Targeting

このガイドでは、ターゲット設定情報を広告リクエストに提供する方法について説明します。実際の動作を確認するには、Android API デモアプリをダウンロードしてください。

API デモをダウンロード

前提条件

RequestConfiguration

RequestConfiguration は、MobileAds 静的メソッドを介してグローバルに適用されるターゲット設定情報を収集するオブジェクトです。

リクエスト構成を更新するには、既存の構成からビルダーを取得し、必要な更新を行って、次のように設定します。

Java

RequestConfiguration requestConfiguration = MobileAds.getRequestConfiguration().toBuilder().build();
MobileAds.setRequestConfiguration(requestConfiguration);

Kotlin

var requestConfiguration = MobileAds.getRequestConfiguration().toBuilder().build()
MobileAds.setRequestConfiguration(requestConfiguration)

子供向けの設定

児童オンライン プライバシー保護法(COPPA: Children's Online Privacy Protection Act)に基づき、「子供向け取り扱いタグ」という設定が用意されています。このタグを設定することによって、この通知内容が正確であり、アプリの所有者を代理する権限があることを証明できます。子供向けの設定を不正に利用すると、Google アカウントは削除される場合があります。

アプリ デベロッパーは、広告リクエストを行う際に、コンテンツが子供向けであるかどうかを指定することができます。子供向けとして指定された広告リクエストでは、インタレスト ベース広告(IBA)とリマーケティング広告は無効になります。

子供向けの設定は、Google Play 開発者サービス SDK のすべてのバージョンで使用できます。指定するには、RequestConfiguration.Builder.setTagForChildDirectedTreatment(int) を次のように設定します。

  • COPPA に基づく子供向けコンテンツとしての取り扱いを望む場合は、setTagForChildDirectedTreatmentTAG_FOR_CHILD_DIRECTED_TREATMENT_TRUE に設定して呼び出します。

  • COPPA に基づく子供向けコンテンツとしての取り扱いを望まない場合は、setTagForChildDirectedTreatmentTAG_FOR_CHILD_DIRECTED_TREATMENT_FALSE に設定して呼び出します。

  • COPPA に関してコンテンツをどのように取り扱うかを広告リクエストで指定しない場合は、setTagForChildDirectedTreatmentTAG_FOR_CHILD_DIRECTED_TREATMENT_UNSPECIFIED に設定して呼び出します。

次の例では、コンテンツを COPPA に基づく子供向けコンテンツとして取り扱うよう指定しています。

Java

RequestConfiguration requestConfiguration = MobileAds.getRequestConfiguration().toBuilder()
        .setTagForChildDirectedTreatment(TAG_FOR_CHILD_DIRECTED_TREATMENT_TRUE)
        .build();

Kotlin

var requestConfiguration = MobileAds.getRequestConfiguration().toBuilder()
        .setTagForChildDirectedTreatment(TAG_FOR_CHILD_DIRECTED_TREATMENT_TRUE)
        .build()

欧州経済領域(EEA)の同意年齢に満たないユーザーについては、その広告リクエストにマークを付けることで適切な取り扱いを受けることができます。この機能は、一般データ保護規則(GDPR)の準拠に向けた対応をサポートするためのものです。なお、GDPR の下では他の法的義務が課せられる場合もありますので、欧州連合(EU)のガイダンスをご確認のうえ、お客様の顧問弁護士にご相談ください。Google のツールは、パブリッシャー様による法令遵守の支援を目的としています。これらのツールを使っても、法律上の義務を果たす必要がなくなるわけではないことにご注意ください。パブリッシャー様への GDPR の影響の詳細

この機能を利用すると、広告リクエストに「Tag For Users under the Age of Consent in Europe」(TFUA: 同意年齢に満たない欧州ユーザーに対するタグ)パラメータが含まれるようになります。このパラメータを含む広告リクエストでは、リマーケティングなどによるパーソナライズド広告が無効になります。また、第三者広告ベンダー(広告測定ピクセルや第三者広告サーバーなどの事業者)へのリクエストも無効になります。

子供向けの設定と同様、RequestConfiguration.Builder には TFUA パラメータを設定するためのメソッド setTagForUnderAgeOfConsent があります。このメソッドでは次のオプションを使用できます。

  • 欧州経済領域(EEA)の同意年齢に満たないユーザーに適した方法で広告リクエストを処理するよう指定するには、setTagForUnderAgeOfConsentTAG_FOR_UNDER_AGE_OF_CONSENT_TRUE に設定して呼び出します。

  • 欧州経済領域(EEA)の同意年齢に満たないユーザーに適した方法で広告リクエストを処理しないように指定するには、setTagForUnderAgeOfConsentTAG_FOR_UNDER_AGE_OF_CONSENT_FALSE に設定して呼び出します。

  • 欧州経済領域(EEA)の同意年齢に満たないユーザーに適した方法で広告リクエストを処理するかどうか指定しない場合は、setTagForUnderAgeOfConsentTAG_FOR_UNDER_AGE_OF_CONSENT_UNSPECIFIED に設定して呼び出します。

次の例は、広告リクエストに TFUA を含めるよう指定しています。

Java

RequestConfiguration requestConfiguration = MobileAds.getRequestConfiguration().toBuilder()
        .setTagForUnderAgeOfConsent(TAG_FOR_UNDER_AGE_OF_CONSENT_TRUE)
        .build();

Kotlin

var requestConfiguration = MobileAds.getRequestConfiguration().toBuilder()
        .setTagForUnderAgeOfConsent(TAG_FOR_UNDER_AGE_OF_CONSENT_TRUE)
        .build()

子供向けの設定を有効にするタグと setTagForUnderAgeOfConsent を同時に true に設定しないでください。同時に設定している場合、子供向けの設定が優先されます。

広告リクエスト

PublisherAdRequest オブジェクトは、広告リクエストとともに送信するターゲット設定情報を収集します。

位置情報

ユーザーが位置情報に関する権限をアプリに付与した場合、Ad Manager は自動的に位置情報を SDK に渡します。SDK はこの位置情報を使用することで、アプリのコードを変更しなくても、広告のターゲット設定の精度を向上できます。広告の位置情報を有効または無効にするかは選択できます。

自動収集された位置情報はメディエーション ネットワークに転送されず、完全に無効にされることもあります。そのため、SDK には位置情報を手動で設定する機能が含まれています。広告リクエストで次のように位置情報によるターゲット設定情報を指定できます。

Java

PublisherAdRequest request = new PublisherAdRequest.Builder()
        .setLocation(location)
        .build();

Kotlin

val request = PublisherAdRequest.Builder()
        .setLocation(location)
        .build()

ユーザーの位置情報は、適切なメソッドで取得する必要があります。

ただし、ユーザーのプライバシーを保護するため、アプリですでに位置情報が利用されている場合にのみ、ユーザーの位置情報を使用するようにしてください。

カスタム ターゲット設定

カスタマイズした Key-Value ペアを渡して、PublisherAdRequest.Builder.addCustomTargeting から Google アド マネージャー キャンペーン(広告申込情報)のターゲットを設定できます。

Java

// Example: Pass custom targeting "age=25".
PublisherAdRequest newRequest = new PublisherAdRequest.Builder()
        .addCustomTargeting("age", "25")
        .build();

Kotlin

// Example: Pass custom targeting "age=25".
var newRequest = PublisherAdRequest.Builder()
        .addCustomTargeting("age", "25")
        .build()

文字列のリストとして、キーに複数の値を渡すことができます。たとえば、25 歳に加えて 20 代半ばのユーザーにターゲットを設定するには、次のように指定します。

.addCustomTargeting("age", Arrays.asList("24", "25", "26"))

Android API デモアプリでカスタム ターゲット設定を実装するには、Google アド マネージャーのカスタム ターゲット設定のサンプルをご覧ください。

カテゴリの除外

PublisherAdRequest.Builder で提供される addCategoryExclusion メソッドを使用して、リクエストにスロット単位でカテゴリの除外レベルを追加できます。

Java

// Example: Exclude "automobile" and "boat" categories.
PublisherAdRequest newRequest = new PublisherAdRequest.Builder()
        .addCategoryExclusion("automobile")
        .addCategoryExclusion("boat")
        .build();

Kotlin

// Example: Exclude "automobile" and "boat" categories.
var newRequest = PublisherAdRequest.Builder()
        .addCategoryExclusion("automobile")
        .addCategoryExclusion("boat")
        .build()

Android API デモアプリでカテゴリの除外を利用するには、Google アド マネージャーのカテゴリ除外のサンプルをご覧ください。

ターゲット設定された広告を読み込む

リクエストのターゲット設定情報を設定したら、PublisherAdRequest インスタンスで広告ビューの loadAd() を呼び出します。

Java

PublisherAdRequest request = new PublisherAdRequest.Builder()
        .setLocation(location)
        .build();
adView.loadAd(request);

Kotlin

val request = PublisherAdRequest.Builder()
        .setLocation(location)
        .build()
adView.loadAd(request)

パブリッシャー指定の識別子

フリークエンシー キャップ、オーディエンス セグメンテーションやターゲット設定、広告のローテーション設定などユーザー属性に基づき各種デバイスに広告を配信する機能には、パブリッシャー指定の識別子(PPID)を設定できます。

PPID の設定例は次のとおりです。

Java

PublisherAdRequest adRequest = new PublisherAdRequest.Builder()
        .setPublisherProvidedId("AB123456789")
        .build();

Kotlin

var adRequest = PublisherAdRequest.Builder()
        .setPublisherProvidedId("AB123456789")
        .build()

Android API デモアプリで PPID を設定するには、アド マネージャーの PPID のサンプルをご覧ください。

コンテンツの URL

コンテンツ ターゲット広告とブランド保護のためにコンテンツの URL を指定するには、PublisherAdRequest の作成時に PublisherAdRequest.Builder.setContentUrl を呼び出します。

Java


PublisherAdRequest requestWithContent = new PublisherAdRequest.Builder()
        .setContentUrl("https://www.example.com")
        .build();

Kotlin

var requestWithContent = PublisherAdRequest.Builder()
        .setContentUrl("https://www.example.com")
        .build()

ブランド保護

さまざまなユーザー向けに動的コンテンツを表示するアプリでは、PublisherAdRequest の作成時に PublisherAdRequest.Builder.setNeighboringContentUrls メソッドを使用して URL の簡単なリストを指定できます。

Java

ArrayList<String> urls = new ArrayList<String>();
urls.add("https://www.mycontenturl1.com");
urls.add("https://www.mycontenturl2.com");
urls.add("https://www.mycontenturl3.com");
urls.add("https://www.mycontenturl4.com");
PublisherAdRequest requestWithContent = new PublisherAdRequest.Builder()
        .setNeighboringContentUrls(urls)
        .build();

Kotlin

var urls = mutableListOf("https://www.mycontenturl1.com", "https://www.mycontenturl2.com",
"https://www.mycontenturl3.com", "https://www.mycontenturl4.com")
var requestWithContent = PublisherAdRequest.Builder()
        .setNeighboringContentUrls(urls)
        .build()

.setNeighboringContentUrls() は、ブランド保護のみに使用されるという点で .setContentUrl() と異なっています。