地図のスタイルを管理する

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

地図のスタイルは、マップ ID に関連付けることができるカスタマイズのセットです。マップ ID は、カスタマイズされた地図を表示するためにアプリコードで参照されます。

スタイルの作成前にマップ ID を用意する必要はありませんが、スタイルを使用する前にスタイルをマップ ID に関連付けて、マップ ID をアプリに追加しておく必要があります。これは、地図のスタイルのライフサイクルの中で、アプリケーション コードを操作する必要がある唯一のポイントです。

スタイルの公開版と下書きの違い

スタイルは公開するとライブ状態になります。そのスタイルを使用している地図に表示されるのは、スタイルの公開済みバージョンです。作成途中のスタイルは下書きバージョンにしておけば、公開するまで地図の表示に反映されません。

新しいスタイルを作成すると(既存のスタイルまたはスタイル バージョンを複製した場合や、JSON スタイルをインポートした場合を含む)、作成したスタイルの最初のインスタンスは自動的に公開されます。

スタイルを作成する

地図のスタイルは次のいずれかの方法で作成します。

  • 新しいスタイルを作成する(Google マップのデフォルトのスタイルを使って作成、またはおすすめのテンプレートをベースに作成)
  • 既存のスタイルを複製する
  • 既存スタイルの過去のバージョンを複製する
  • JSON スタイルをインポートする

新しいスタイルを作成する

  1. Google Cloud コンソールで、[地図のスタイル] ページに移動します。
  2. [Create Style] をクリックし、ラジオボタン [Google マップ] を選択します。
  3. [保存] をクリックします。
  4. [Save and publish map style] ダイアログで、地図の名前と説明(任意)を入力し、[保存] をクリックします。

スタイルが自動的に公開され、スタイルのメインページが表示されます。

既存のスタイルを複製する

  1. Google Cloud コンソールで、[地図のスタイル] ページに移動します。
  2. 既存のスタイルを選択して、[複製] をクリックします。
  3. [Duplicate map style] ダイアログで、新しい地図の名前と説明(任意)を入力します。
  4. [保存] をクリックします。

スタイルが自動的に公開され、スタイルのメインページが表示されます。

スタイルのバージョンを複製する

  1. Google Cloud コンソールで、[地図のスタイル] ページに移動します。
  2. 既存のスタイルを選択して、[Customize Style] をクリックします。
  3. [Settings] > [Version History] の順に選択します。
  4. 目的のバージョンを選択し、[Version History] ペイン下部の [複製] をクリックします。

複製したスタイルが自動的に公開されます。ページ下部に、スタイルが複製されたという小さな通知メッセージとリンクが表示され、このリンクから新しいタブで新たに複製したスタイルを開くことができます。

地図の最初のスタイルが、オリジナルのスタイル バージョンとなります。他の日時付きの下書きバージョンや公開済みバージョンと異なり、オリジナル バージョンには選択可能な子スタイルがありません。オリジナル バージョンのスタイルを復元または複製するには、日時が表示されている見出しを選択します。

JSON スタイルをインポートする

  1. Google Cloud コンソールで、[地図のスタイル] ページに移動します。
  2. [Create Style] をクリックします。
  3. [Create your own style] 欄で、ラジオボタン [Import JSON] を選択します。
  4. 有効な JSON スタイルコードをフィールドに貼り付けます。
    • JSON が無効な場合は、JSON フィールドのすぐ下に大文字で通知が表示されます。
    • JSON が有効な場合、貼り付けたスタイルのプレビューが表示され、青色の [保存] ボタンを使用できます。
  5. [保存] を選択します。

スタイルが自動的に公開され、スタイルのメインページが表示されます。

スタイルのバージョンを復元する

スタイルの過去のバージョンは、復元して使用することができます。たとえば、期間限定のイベント用にブランド表示付きの地図スタイルを作成した場合は、イベントが終了したら、ブランド表示のない元のバージョンを復元するといいでしょう。

  1. Google Cloud コンソールで、[地図のスタイル] ページに移動します。
  2. 目的のスタイルを選択して、[Customize Style] をクリックします。
  3. [Settings] > [Version History] の順に選択します。
  4. 復元するバージョンを選択し、[Version History] ペイン下部の [復元] をクリックします。復元したバージョンが、そのスタイルの最新の下書きになります。
  5. [Version History] ペインを閉じ、[Publish] をクリックします。

スタイルの詳細を更新する

地図のスタイルを作成したら、そのスタイルのメインページ上部に表示されるオプションを使って、マップ ID の編集、複製、名前変更、削除、追加を行うことができます。

1 枚の地図のスタイルが表示されたメインページのスクリーンショット。地図の名前に加えて、スタイルのカスタマイズ、名前変更、複製、削除を行うためのボタンが表示されています。マッピングされた領域に適用されているスタイルを示す画像や、このスタイルに関連付けられているマップ ID がないことを示す通知、[マップ ID を追加] ボタンもあります。

  • [スタイルのカスタマイズ] - カスタマイズを続けるか、スタイルの詳細を表示します。
  • [編集] - スタイルの名前と説明文を変更できます。
  • [複製] - スタイルを複製します。
  • [削除] - スタイルを削除します。
  • スタイルに関連付けられたマップ ID を追加または表示します。

スタイルでマップ ID を関連付ける、または削除する

同じスタイルは複数の Google マップアプリに適用できます。つまり、スタイルを複数のマップ ID に関連付けることができます。ただし、各マップ ID は 1 つのスタイルにのみ関連付けることができます。

  1. [地図のスタイル] ページでスタイルを選択します。
  2. [マップ ID の追加] ボタン(マップ ID が関連付けられていないスタイルの場合)または鉛筆アイコン(マップ ID が 1 つ以上関連付けられているスタイルの場合)を選択します。[マップ ID の編集 / 追加] ペインが開きます。
  3. このスタイルに関連付けるマップ ID の横のチェックボックスをオンにするか、関連付けを削除する場合は、チェックボックスをオフにします。
  4. [保存] を選択します。

Cloud ベースのマップのスタイル設定を使用するには、マップ ID をアプリに追加します。