Thanks for previewing Google's new tag platform documentation! This site is in public beta. (Feedback)

サーバーサイド タグ設定を使用して Google スクリプトを読み込む

Google タグ マネージャーのサーバーサイド タグ設定を使用すると、gtm.js や gtag.js などの Google スクリプトを Google のサーバーではなく、タグ設定サーバーから直接読み込むことができます。

設定の手順

この記事では、タグ マネージャーのウェブコンテナをタグ設定サーバーから読み込むようにサーバー コンテナを設定する方法について説明します。この記事は、サーバー コンテナが作成済みであることを前提としています。

「Google タグ マネージャー: ウェブコンテナ」クライアントを設定する

このオプションは、タグ マネージャーのウェブコンテナをデプロイして、タグ設定サーバーにデータを送信する場合に使用します。

  1. サーバー コンテナのワークスペースから、ページの左側にある [クライアント] を選択します。
  2. [新規] をクリックします。
  3. クライアントの種類として、[Google タグ マネージャー: ウェブコンテナ] を選択します。[クライアントの種類を選択] ダイアログで [Google タグ マネージャー: ウェブコンテナ] クライアントがハイライト表示されている

  4. [クライアントの構成] で [コンテナ ID を追加] をクリックし、ウェブサイトで使用するタグ マネージャー ウェブコンテナのコンテナ ID を入力します。 「Google タグ マネージャー: ウェブコンテナ」クライアントの設定

デフォルトでは、[依存関係にあるすべての Google スクリプトを自動で配信する] チェックボックスがオンになっています。このオプションを有効にすると、タグ マネージャーのウェブコンテナの動作が更新され、gtm.js、gtag.js、analytics.js、ec.js などの依存関係もタグ設定サーバーに対してリクエストされるようになります。タグ設定サーバーから最初のコンテナのみを配信する場合は、このオプションの選択を解除してください。

タグ マネージャーのコードを更新する

サーバー コンテナからスクリプトを読み込むには、ウェブサイトのタグ マネージャーのコードを更新します。

  1. ページ上の既存のタグ マネージャーのコードを探すか、タグ マネージャーのウェブコンテナから新しいコードを取得します。
  2. 文字列 https://www.googletagmanager.com を、タグ設定サーバーの URL に置き換えます。

たとえば、タグ設定サーバーの URL が https://tagging.example.com で、ウェブコンテナ ID が GTM-ABC の場合、最終的なコードは次のようになります。

<!-- Google Tag Manager -->
<script>(function(w,d,s,l,i){w[l]=w[l]||[];w[l].push({'gtm.start':
new Date().getTime(),event:'gtm.js'});var f=d.getElementsByTagName(s)[0],
j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src=
'https://tagging.example.com/gtm.js?id='+i+dl;f.parentNode.insertBefore(j,f);
})(window,document,'script','dataLayer','GTM-ABC);</script>
<!-- End Google Tag Manager -->

「Google アナリティクス: GA4」クライアントを設定する

このオプションは、Google アナリティクス 4 の gtag をページにデプロイして、タグ設定サーバーにデータを送信する場合に使用します。

サーバー コンテナのワークスペースから、ページの左側にある [クライアント] を選択します。

  1. [新規] をクリックします。
  2. [クライアントの種類を選択] で [Google アナリティクス: GA4] を選択します。 [クライアントの種類を選択] ダイアログで [Google アナリティクス: GA4] クライアントがハイライト表示されている

  3. [有効化の条件] で、[特定の ID 向けのデフォルトの gtag.js パス] チェックボックスをオンにします。

  4. ウェブサイトで使用する測定 ID を入力します。 「Google アナリティクス: GA4」クライアントの設定

デフォルトでは、[依存関係にあるすべての Google スクリプトを自動で配信する] チェックボックスがオンになっています。このオプションを有効にすると、タグの動作が更新され、gtag.js、analytics.js、ec.js などの依存関係もタグ設定サーバーに対してリクエストされるようになります。タグ設定サーバーから最初のコンテナのみを配信する場合は、このオプションの選択を解除してください。

JavaScript で Google アナリティクス 4 タグを設定する

タグ マネージャーを使用して「Google アナリティクス: GA4」タグを設定した場合は、上記のガイドに沿ってタグ マネージャーのウェブコンテナを設定し、タグ設定サーバーにデータを送信してください。

サーバー コンテナからスクリプトを読み込むには、ウェブサイトの Google アナリティクス 4 のコードを更新します。

  1. ページ上の既存のコードを探すか、Google アナリティクスから新しいコードを取得します。
  2. 文字列 https://www.googletagmanager.com を、タグ設定サーバーの URL に置き換えます。

たとえば、タグ設定サーバーの URL が https://tagging.example.com で、測定 ID が G-1234 の場合、最終的なスニペットは次のようになります。

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://tagging.example.com/gtag/js?id=G-1234"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'G-1234', {
     transport_url: 'https://tagging.example.com',
     first_party_collection: true
  });
</script>

「Google アナリティクス: ユニバーサル アナリティクス」を設定する

このオプションは、ユニバーサル アナリティクスの gtag をページにデプロイして、タグ設定サーバーにデータを送信する場合に使用します。

サーバー コンテナのワークスペースから、ページの左側にある [クライアント] を選択します。

  1. [新規] をクリックします。
  2. タグの種類として、[Google アナリティクス: ユニバーサル アナリティクス] を選択します。[クライアントの種類を選択] ダイアログで [Google アナリティクス: ユニバーサル アナリティクス] クライアントがハイライト表示されている

  3. [特定の ID 向けのデフォルトの gtag.js パス] チェックボックスをオンにします。

  4. ウェブサイトで使用する測定 ID を入力します。 「Google アナリティクス: ユニバーサル アナリティクス」クライアントの設定

デフォルトでは、[依存関係にあるすべての Google スクリプトを自動で配信する] チェックボックスがオンになっています。このオプションを有効にすると、タグの動作が更新され、gtag.js、analytics.js、ec.js などの依存関係もタグ設定サーバーに対してリクエストされるようになります。タグ設定サーバーから最初のコンテナのみを配信する場合は、このオプションの選択を解除してください。

JavaScript でユニバーサル アナリティクス タグを更新する

タグ マネージャーを使用してユニバーサル アナリティクス タグを設定した場合は、上記のガイドに沿ってタグ マネージャーのウェブコンテナを設定してください。

サーバー コンテナからスクリプトを読み込むには、ウェブサイトのユニバーサル アナリティクスのスニペットを更新します。

  1. ページ上の既存のスニペットを探すか、Google アナリティクスの管理画面から新しいスニペットを取得します。
  2. スニペットの文字列 https://www.googletagmanager.com を、タグ設定サーバーの URL に置き換えます。

たとえば、タグ設定サーバーの URL が https://tagging.example.com で、トラッキング ID が UA-1234-1 の場合、最終的なスニペットは次のようになります。

<!-- Global site tag (gtag.js) - Google Analytics -->
<script async src="https://tagging.example.com/gtag/js?id=UA-1234-1"></script>
<script>
  window.dataLayer = window.dataLayer || [];
  function gtag(){dataLayer.push(arguments);}
  gtag('js', new Date());

  gtag('config', 'UA-1234-1', {
     transport_url: 'https://tagging.example.com',
     first_party_collection: true
  });
</script>

制限事項

現在のところ、同意に関する動作の地域別設定はサポートされていません。スクリプトがタグ設定サーバーから配信されている場合はご注意ください。