組織(Organization)の構造化データ

Google 検索の検索結果に表示された販売者のナレッジパネル

組織の構造化データを使用すると、組織の管理情報の詳細(ロゴ、住所、連絡先情報、ビジネス ID など)を Google に知らせることができます。Google がナレッジパネルやその他の視覚要素(アトリビューションなど)でこのマークアップを利用できるようになるため、ユーザーは Google 検索で組織の詳細情報をより簡単に見つけられるようになります。

構造化データを追加する方法

構造化データは、ページに関する情報を提供し、ページ コンテンツを分類するための標準化されたデータ形式です。構造化データを初めて使用する場合は、構造化データの仕組みについてをご覧ください。

構造化データの作成、テスト、リリースの概要は次のとおりです。

  1. ウェブページに適用される推奨プロパティを可能な限り多く設定してください。必須プロパティはありません。代わりに、コンテンツに適用されるプロパティを追加します。使用している形式に基づいて、ページ上の構造化データを挿入する場所をご確認ください。
  2. ガイドラインに従います。
  3. リッチリザルト テストでコードを検証し、重大なエラーを修正します。ツールで報告される重大ではない問題の修正も検討してください。構造化データの品質向上に役立ちます(ただし、リッチリザルトの対象となるために必ずしも必要というわけではありません)。
  4. 構造化データが含まれているページを数ページ導入し、URL 検査ツールを使用して、Google でページがどのように表示されるかをテストします。Google がページにアクセスでき、robots.txt ファイル、noindex タグ、ログイン要件によってページがブロックされていないことを確認します。ページが正常に表示されたら、Google に URL の再クロールを依頼できます。
  5. 今後の変更について Google に継続して情報を提供するために、サイトマップを送信することをおすすめします。これは、Search Console Sitemap API で自動化できます。

JSON-LD コードで記述された組織情報の例を以下に示します。


<html>
  <head>
    <title>About Us</title>
    <script type="application/ld+json">
    {
      "@context": "https://schema.org",
      "@type": "Organization",
      "image": "https://www.example.com/example_image.jpg",
      "url": "https://www.example.com",
      "sameAs": ["https://example.net/profile/example1234", "https://example.org/example1234"],
      "logo": "https://www.example.com/images/logo.png",
      "name": "Example Corporation",
      "description": "The example corporation is well-known for producing high-quality widgets",
      "email": "contact@example.com",
      "telephone": "+47-99-999-9999",
      "address": {
        "@type": "PostalAddress",
        "streetAddress": "Rue Improbable 99",
        "addressLocality": "Paris",
        "addressCountry": "FR",
        "addressRegion": "Ile-de-France",
        "postalCode": "75001"
      },
      "vatID": "FR12345678901",
      "iso6523Code": "0199:724500PMK2A2M1SQQ228"
    }
    </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

ガイドライン

構造化データが Google 検索の検索結果に表示されるようにするには、下記のガイドラインに準拠する必要があります。

技術に関するガイドライン

この情報を、ホームページまたは組織の説明を掲載した単一のページ(例: 企業情報ページ)に配置することをおすすめします。サイトのすべてのページに含める必要はありません。

組織に最も当てはまる Organization schema.org サブタイプを使用することをおすすめします。たとえば、e コマースサイトを運用している場合は、OnlineBusiness ではなく OnlineStore サブタイプを使用します。また、ローカル ビジネス(例: レストランや実店舗)に関するサイトの場合は、LocalBusinessサブタイプの中から最も当てはまるものを使用して管理詳細情報を提供し、このガイドで推奨しているフィールドに加えて、ローカル ビジネスの必須フィールドと推奨フィールドを使用することをおすすめします。

構造化データタイプの定義

Google は Organization の以下のプロパティを認識します。Google がページを詳細に理解できるようにするには、ウェブページに該当する推奨プロパティを可能な限り多く設定してください。必須プロパティはありません。代わりに、組織に該当するプロパティを追加します。

推奨プロパティ
name

Text

組織の名前。サイト名に使用しているのと同じ namealternateName を使用します。

alternateName

Text

組織の通称として知られている別の名前(ある場合)。

legalName

Text

Organization の登記された正式名称(name プロパティと異なる名称がある場合)。

description

Text

組織の詳細な説明(必要に応じて)。

logo

URL または ImageObject

組織を表すロゴ。このプロパティを追加すると、検索結果やナレッジパネルなどに表示させたいロゴを Google が正確に把握するのに役立ちます。

画像に関するガイドライン:

  • 画像は 112x112 ピクセル以上にする必要があります。
  • 画像の URL は、クロールとインデックス登録に対応できる必要があります。
  • 画像ファイル形式は Google 画像検索でサポートされている必要があります。
  • 背景を真っ白にして、画像が意図したとおりに表示されることを確認します(たとえば、ロゴの大部分が白かグレーの場合、背景が白だと意図したように見えないことがあります)。

ImageObject 型を使用する場合は、URL 型と同じガイドラインに沿って有効な contentUrl プロパティまたは url プロパティを設定してください。

url

URL

組織のウェブサイトの URL(必要に応じて)。これは、Google が組織を一意に識別するのに役立ちます。

sameAs

URL

組織に関する追加情報が別のウェブサイトにある場合、必要に応じてそのページの URL を含めます。たとえば、ソーシャル メディアやレビューサイトにある組織のプロフィール ページの URL などです。sameAs URL は複数指定できます。

telephone

Text

顧客からの連絡を受けるメインの電話番号。電話番号には、必ず国コードと市外局番を含めてください。

email

Text

ユーザーの問い合わせ窓口のメールアドレス(必要に応じて)。

address

PostalAddress

組織の住所または郵送先(存在する場合)組織の所在国に該当するすべてのプロパティを含めてください。指定するプロパティが多いほど、表示される検索結果の質が高くなります。ビジネスの拠点が複数の国、都道府県、市区町村にある場合は、複数の住所を指定できます。次に例を示します。

"address": [{
  "@type": "PostalAddress",
  "streetAddress": "999 W Example St Suite 99 Unit 9",
  "addressLocality": "New York",
  "addressRegion": "NY",
  "postalCode": "10019",
  "addressCountry": "US"
},{
  "streetAddress": "999 Rue due exemple",
  "addressLocality": "Paris",
  "postalCode": "75001",
  "addressCountry": "FR"
}]
address.streetAddress

Text

郵送先住所の番地。

address.addressLocality

Text

郵送先住所の市区町村。

address.addressRegion

Text

郵送先住所の地域(該当する場合)。たとえば、都道府県や州などです。

address.postalCode

Text

郵送先住所の郵便番号。

address.addressCountry

Text

郵送先住所の国。2 文字の ISO 3166-1 alpha-2 国コードを使用します。

contactPoint

ContactPoint

ユーザーからの問い合わせを受けるのに最適な方法。Google が推奨するベスト プラクティスに沿って、ユーザーが利用できるすべてのサポート方法を含めてください。次に例を示します。

"contactPoint": {
  "@type": "ContactPoint",
  "telephone": "+9-999-999-9999",
  "email": "contact@example.com"
}
contactPoint.telephone

Text

ユーザーの問い合わせ窓口の電話番号(必要に応じて)。電話番号には、必ず国コードと市外局番を含めてください。LocalBusiness タイプを使用している場合は、contactPoint を使用して組織への連絡方法を複数指定する前に、LocalBusiness レベルでメインの電話番号を指定します。

contactPoint.email

Text

ユーザーの問い合わせ窓口のメールアドレス(必要に応じて)。LocalBusiness タイプを使用している場合は、contactPoint を使用して組織への連絡方法を複数指定する前に、LocalBusiness レベルでメインのメールアドレスを指定します。

numberOfEmployees

QuantitativeValue

Organization の従業員数(必要に応じて)。

具体的な従業員数を指定する例を次に示します。

"numberOfEmployees": {
  "@type": "QuantitativeValue",
  "value": 2056
  }
    

従業員数の範囲を指定する例を次に示します。

"numberOfEmployees": {
  "@type": "QuantitativeValue",
  "minValue": 100,
  "maxValue": 999
} 

foundingDate

Date

Organization の設立日(必要に応じて)。ISO 8601 日付形式で指定します。

iso6523Code

Text

組織の ISO 6523 識別子(必要に応じて)。ISO 6523 識別子の最初の部分は、使用される識別スキームを定義する ICD(International Code Designator)です。その次の部分が実際の識別子です。ICD と識別子をコロン(U+003A)で区切ることをおすすめします。一般的な ICD の値を次に示します。

  • 0060: Dun & Bradstreet Data Universal Numbering System(DUNS)
  • 0088: GS1 Global Location Number(GLN)
  • 0199: Legal Entity Identifier(LEI)
duns

Text

Organization を識別するために Dun & Bradstreet が開発した DUNS ナンバー(必要に応じて)。このプロパティの代わりに、接頭辞 0060: を付けて iso6523Code フィールドを使用することをおすすめします。

leiCode

Text

ISO 17442 で定義された Organization の識別子(必要に応じて)。このプロパティの代わりに、接頭辞 0199: を付けて iso6523Code フィールドを使用することをおすすめします。

naics

Text

OrganizationNorth American Industry Classification System(NAICS)コード(必要に応じて)。

globalLocationNumber

Text

Organization の所在地を識別する GS1 Global Location Number(必要に応じて)。

vatID

Text

Organization に関連付けられた VAT(付加価値税)コード(VAT が適用される国やビジネスの場合)。これはユーザーにとって重要なトラスト シグナルとなります(たとえば、ユーザーは公開されている VAT レジストリでビジネスを検索できます)。

taxID

Text

Organization に関連付けられた納税者番号(必要に応じて)。taxIDaddress フィールドで指定した国の納税者番号であることを確認してください。

トラブルシューティング

構造化データの実装またはデバッグで問題が発生した場合は、以下のリソースが参考になります。