Google の新しいタグ プラットフォームに関するドキュメントをご覧いただきありがとうございます。このサイトは公開ベータ版です。(フィードバック

グローバル サイトタグについて

グローバル サイトタグ(gtag.js)は、Google のさまざまなプロダクトやサービスを使用するためにウェブサイトに実装できる、単一のタグです。このタグは、Google 広告、キャンペーン マネージャー、ディスプレイ&ビデオ 360、検索広告 360、Google アナリティクスなどのサービスで機能します。グローバル サイトタグを使用すれば、サービスごとに複数のタグを管理しなくても、ウェブサイト全体に 1 回実装するだけで済みます。

メリット

コンバージョンを測定して、Google マーケティングの投資効果を最適化するには、サイトのすべてのページにタグを配置することをおすすめします。ウェブサイト全体にグローバル サイトタグを実装すると、数多くのメリットや改善効果が得られます。

  • 将来を見据えたコンバージョン測定。最新の機能や統合をリリースと同時に利用できるため、変更が行われた場合も適切に対応して、正確なコンバージョン測定を継続することができます。
  • コーディング不要のタグ管理。ページ上のタグを手作業で変更しなくても、Google サービスで測定機能を有効にすることができます。
  • 手間をかけずに簡単に統合。実装や、他の Google サービス(アナリティクス、オプティマイズ、Google 広告など)との統合を、より効率良く簡潔に行うことができます。
  • より精度の高いコンバージョン測定。グローバル サイトタグを使用すると、Cookie が利用できない場合でも正確なコンバージョン測定を行って、業界の事情により現在モニタリングされていないコンバージョンを捕捉することができます。

手順の概要

グローバル サイトタグの基本的な使用モデルは次のとおりです。

  1. サイトのすべてのページにグローバル サイトタグを追加し、使用する各 Google サービスで動作するよう設定します。
  2. gtag() コマンドを使用してイベントを捕捉し、1 つ以上のサービス(Google 広告、Google アナリティクスなど)にデータを送信します。

タグをインストールすると、複数のサービスとインストルメンテーションを 1 つのタグですべて処理するように設定できるようになります。

gtag.js に関連するサービス専用のドキュメントについては、以下をご覧ください。

次のステップ