リアルタイムのディメンションと指標

Analytics Data API の Realtime メソッドに対するクエリでサポートされているディメンションと指標Core Reporting メソッド(RunReport など)では、Realtime メソッドとは異なるディメンションと指標のセットを使用できます。

ディメンション

任意のプロパティのレポートで次のディメンションをリクエストできます。レポート レスポンスのディメンションの列で、Dimension リソースの name フィールドに「API 名」を指定します。

API 名 UI 名 説明
appVersion アプリのバージョン アプリの versionName(Android の場合)または short bundle version(iOS の場合)。
audienceId オーディエンス ID オーディエンスの数値識別子。ユーザーは、レポートの期間中にそのユーザーが属していたオーディエンスでレポートされます。現在のユーザーの行動によって、レポート済みのオーディエンスから変更されることはありません。
audienceName オーディエンス名 オーディエンスの名。ユーザーは、レポートの期間中にそのユーザーが属していたオーディエンスでレポートされます。現在のユーザーの行動によって、レポート済みのオーディエンスから変更されることはありません。
city 都市 ユーザー アクションが発生した都市です。
cityId 都市 ID ユーザー アクションが発生した都市の地域 ID。ユーザーの IP アドレスから取得されます。
country ユーザー アクションが発生した国です。
countryId 国 ID ユーザー アクションが発生した国の地域 ID。ユーザーの IP アドレスから取得されます。ISO 3166-1 alpha-2 規格に準拠しています。
deviceCategory デバイス カテゴリ 端末の種類(パソコン、タブレット、またはモバイル)です。
eventName Event name イベントの名前。
minutesAgo リアルタイムの経過分数 イベントが収集された時間(分)。00 は現在分、01 はその前の分を意味します。
platform プラットフォーム アプリまたはウェブサイトが実行されたプラットフォーム(ウェブ、iOS、Android など)。レポートでストリームのタイプを判別するには、platform と streamId の両方を使用します。
streamId ストリーム ID アプリまたはウェブサイトの数値データ ストリーム ID。
streamName ストリーム名 アプリまたはウェブサイトのデータ ストリーム名。
unifiedScreenName ページタイトルとスクリーン名 イベントが記録されたページタイトル(ウェブ)またはスクリーン名(アプリ)。

カスタム ディメンション

Realtime Data API では、ユーザー スコープのカスタム ディメンションに関するレポートを作成できます。カスタム ディメンションについて詳しくは、カスタム ユーザー プロパティをご覧ください。カスタム ディメンションは、API レポート リクエストでディメンションのパラメータ名とスコープで指定します。たとえば、パラメータ名が "last_level" のユーザー スコープのカスタム ディメンションのレポートを作成するには、Data API リクエストに "customUser:last_level" を含めます。プロパティにこのユーザー スコープのカスタム ディメンションが登録されていない場合、この API リクエストは失敗します。

カスタム ディメンションの一般的な構文は次のとおりです。Metadata API メソッドにクエリを実行すると、プロパティのすべてのカスタム ディメンションを一覧表示できます。

汎用 API 名 説明
customUser:パラメータ名 parameter_name のユーザー スコープのカスタム ディメンション

イベント スコープのカスタム ディメンションは Realtime API ではサポートされていません。

指標

任意のプロパティのレポートで次の指標をリクエストできます。レポート レスポンスの指標の列で、Metric リソースの name フィールドに「API 名」を指定します。

API 名 UI 名 説明
activeUsers アクティブ ユーザー サイトまたはアプリにアクセスした個別のユーザーの数。
コンバージョン数が増加 コンバージョン数 コンバージョン イベントの数。イベントは収集時にコンバージョンとしてマークされます。イベントのコンバージョンマークの変更は、それ以降に適用されます。Google アナリティクスでは、あらゆるイベントにコンバージョンとしてマークを付けることができます。また、一部のイベント(first_open、purchase など)はデフォルトでコンバージョンとしてマークされています。詳しくは、コンバージョンについてをご覧ください。
eventCount イベント数 イベントの数。
screenPageViews 回視聴 ユーザーが閲覧したアプリの画面またはウェブページの数。同じページやスクリーンが繰り返し表示された場合も集計されます(screen_view イベントと page_view イベントの組み合わせ)。

イベント スコープのカスタム指標は Realtime API ではサポートされていません。