以上で完了です。

開発を始めるには、デベロッパー ドキュメント をご覧下さい。

Google Maps Android API をアクティベートする

まず初めに Google Developers Console で次の作業を行います。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. Google Maps Android API をアクティベートする
  3. 適切なキーを作成する
続ける

スタートガイド

このガイドを読むと、すぐに Android アプリにマップを追加できるようになります。 Android Studio は、Google Maps Android API を使用してアプリをビルドするために推奨される開発環境です。

ステップ 1. Android Studio をダウンロードする

ガイドに従って Android Studio をダウンロードし、インストールします。

ステップ 2. Google Play サービス SDK をインストールする

Google Play サービス パッケージを Android Studio に追加します。

ステップ 3. Google マップ プロジェクトを作成する

次のステップに従って、マップ アクティビティを含む新しいアプリ プロジェクトを作成します。

  1. Android Studio を起動します。
  2. 次のようにして、新しいプロジェクトを作成します。

    • [Welcome to Android Studio] ダイアログが表示されたら、ダイアログの右側の [Quick Start] に示される [Start a new Android Studio project] を選択します。

    • それ以外の場合は、Android Studio メニューバーの [File] をクリックし、[New]、[New Project] の順に選択します。

  3. 画面に従い、アプリの名前、会社のドメイン、プロジェクトの場所を入力します。 [Next] をクリックします。

  4. アプリに必要なフォーム ファクタを選択します。 何が必要かわからない場合は、[Phone and Tablet] を選択してください。 [Next] をクリックします。

  5. [Add an activity to Mobile] ダイアログで [Google Maps Activity] を選択します。 [Next] をクリックします。
  6. 画面に従い、アクティビティ名、レイアウト名、タイトルを入力します。 デフォルト値で問題ありません。 [Finish] をクリックします。

Android Studio により Gradle が開始され、プロジェクトがビルドされます。 これには数秒かかることがあります。 Android Studio でのプロジェクトの作成の詳細については、Android Studio のドキュメントをご覧ください。

ビルドが完了すると、Android Studio により、エディタで google_maps_api.xml ファイルと MapsActivity.java ファイルが開かれます。 (アクティビティの名前が異なる場合がありますが、これはセットアップ時に設定した名前になります。) google_maps_api.xml ファイルには、アプリケーションを実行する前に Google Maps API キーを取得するための手順が含まれていることに注意してください。 次のセクションでは、API キーの取得の詳細について説明します。

ステップ 4. Google Maps API キーを取得する

アプリケーションが Google マップサーバーにアクセスするには、API キーが必要です。 必要なキーのタイプは、Android アプリに対する制限が適用された API キーです。 このキーは無料です。 これは、Google Maps Android API を呼び出すすべてのアプリケーションで使用でき、サポートするユーザー数に制限はありません。

次のいずれかの方法を選択して、Android Studio で API キーを取得します。

  • 速くて簡単な方法: Android Studio によって作成された google_maps_api.xml ファイルに含まれるリンクを使用します。
    1. google_maps_api.xml ファイルにあるリンクをコピーして、ブラウザに貼り付けます。このリンクを使用すると、Google API Console が開き、URL パラメータによって必要な情報が Google API Console に入力されるため、ユーザーが手動で入力しなければならない項目が少なくなります。
    2. Google API Console で新しいプロジェクトを作成する手順に従うか、既存のプロジェクトを選択します。
    3. プロジェクト用に Android 限定の API キーを作成します。
    4. 生成された API キーをコピーし、Android Studio に戻って、その API キーを google_maps_api.xml ファイルの <string> 要素内に貼り付けます。
  • やや速い方法: Android Studio によって作成された google_maps_api.xml ファイルに含まれる認証情報を使用します。
    1. google_maps_api.xml ファイルにある認証情報をコピーします。
    2. ご使用のブラウザで、 Google API Consoleを開きます。
    3. コピーした認証情報を使用して、既存の API キーにアプリを追加するか、新しい API キーを作成します。
  • API キーを取得するための完全なプロセス: 前述のいずれのオプションも自分の状況に合わない場合は、完全なプロセスに従います。

ステップ 5. 初めてのマップコードを確認する

テンプレートで提供されるコードを詳しく見てみます。 特に、Android Studio プロジェクトの次のファイルを確認してください。

XML レイアウト ファイル

デフォルトでは、アプリのレイアウトを定義する XML ファイルは res/layout/activity_maps.xml にあります。 このファイルには、次のコードが含まれています。

<fragment xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:id="@+id/map"
    tools:context=".MapsActivity"
    android:name="com.google.android.gms.maps.SupportMapFragment" />

マップ アクティビティ Java ファイル

デフォルトでは、マップ アクティビティを定義する Java ファイルの名前は MapsActivity.java です。 このファイルには、パッケージ名の後に次のコードが含まれている必要があります。

import android.os.Bundle;
import android.support.v4.app.FragmentActivity;
import com.google.android.gms.maps.CameraUpdateFactory;
import com.google.android.gms.maps.GoogleMap;
import com.google.android.gms.maps.OnMapReadyCallback;
import com.google.android.gms.maps.SupportMapFragment;
import com.google.android.gms.maps.model.LatLng;
import com.google.android.gms.maps.model.MarkerOptions;

public class MapsActivity extends FragmentActivity implements OnMapReadyCallback {

    private GoogleMap mMap;

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_maps);
        SupportMapFragment mapFragment = (SupportMapFragment) getSupportFragmentManager()
                .findFragmentById(R.id.map);
        mapFragment.getMapAsync(this);
    }

    @Override
    public void onMapReady(GoogleMap googleMap) {
        mMap = googleMap;

        // Add a marker in Sydney, Australia, and move the camera.
        LatLng sydney = new LatLng(-34, 151);
        mMap.addMarker(new MarkerOptions().position(sydney).title("Marker in Sydney"));
        mMap.moveCamera(CameraUpdateFactory.newLatLng(sydney));
    }
}

マップ アクティビティ ファイルに上記のコードが含まれていない場合は、パッケージ名の後にあるファイルのコンテンツを上記のコードで置き換えます。

ステップ 6. Android 端末を接続する

アプリの動作を確認する最も単純な方法は、Android 端末をコンピュータに接続することです。 手順に従って、ご使用の Android 端末で開発者向けオプションを有効にし、端末を検出するようにアプリケーションとシステムを設定します。

または、Android Emulator を使用してアプリを実行することもできます。 Android Virtual Device (AVD) Managerを使用して、アプリのビルド時や実行時に Android Emulator で使用できるようにする仮想端末を 1 つ以上設定します。

エミュレータを選択するときには、Android 4.2.2 以降を使用するようにしてください。また、Google API を含むイメージを選択してください。このようにしないと、アプリケーションの実行に必要なランタイム API が含まれません。 仮想マシンのアクセラレーションの設定に関する手順を確認します。これは、手順内で説明されているように、x86 をターゲットとする AVD で使用する必要があります。 これにより、エミュレータの操作性が向上します。

ステップ 7. アプリをビルドして実行する

Android Studio で、[Run] メニュー オプション(またはプレイ ボタン アイコン)をクリックして、アプリを実行します。

端末を選択するよう求めるプロンプトが表示されたら、次のいずれかのオプションを選択します。

  • コンピュータに接続されている Android 端末を選択します。
  • または、[Launch emulator] ラジオボタンをオンにし、以前に設定した仮想端末を選択します。

[OK] をクリックします。 Android Studio により、アプリをビルドするために Gradle が起動され、端末またはエミュレータに結果が表示されます。 アプリが起動するまで、数分かかることがあります。

オーストラリアのシドニーにマーカーが配置されたマップが表示されます。 マップが表示されない場合は、このページで説明しているすべてのステップを実行したことを確認してください。

特に、上記で説明したように、API キーを追加したことを確認してください。

次のステップ

サンプルコードを確認します。

デベロッパー ガイドで、マップ オブジェクトの詳細を確認します。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。