モバイル ファースト インデックスに関するおすすめの方法

モバイル ファースト インデックスとは、今後は Google のインデックス登録とランキングにモバイル版のコンテンツが主として使用されることを意味します。今までユーザーのクエリとページの関連性を評価する際には、主にデスクトップ版のページ コンテンツがインデックスに使われていました。今やユーザーの大半がモバイル端末から Google にアクセスしているので、今後はモバイル版のページ コンテンツを主としてインデックスに使用するようになります。モバイル ファースト インデックスを別個に作成するわけではありません。今後も使用するインデックスは 1 つだけです。

モバイル ファースト インデックスでは、Googlebot は主にスマートフォーン エージェントを使ってページをクロールし、インデックスに登録します。検索結果には、パソコン用 URL でもモバイル用 URL でも、ユーザーに最適な URL を引き続き表示します。

以前にお知らせしたとおり、Google はサイトを徐々に移行し、サイトの所有者とユーザーの便宜性が確保されるように最大の注意を払います。各サイトについて、おすすめの方法に基づくモバイル ファースト インデックスの準備ができているかどうかを評価し、準備ができているサイトから移行します。

変更点

所有するサイトのタイプ...

パソコン用のみ

パソコン用サイトのみでモバイル フレンドリー サイトがない場合

変更はありません。モバイル版とパソコン版は同じです。

レスポンシブ ウェブ デザイン

画面サイズを調整するサイトの場合

変更はありません。モバイル版とパソコン版は同じです。

正規 AMP

ウェブページがすべて AMP HTML で作成されている場合

変更はありません。モバイル版とパソコン版は同じです。

別々の URL

パソコン用の各 URL に対し、モバイル用に最適化されたコンテンツが配信される別の URL がある場合。このタイプのサイトは、「m.」サイトとも呼ばれます。

Google ではモバイル版 URL を優先してインデックスに登録します。モバイル ファースト インデックスに備えるには、Google のおすすめの方法を参考にしてください。

動的な配信

ユーザーの端末に応じて、異なるコンテンツを配信するサイトの場合。ユーザーには 1 つの URL しか表示されません。

Google は、モバイル用に最適化されたコンテンツを優先してインデックスに登録します。モバイル ファースト インデックスに備えるには、Google のおすすめの方法を参考にしてください。

AMP および非 AMP

AMP 版と非 AMP 版の両方のページがサイトにある場合。ユーザーには 2 つの異なる URL が表示されます。

Google では非 AMP のモバイル版 URL を優先してインデックスに登録します。非 AMP モバイル版で動的に配信するか、別の URL を使用する場合は、Google のおすすめの方法を参考にしてください。

動的配信または別々の URL を使用する場合のおすすめの方法

サイトにパソコン用とモバイル用のコンテンツが別々にある場合、つまりサイトで動的配信が行われているか、別の URL または m. サイトが存在する場合は、下記のおすすめの方法に沿ってモバイル ファースト インデックスに備えてください。

  • モバイルサイトには、パソコン用サイトと同じコンテンツを含める必要があります。 モバイルサイトのコンテンツがパソコン用サイトよりも少ない場合、モバイルサイトを更新して、主要なコンテンツをパソコン用サイトと同等にする必要があります。テキスト、画像(alt 属性を設定)、動画などを、通常のクロールやインデックス登録が可能な形式で準備します。
  • 構造化データは、サイトの両方のバージョンで指定する必要があります。 モバイル版での構造化データの URL が、モバイル用 URL に更新されていることを確認します。データ ハイライターを使用して構造化データを提供する場合、データ ハイライター ダッシュボードで定期的に抽出エラーを確認してください。
  • メタデータは、モバイル版とパソコン版のどちらのサイトにも必要です。 タイトルとメタ ディスクリプションがサイトの両方のバージョンで同等であることを確認します。

別々の URL を使用する場合のその他のおすすめの方法

サイトに別の URL(「m.」とも呼ばれます)がある場合は、他にもおすすめの方法があります。

  • サイトの両方のバージョンを Search Console で確認して、どちらのバージョンについてもデータやメッセージにアクセスできるようにします。Google がそのサイトでモバイル ファースト インデックスに切り替えると、データが移行される場合があります。
  • それぞれの URL で hreflang を確認します。rel=hreflang リンク要素を使って多言語化している場合、モバイル用とパソコン用の URL は別々にリンクします。モバイル用 URL の hreflang にはモバイル用 URL を指定し、パソコン用 URL の hreflang には同様にパソコン用 URL を指定する必要があります。
  • サイトのモバイル版でクロール頻度が上がる可能性がある場合、サーバーに十分な処理能力があることを確認します
  • robots.txt ディレクティブを確認して、サイトの両方のバージョンで意図したとおり機能するようにします。サイト所有者は robots.txt ファイルを使って、ウェブサイトのクロールを許可する部分と許可しない部分を指定できます。ほとんどの場合、サイトのモバイル版とパソコン版の両方で、同じディレクティブを使用できるようにします。
  • モバイル版とパソコン版の関係を rel=canonical リンク要素と rel=alternate リンク要素で正しく指定していることを確認します

フィードバックを送信...