注意: チェーンによる COVID-19(新型コロナウイルス感染症)に関連する投稿が一時的に許可されています。また、Google マイビジネスは現在一部の機能を制限しています。一時的なサービスの変更に関する詳細をご確認ください。

Google 広告との連携

AdWords API をご利用の場合は、Google My Business API を使って Google マイビジネスでビジネス情報を作成、更新し、そのビジネス情報を Google 広告と同期させて広告の住所表示オプションで使用できます。

ビジネス情報を広告で使うだけであればオーナー確認は不要です。ただし、ビジネス情報の更新内容を Google マップや検索に反映するには、オーナー確認の手続きが必要です。実店舗への来店など、オフライン コンバージョンのレポートを利用する場合は、住所表示オプションに関連付ける Google マイビジネスのリスティングのオーナー確認を行うことが求められます。

ビジネス情報を管理する

ビジネス情報の作成に適用されるポリシーについて詳しくは、Google マイビジネスの Google に掲載するローカル ビジネス情報のガイドラインをご覧ください。

住所表示オプションを使った広告掲載の用途に限ってビジネス情報が必要な広告主は、Google マイビジネスでオーナー確認を行う必要はありません。

所有する Google マイビジネス アカウントが 1 つだけの場合は、そのアカウントを Google 広告と同期させます。Google マイビジネス アカウントに多くのビジネス情報がある場合は、それぞれのビジネス情報を個々のキャンペーンや広告グループにマッピングすることをおすすめします。詳しくは、住所表示オプションにフィルタを適用するをご覧ください。

クライアントがすでに Google マイビジネス アカウントをお持ちの場合や、オーナー確認済みのビジネス情報をお客様が管理する場合は、クライアントに依頼して、既存の Google マイビジネス アカウントの管理者としてお客様を招待してもらいます。Google 広告にビジネス情報をマッピングする際は、お客様の認証情報とクライアントの Google マイビジネス アカウント ID の両方を使用します。詳しくは、フィードで PlacesLocationFeedData オブジェクトを作成するをご覧ください。

ビジネス情報の用途が Google 広告に限られ、Google マップや Google 検索でのオーナー確認や管理が不要な場合は、パートナー単位の Google マイビジネス アカウントを 1 つ作成し、管理するビジネス情報をすべて含めます。Google マイビジネスのビジネス情報を特定の広告キャンペーンに関連付けるには、ラベルによるフィルタリングを使用します。ラベルには任意のカスタム ID(ご自身で管理可能なもの)を使用できますが、Google 広告のお客様 ID を使う方法もあります。

AdWords API

AdWords API で手動の住所表示オプション フィードを通じて住所表示オプションを管理しているパートナーや代理店は、Google My Business API を組み込むか、Google マイビジネスのユーザー インターフェースを使って住所表示オプションを管理してください。

Google マイビジネス API を利用すると、サードパーティはオーナー確認を行わずにビジネス情報を作成し、Google 広告 API を使用して Google マイビジネスのアカウントとリンクし、住所表示オプションを配信することができます。Google 広告の住所指定オプションでオーナー未確認のビジネス情報を使っても、広告ランクには影響しません。

ラベルを使用する

ラベルを使用すると、Google マイビジネスの個々のビジネス情報にカスタム文字列をタグ付けできます。ラベルは主に、Google 広告ユーザーが Google マイビジネスのビジネス情報と特定の広告キャンペーンを関連付ける手段として使われます。

どのような文字列でも(ご自身で管理可能であれば)使用できますが、Google 広告のお客様 ID をラベルとして使う方法もあります。Google マイビジネス アカウントと Google 広告を同期させると、Google 広告のお客様 ID を Google マイビジネスの適切なビジネス情報に関連付けることができます。