始める

Content API for Shopping を使用して、Google Merchant Center アカウント管理を自動化できます。

Content API for Shopping では、次のようなことができます。

  • 商品のアップロード
  • 広告枠の管理
  • 注文と返品を管理する
  • Merchant Center アカウントの管理
  • 広告枠を Google 広告にリンクする

商品をアップロードすると、他の Google for Retail ソリューションを活用できます。たとえば、ショッピング キャンペーンで商品を宣伝したり、「Google で購入」を通じて商品を販売したりできます。

販売者は、ショッピング広告無料リスティングに関するポリシーに準拠する責任を負います。Google ショッピングは、これらのポリシーを適用し、ポリシーに違反するコンテンツや行為が見つかった場合に適切に対応する権限を有します。

左側のナビゲーション メニューには、Content API for Shopping の使用を開始するためのガイドがあります。また、利用可能なすべての機能について詳しくは、リファレンス ドキュメントをご覧ください。

クライアント ライブラリ

Content API for Shopping をデプロイする際は、Google API クライアント ライブラリを使用することをおすすめします。クライアント ライブラリは、多くの一般的なプログラミング言語で利用できます。次のような一般的な API タスクを簡素化します。

  • ユーザーの承認
  • リクエストを送信する
  • レスポンスの解析

このガイドのコードサンプルは Python です。

利用可能なクライアント ライブラリのリストとコードサンプルについては、サンプルとライブラリをご覧ください。

初期設定を行う

このガイドでは、Content API を使用して最初の API 呼び出しを行うための基本的な手順を説明します。