Native Ads Options

ネイティブ広告では、NativeAdOptions オブジェクトを使用して、追加のカスタマイズを行うことができます。このガイドでは、NativeAdOptions の使用方法を説明します。

設定オプション

withNativeAdOptions()
AdLoader を作成する際に最後に追加される関数です。withNativeAdOptions() は、省略可能なメソッドです。

Java

AdLoader adLoader = new AdLoader.Builder(context, "/6499/example/native")
    .forUnifiedNativeAd(new UnifiedNativeAd.OnUnifiedNativeAdLoadedListener() {
        @Override
        public void onUnifiedNativeAdLoaded(UnifiedNativeAd unifiedNativeAd) {
            // Show the ad.
        }
    })
    .withAdListener(new AdListener() {
        @Override
        public void onAdFailedToLoad(int errorCode) {
            // Handle the failure by logging, altering the UI, and so on.
        }
    })
    .withNativeAdOptions(new NativeAdOptions.Builder()
            // Methods in the NativeAdOptions.Builder class can be
            // used here to specify individual options settings.
            .build())
    .build();

Kotlin

val adLoader = AdLoader.Builder(this, "/6499/example/native")
    .forUnifiedNativeAd { ad : UnifiedNativeAd ->
        // Show the ad.
    }
    .withAdListener(object : AdListener() {
        override fun onAdFailedToLoad(errorCode: Int) {
            // Handle the failure by logging, altering the UI, and so on.
        }
    })
    .withNativeAdOptions(NativeAdOptions.Builder()
            // Methods in the NativeAdOptions.Builder class can be
            // used here to specify individual options settings.
            .build())
    .build()

NativeAdOptions オブジェクトを使用すると、リクエストを行う際のオプションを設定できます。このオブジェクトの Builder クラスには、インスタンスの作成時に使用できる次のメソッドがあります。

setReturnUrlsForImageAssets()
DrawableUri を保持している NativeAd.Image のインスタンスを介して、ネイティブ広告の画像アセットが返されます。このオプションが false(デフォルト設定)の場合は、Google Mobile Ads SDK が画像アセットを自動的に取得して、DrawableUri の両方に値を入力します。しかし、このオプションを true に設定すると、SDK は Uri だけに値を入力するため、実際の画像はご自身の判断でダウンロードできます。
setRequestMultipleImages()

画像アセットには、画像が 1 つだけでなく複数含まれている場合もあります。この値を true に設定すると、複数の画像を含むアセットの場合でもアプリにすべての画像を表示できると示すことになります。この値をデフォルトの false に設定すると、複数の画像を含むアセットの場合は最初の画像だけを返すようにアプリから SDK に指示することになります。

AdLoader の作成時に withNativeAdOptions を呼び出さなければ、どちらのオプションでもデフォルト値が使用されます。

setAdChoicesPlacement()

AdChoices オーバーレイは、デフォルトでは右上に配置されます。オーバーレイのレンダリング位置をアプリで変更するには、プロパティを次のいずれかに設定します。

  • ADCHOICES_TOP_LEFT
  • ADCHOICES_TOP_RIGHT
  • ADCHOICES_BOTTOM_RIGHT
  • ADCHOICES_BOTTOM_LEFT
setVideoOptions()

このメソッドを使うと、ネイティブ広告の一部として返される動画アセットのオプションをアプリで設定できます。詳しくは、ネイティブ アドバンス広告のネイティブ動画をご覧ください。

setMediaAspectRatio()

返されるネイティブ広告の画像または動画のアスペクト比を設定します。NativeMediaAspectRatio を次のいずれかの定数に設定すると、指定されたアスペクト比のメディアを含む広告のみが返されます。

  • NATIVE_MEDIA_ASPECT_RATIO_LANDSCAPE
  • NATIVE_MEDIA_ASPECT_RATIO_PORTRAIT
  • NATIVE_MEDIA_ASPECT_RATIO_SQUARE
  • NATIVE_MEDIA_ASPECT_RATIO_ANY

NativeMediaAspectRatio が設定されていない場合は、任意のアスペクト比の広告が返されます。