注意: チェーンによる COVID-19(新型コロナウイルス感染症)に関連する投稿が一時的に許可されています。また、Google マイビジネスは現在一部の機能を制限しています。一時的なサービスの変更に関する詳細をご確認ください。

運用のポイント

ここでは、販売者および運用チームにおすすめする運用方法を紹介します。

おすすめの運用方法: 販売者

複数のビジネスを運営している販売者は、複数の Google アカウントを作成し、それらを別々のビジネスにリンクすると、管理が容易になります。あらかじめすべての Google アカウントにログインし、既存のビジネスのオーナーであるかどうかを確認することをおすすめします。

それぞれ異なる Google アカウントGoogle マイビジネス アカウントを使用してください。これにより、消費者は、販売者と直接やり取りしているのか、販売者の代理である運用チームとやり取りしているのか、または自動的に処理されているのかがわかります。

ビジネス オーナーとして API を呼び出すには、販売者の OAuth 認証情報をプラットフォームにキャッシュして、使用する必要があります。ただし、運用チームがリスティングを管理する場合は、その必要がありません。

おすすめの運用方法: 運用チーム

販売者に代わってビジネスを管理する運用チームの場合、組織内のエージェントごとに、(個人アカウントではなく)ビジネス用の Google アカウントを作成することをおすすめします。

複数の個人アカウントを、個々のビジネスの管理者として直接追加しないでください。このようにすると、なぜ、ビジネスへのアクセス権限が多くのユーザーに付与されているのか、それらのユーザーにどのような役割が与えられているのかがわからなくなります。

ユーザー グループへの共通の権限を付与された個人アカウントを追加します。次に、ユーザー グループに、ビジネス グループまたは個々のビジネスを管理する役割を割り当てます。

チェーン、地域、カテゴリなどの属性に基づいて、個々のビジネスをビジネス グループに追加し、多数のビジネスの最新情報(祝休日の営業時間、営業中かどうかなど)を容易に管理できるようにします。各ビジネスを複数のビジネス グループに追加できます。

操作を効率化し、手早く検索できるようにするため、ビジネス グループに追加するビジネスの数は、多くても数千程度にしてください。必要であれば、代理店のダッシュボードを使用してビジネス管理を有効にできます。

推奨のオーナーモデル

ビジネス オーナー(「販売者」)が、ビジネスのメインのオーナーになります。運用チームのメンバーはビジネスの管理者です。通常は、ユーザー グループとビジネス グループを使用して権限を付与します。権限と実行可能な操作について詳しくは、リスティングのオーナーと管理者をご覧ください。