Google タグ マネージャーについて

コレクションでコンテンツを整理 必要に応じて、コンテンツの保存と分類を行います。

Google タグ マネージャーは、Google タグと同じ機能を備えたタグ管理システムです。使いやすいウェブベースのインターフェースから、ウェブサイトやモバイルアプリにタグを簡単に設定して実装できます。また、タグ マネージャーとタグ管理機能、サードパーティおよびコミュニティが開発したタグ テンプレート、企業の共同作業とセキュリティの機能もサポートしています。タグ マネージャーを使用すると、タグの実装を最適化したり、タグ設定のエラーを減らしたりできるほか、ウェブベースのインターフェースから簡単にタグを修正して実装できます。

ウェブページに導入する

タグ マネージャーを使用して、サイトのタグ(測定やマーケティング最適化の JavaScript タグなど)を管理します。サイトのコードを編集せずにタグ マネージャーを使用して、Google 広告、Google アナリティクス、Floodlight、サードパーティのタグを追加、更新できます。

モバイルアプリへの導入

Google タグ マネージャーを使用すると、アプリ内の分析ツールや広告ツールを管理できます。アプリのバイナリを再構築してアプリ マーケットプレイスに再送信する必要はありません。

サーバーサイド タグ設定

サーバーサイド タグ設定を使用すると、ウェブサイトやアプリから Google Cloud にタグコードを移動できます。サーバーサイド タグ設定を使用すると、所有するすべてのドメインから独自のアセットを提供しながら、ウェブサイトまたはモバイルアプリのパフォーマンスとセキュリティを強化できます。

カスタム テンプレートを作成する

タグ マネージャーでは、タグ テンプレートまたは変数テンプレートを独自に作成できます。作成したテンプレートはコミュニティ テンプレート ギャラリーで世界中のユーザーと共有できます。

REST API を使用して構成を自動化する

Google Tag Manager API を使用すると、承認されたユーザーはタグ マネージャーの設定データにアクセスできます。この API を使用して、アカウント、コンテナとコンテナのバージョン、タグ、ルール、トリガー、変数、ユーザー権限を管理します。

参考情報

タグ マネージャーの機能とメリットについて詳しくは、以下のリソースをご覧ください。