Google の新しいタグに関するドキュメントをご確認いただきありがとうございます。このサイトは公開ベータ版です。(フィードバック

イベント

Google タグは、ウェブページやモバイルアプリをインストルメンテーションして、なんらかのイベントが発生したときにデータを送信できるよう設計されています。このデータには、イベントのタイプに関する情報と、イベントに関する情報を記述するパラメータを含めることができます。

イベントとは

イベントは、ユーザーがウェブサイトのコンポーネントを操作したときに発生します。イベントには次のようなものがあります(これらに限定されません)。

  • ウェブページの読み込み
  • リンクのクリック
  • フォームの送信
  • 動画再生
  • 購入
  • 登録
  • アプリのインストール

パラメータとは

パラメータは、イベントに関連付けられるデータです。パラメータの例として、以下のようなものがあります。

  • アイテムの価値
  • クーポンコード
  • ログイン方式
  • トランザクション ID
  • 通貨

イベントとパラメータを使用して、顧客の好みに関する多くの情報を把握できるほか、閲覧回数が最も多い商品ページはどれか、クリックされる頻度がより高いボタンはどれか、購入やサブスクリプションにつながっているキャンペーンはどれかといった疑問を解決することもできます。

event コマンド

グローバル サイトタグの event コマンドは、イベントデータの送信に使用します。event コマンドのプロトタイプは次のようになります。

gtag('event', '<type>', {<parameters>});

<type> はイベントの種類です(Google 広告のコンバージョン イベントや Google アナリティクス 4 のイベント名など)。<parameters> は、イベントを記述するデータを格納する名前と値のペアのオブジェクトです。

タグ マネージャーのイベント

タグ マネージャーのイベントは、使用するタグのタイプに基づいて設定します。次に例を示します。

  • Google 広告のコンバージョン イベントは、Google 広告コンバージョン トラッキング タグを使用して送信します。
  • Google アナリティクス 4 のイベントは、Google アナリティクス: GA4 イベントタグで設定します。
  • ユニバーサル アナリティクス タグのイベントは、Google アナリティクス: ユニバーサル アナリティクス タグの [トラッキング タイプ] で設定します。
  • Floodlight イベントは、Floodlight カウンタタグまたは Floodlight 販売タグで設定します。

タグ マネージャーでは、トリガーを使用してトラッキングするイベントを指定し、そのイベントの発生についてウェブページまたはモバイルアプリをリッスンします。イベントが発生すると、タグが配信され、指定されたサービスにデータが送信されます。

Google 広告のコンバージョン イベントでは、ユーザーが広告を操作した後のアクティビティを測定します。これらのコンバージョンには、新規登録、購入、アプリのダウンロードなどにつながるイベントを指定することができます。このタグを使用する場合は、事前に Google 広告ヘルプセンターでこの機能の仕組みの詳細を確認しておくことをおすすめします。

Google 広告のコンバージョン タグを設定するには、必須の Google 広告コンバージョン ID とコンバージョン ラベルを入力する必要があります。また、必要に応じてコンバージョン値、通貨コード、トランザクション ID を入力します。

gtag.js

グローバル サイトタグの実装では、イベントは gtag('event', 'conversion'...) で送信されます。次に例を示します。

  gtag('event', 'conversion', {
    'send_to': 'AW-CONVERSION_ID/CONVERSION_LABEL',
    'value': 1.0,
    'currency': 'USD',
    'transaction_id': '12345',
  });

タグ マネージャー

  1. タグ マネージャーで、新しい Google 広告タグを作成します。ホーム画面で、[新しいタグ] > [タグの設定] > [Google 広告コンバージョン トラッキング] を選択します。
  2. Google 広告アカウントにログインして、タグの設定で使用する値を収集します。
    • Google 広告アカウントで [ツールと設定](ツールと設定のアイコン)メニューをクリックします。
    • [測定: コンバージョン] を選択して、「コンバージョン アクション」表を表示します。
    • 使用するコンバージョンの名前を [コンバージョン アクション] 列から選択します。
    • [タグを設定する] のタブを展開して、タグの詳細を表示します。
    • [Google タグ マネージャーを使用する] を選択します。
    • コンバージョン IDコンバージョン ラベルをコピーします。
  3. タグ マネージャーで、手順 2 で取得した必須のコンバージョン IDコンバージョン ラベルの値を該当のフィールドに追加します。必要に応じて、コンバージョン値トランザクション ID通貨コードを追加することもできます。該当する場合は、フィールドの値に対応するタグ マネージャー変数を使用します(たとえば、ほとんどのケースではトランザクション ID で変数を使用します)。

  4. [トリガー] でトリガーを選択して、タグを配信するタイミングを指定します。

  5. [保存] をクリックして、タグの設定を完了します。

  6. 変更をプレビューし、準備ができたら公開します。

詳しくは、Google 広告コンバージョンを設定する方法をご覧ください。

Google アナリティクス 4 イベント

Google アナリティクス 4 プロパティでは、測定可能なすべてのユーザー アクションがイベントと見なされます。イベントには、ページの読み込み、リンクのクリック、フォームの入力、ショッピング カートへの商品の追加、決済、ページ スクロール、動画再生、アプリのインストールなどがあります。Google アナリティクス 4 のイベントでは、カスタム パラメータとユーザー プロパティがサポートされているため、アクティビティを極めて柔軟に測定できます。

Google のタグ プラットフォームでは、主に 3 種類のイベントが提示されます。これらはサービスによって異なりますが、一般的に、自動的に収集されるイベント、推奨イベント、カスタム イベントに分類されます。

  1. 自動的に収集されるイベントは、お客様の側で追加のインストルメンテーションを行わなくても、gtag.js またはタグ マネージャーのタグから送信されるイベントです。自動的に収集されるイベントの一般的な例としては、ad_clickpage_viewvideo_progress などがあります。詳細

  2. 推奨イベントは、効果的な測定を行うために追加のコンテキストを必要とする一般的な測定シナリオに適しています。推奨イベントの一般的な例としては、loginpurchasesearch などがあります。追加のコンテキストが必要とされるため、Google タグによって自動的に送信されることはありません。詳細

  3. カスタム イベントは、お客様が定義するイベントです。これらのイベントは、自動的に収集されるイベントや推奨イベントとは異なります。推奨される方法としては、自動的に収集されるイベントまたは推奨イベントを可能な限り使用して、これらのイベントタイプが要件を満たしていない場合にのみカスタム イベントタイプを使用してください。詳細

gtag.js

Google アナリティクス 4 のイベントを送信するには、gtag('event') コマンドを使用します。

gtag('event', '<event_name>', {<event_params>});

たとえば、generate_lead イベントを送信するには、gtag('event') コマンドを次のように使用します。

gtag('event', 'generate_lead', {
  'value': '2',
  'currency': 'USD',
  'transaction_id': '1234'
});

タグ マネージャー

Google タグ マネージャーで Google アナリティクス 4 イベントを送信するには、次の 2 つのコンポーネントが必要です。

  1. Google アナリティクス: GA4 イベントタグ
  2. タグを配信するトリガー

Google アナリティクス 4 イベントタグを作成するには、Google アナリティクス 4 イベントタグに関するヘルプセンター ドキュメントをご覧ください。

ユニバーサル アナリティクス イベント

ユニバーサル アナリティクス イベントは、以前のイベント / カテゴリ / ラベル / 値モデルに基づいています。

gtag.js

次の構文で gtag('event') コマンドを使用します。

gtag('event', <action>, {
  'event_category': <category>,
  'event_label': <label>,
  'value': <value>
});

次の例では、アクションが 'Downloads'、カテゴリが 'MP3'、ラベルが「Debussy - Clair de lune」のイベントが送信されます。

gtag('event', 'Downloads', {
  'event_category' : 'MP3',
  'event_label' : 'Debussy - Clair de lune'
});

<category> または <label> を省略した場合は、デフォルト値「(not set)」に設定されます。

タグ マネージャー

Google タグ マネージャーでユニバーサル アナリティクス イベントを送信するには、次の 2 つのコンポーネントが必要です。

  1. Google アナリティクス: ユニバーサル アナリティクス タグ
  2. タグを配信するトリガー

詳細については、ユニバーサル アナリティクス タグに関するヘルプセンター ドキュメントをご覧ください。

ユニバーサル アナリティクス イベントの情報は、次のように構成されています。

名前 デフォルト値 説明
<action> 文字列 Google アナリティクスのイベント レポートでイベント アクションとして表示される値。
<category> 文字列 "(not set)" イベントのカテゴリ。
<label> 文字列 "(not set)" イベントのラベル。
<value> 数値 イベントの値(価値)として表示される 0 以上の整数。

Google アナリティクスで解析されるイベントの構成について詳しくは、Google アナリティクス イベント パラメータの構成要素をご覧ください。

Floodlight アクティビティ

「Floodlight アクティビティ」は、測定の対象とする特定のイベント(購入の完了やウェブページへのアクセスなど)に対応するコンバージョンです。ユーザーがいずれかの広告を表示した後にアクションを行うと、コンバージョンが呼び出されます。詳細

gtag.js

Floodlight アクティビティは、グローバル サイトタグの gtag('event', 'conversion') から送信されます。最適なパフォーマンスが得られるようにするには、可能であれば <head> セクション内で gtag() 関数を定義した後にこのコードを配置する必要があります。

データのフィールドは、send_to プロパティのパラメータの文字列として送信されます。このフィールドは、タグの種類やカウント方法、タグに渡すその他のデータによって異なります。

Floodlight コンバージョン アクティビティの例を次に示します。

  gtag('event', 'conversion', {
    'allow_custom_scripts': true,
    'u1': '[variable]', // custom Floodlight variable
    'send_to': 'DC-[floodlightConfigID]/[activityGroupTagString]/[activityTagString]+[countingMethod]'
  });

Floodlight アクティビティでグローバル サイトタグを使用する方法の詳細

タグ マネージャー

Google タグ マネージャーを使用して Floodlight アクティビティを設定することができます。詳しくは、ヘルプセンター ドキュメントをご覧ください。