットについては、必要に応じて長さを制限することも、完全に省略することもできます。メタタグを使用して、検索結果スニペットの生成時にテキストや画像の使用を制限する方法をご確認ください。

ヨーロッパの出版関係者である場合は、Search Console で設定してください。

Search Console の使用

Search Console では、Google 検索でのサイト パフォーマンスのモニタリングと最適化に役立つさまざまなレポートを入手できます。詳細については、使用するレポートをご覧ください。