以上で完了です。

開発を始めるには、デベロッパー ドキュメント をご覧下さい。

Google Maps JavaScript API をアクティベートする

まず初めに Google Developers Console で次の作業を行います。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. Google Maps JavaScript API と関連サービスをアクティベートする
  3. 適切なキーを作成する
続ける

レイヤ

レイヤは、単一のユニットとして操作される、1 つ以上の個別のアイテムで構成された、マップ上のオブジェクトです。通常、レイヤは、共通の関連性を指定するためにマップ上に追加したオブジェクトの集合を表します。Google Maps JavaScript API は、レイヤ内のオブジェクトの表示を管理します。そのために、構成要素アイテムを 1 つのオブジェクト(通常はタイル オーバーレイ)にレンダリングして、マップのビューポートの変化に応じて表示します。レイヤでは、マップ自体のプレゼンテーション レイヤも変更できます。これは、レイヤと整合させながらベース タイルをわずかに変更することで行います。大部分のレイヤは、その設計上その個別のオブジェクトからはアクセスできませんが、ユニットとして操作できます。

レイヤの概要

Google Maps JavaScript API にはさまざまなタイプのレイヤがあります。

  • Google マップのデータレイヤには、任意の地理空間データを格納するコンテナがあります。データレイヤを使うと、カスタムデータを保存したり、Google マップ上に GeoJSON データを表示したりできます。
  • フュージョン テーブル レイヤは Google のフュージョン テーブル に含まれているデータをレンダリングします。
  • ヒートマップ レイヤは、ヒートマップ可視化を使用して地理データをレンダリングします。
  • KML レイヤは、KML 要素と GeoRSS 要素を Google Maps JavaScript API タイル オーバーレイにレンダリングします。
  • 交通状況レイヤは、マップ上に交通状況を表示します。
  • 交通機関レイヤは、都市の公共交通ネットワークをマップ上に表示します。
  • 自転車レイヤ オブジェクトは、自転車経路または自転車固有のオーバーレイ(またはその両方)を共通のレイヤにレンダリングします。このレイヤは、トラベル モード BICYCLING のルート案内をリクエストするときに、デフォルトで DirectionsRenderer 内で返されます。

レイヤの追加

setMap() を呼び出してレイヤを表示するマップ オブジェクトを渡すだけで、マップにレイヤを追加できます。同様に、レイヤを非表示にするには、setMap() を呼び出して null を渡します。

以下のスニペットは、英国ロンドンをマップの中心にして交通機関レイヤを追加しています。

var mapOptions = {
  zoom: 13,
  center: new google.maps.LatLng(51.5,-0.11)
}

var map = new google.maps.Map(document.getElementById("map"), mapOptions);

var transitLayer = new google.maps.TransitLayer();
transitLayer.setMap(map);

フィードバックを送信...

Google Maps JavaScript API
Google Maps JavaScript API
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。