gRPC のサポート

v13.0.2 までは、Google Ads API .NET ライブラリは gRPC 機能に Grpc.Core ライブラリを使用していました。バージョン 14.0.0 のクライアント ライブラリでは、Grpc.Net.Client が gRPC 機能のデフォルト ライブラリとして使用され、Grpc.Core がフォールバックとして使用されます。このガイドでは、この変更に関連する技術的な詳細について説明します。

移行の理由

Grpc.Core は廃止される予定であり、Grpc.Net.Client は今後、gRPC の公式 C# 実装になります。お知らせを読む

Google Ads API .NET ライブラリの変更

切り替えの一環として、クライアント ライブラリに次の変更が加えられました。

  1. UseGrpcCore という名前の新しい GoogleAdsConfig 設定を導入しました。

    • この設定のデフォルトは false です。
    • この設定を false に設定すると、ライブラリは可能であれば基盤となる交通機関レイヤとして Grpc.Net.Client の使用を試みます。

      Grpc.Net.Client は、一部の古い .NET ランタイム バージョンをサポートしていません(要件を参照)。これらのプラットフォームでは、Google Ads API .NET ライブラリは、基盤となるトランスポート レイヤとして Grpc.Core ライブラリにフォールバックします。

    • UseGrpcCoretrue に設定することで、Google Ads API .NET ライブラリで Grpc.Core ライブラリを常に使用するように設定できます。

  2. Google Ads API .NET ライブラリは、Google.Api.Gax.Grpc パッケージ(Google Cloud SDK の一部)に依存します。gRPC ライブラリの変更により、このパッケージでは .NET Framework のメジャー バージョンを 4.0.0 に、ランタイム要件を .NET Standard 2.1 に更新しました。

    そのため、Google Ads API の .NET ライブラリ ランタイムの要件は .NET Standard 2.1 に更新されています。Google Ads API ライブラリは、.NET Framework 4.7.2 以降と .NET 5.0 以降を引き続きサポートします。