Updates: Check the release notes for new features and product updates.

リリースノート

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

このページでは、RCS ビジネス メッセージの変更点について説明します。

2022 年 11 月 15 日

変更済み

新規

  • ユースケースは、RBM の会話の性質を識別し、ビジネスがビジネスルールを遵守できるよう支援する、エージェント作成の必須フィールドになりました。

新規

  • ブロックとレポートは、新しい永続的で閉じることができるユーザー インターフェース アフォーダンスで、ユーザーがより見やすくなりました。

2022 年 11 月 3 日

新規

  • RBM デベロッパー登録。RBM のデベロッパーは、使用する Google アカウントを Gmail アカウントではなく、会社のメールアドレスに関連付ける必要があります。

2022 年 11 月 2 日

新規

2021 年 8 月 26 日

新規

  • agentId フィールドは、ユーザー生成のメッセージまたはイベントが属するエージェントを識別します。メッセージの受信イベントをご覧ください。

2021 年 5 月 3 日

新規

  • エージェントは、users.batchGet を使用して、API 呼び出しごとに最大 10,000 件の電話番号に対して一括で機能チェックを実行できます。機能チェックをご覧ください。

変更済み

2020 年 4 月 2 日

新規

  • RBM エージェントが、ネイティブ アプリケーションをサポートしていないクライアントのために、DialAction、ViewLocationAction、CreateCalendarEventAction、ShareLocationAction の fallbackUrl を設定できるようになりました。ガイドリファレンスをご覧ください。
  • fallbackUrl のサポート用にすべてのサンプルとクライアント ライブラリが更新されました。 サンプルをご覧ください。

2019 年 12 月 20 日

新規

  • RBM エージェントは、URL でファイルをアップロードするだけでなく、メディア ファイル バイナリをアップロードできるようになりました。ガイドリファレンスをご覧ください。

2019 年 12 月 2 日

新規

  • 一括機能チェック スクリプト(ログインしてダウンロード)は、RBM SDK を使用して RBM 機能を持つ大規模なデバイスセットを確認する方法を示しています。テスターとして登録されていないデバイスに対してこのスクリプトを実行するには、エージェントを起動する必要があります。

変更済み

  • 機能チェックで、一括機能チェック スクリプトの構成と使用方法を確認できるようになりました。
  • サンプルに [Tools] セクションが追加されました。