モバイル ファースト インデックスに向けて準備する

モバイル ファースト インデックス登録とは、Google のインデックス登録とランキングで、モバイル版のコンテンツを優先的に使用することを意味します。これまで、ユーザーのクエリとページの関連性を評価するにあたっては、主にパソコン版のページのコンテンツがインデックスで使用されていました。今ではユーザーの大半がモバイル デバイスから Google 検索にアクセスしているので、今後、Googlebot は主としてスマートフォン エージェントでページのクロールとインデックス登録を行うようになります。

2019 年 7 月 1 日以降、すべての新規ウェブサイト(ウェブに新しく追加されたサイトまたは Google 検索が認識していなかったサイト)では、デフォルトでモバイル ファースト インデックス登録が有効化されます。以前から存在するウェブサイトについては、引き続きおすすめの方法に基づいてページのモニタリングと評価を行います。モバイル ファースト インデックス登録に対するサイト所有者の準備が整ったと見なされたら、Search Console を通じてサイト所有者に通知します。新規サイトのデフォルトの状態はモバイル ファースト インデックス登録であるため、新規サイトへの通知は不要なものとして行いません。

モバイル ファースト インデックス登録のサイトへの影響

モバイル ファースト インデックス登録の影響をサイトの種類別に示します。

サイトの種類
パソコン専用: パソコン専用でモバイル フレンドリー バージョンが存在しないサイト。 変更はありません。モバイル版はパソコン版と同じです。
レスポンシブ ウェブ デザイン: 画面サイズに合わせて調整されるサイト。 変更はありません。モバイル版はパソコン版と同じです。
正規の AMP: すべてのウェブページが AMP HTML で作成されているサイト。 変更はありません。モバイル版はパソコン版と同じです。
別々の URL: パソコン用 URL ごとに、モバイル デバイス向けコンテンツを配信する別個の URL があるサイト。このタイプのサイトは、「m.」サイトとも呼ばれます。 Google ではモバイル用 URL を優先してインデックスに登録します。モバイル ファースト インデックス登録に備えるには、Google のおすすめの方法を参考にしてください。
動的配信: ユーザーのデバイスに応じて異なるコンテンツを配信するサイト。ユーザーには 1 つの URL のみが表示されます。 Google ではモバイル デバイス向けコンテンツを優先してインデックスに登録します。モバイル ファースト インデックス登録に備えるには、Google のおすすめの方法を参考にしてください。
AMP と非 AMP: AMP 版と非 AMP 版の両方のページがあるサイト。ユーザーには 2 つの異なる URL が表示されます。 Google ではモバイル版の非 AMP URL を優先してインデックスに登録します。非 AMP モバイル版を動的に配信するか、別の URL を使用する場合は、Google のおすすめの方法を参考にしてください。

動的配信または別々の URL を使用する場合のおすすめの方法

サイトにパソコン用とモバイル用のコンテンツが別々にある場合、つまりサイトで動的配信が行われているか、別の URL または m. サイトが存在する場合は、下記のおすすめの方法に沿ってモバイル ファースト インデックスに備えてください。

  • モバイルサイトには、パソコン用サイトと同じコンテンツを含める必要があります。 モバイルサイトのコンテンツがパソコン用サイトよりも少ない場合、モバイルサイトを更新して、主要なコンテンツをパソコン用サイトと同等にすることをご検討ください。テキスト、画像(alt 属性を設定)、動画などを、通常のクロールやインデックス登録が可能な形式で準備する必要があります。
  • 構造化データは、サイトの両方のバージョンで指定する必要があります。 モバイル版の構造化データの URL がモバイル用 URL にアップデートされていることを確認してください。データ ハイライターを使用して構造化データを提供する場合は、抽出エラーがないかどうかをデータ ハイライター ダッシュボードで定期的にチェックします。
  • メタデータは、モバイル用とパソコン用のどちらのサイトにも必要です。 タイトルとメタ ディスクリプションがサイトの両方のバージョンで同等であることをご確認ください。

別々の URL を使用する場合のその他のおすすめの方法

サイトに別々の URL(m. サイト、つまりモバイル用サイト)がある場合は、以下のおすすめの方法も参考にしてください。

  • Search Console でサイトの両方のバージョンを確認して、どちらのバージョンのデータとメッセージにもアクセスできるようにします。Google がサイトをモバイル ファースト インデックス登録に切り替えたとき、サイトのデータが変動する可能性があります。
  • 別々の URL の hreflang リンクをチェックします。rel=hreflang リンク要素多言語化を行っている場合は、モバイル用 URL とパソコン用 URL を個別にリンクします。モバイル用 URL の hreflang にはモバイル用 URL を指定し、パソコン用 URL の hreflang には同様にパソコン用 URL を指定する必要があります。
  • サーバーに十分な処理能力があることを確認して、サイトのモバイル版でクロール頻度の増加に対応する必要が発生した場合に備えてください。
  • サイトの両方のバージョンに対して robots.txt ディレクティブと robots メタタグが意図したとおりに機能するかどうかを確認します。robots.txt ファイルを使用すると、ウェブサイトのどの部分がクロールされるか(またはされないか)を指定できます。robots メタタグを使用すると、ウェブサイトのどの部分がインデックスに登録されるか(またはされないか)を指定できます。ほとんどのサイトでは、モバイル版サイトとパソコン版サイトに対して同じ robots.txt ディレクティブと robots メタタグを使用する必要があります。
  • モバイル版とパソコン版の間に正しい rel=canonical リンク要素と rel=alternate リンク要素があることを確認します。

変更履歴

Google は、モバイル ファースト インデックス登録について多くの発表を行ってきました。これまでに発表した情報の変更履歴を次に示します。

変更履歴
2019 年 5 月 28 日 2019 年 7 月 1 日以降、すべての新規ウェブサイトまたは Google 検索が認識していなかったサイトでは、デフォルトでモバイル ファースト インデックス登録が有効化されます。 以前から存在するサイトについては、引き続きページの準備状況をモニタリングして評価します。準備が整ったと見なされたら、Search Console を通じてサイト所有者に通知します。
2018 年 3 月 26 日 モバイル ファースト インデックス登録は、幅広い展開を予定しています。 モバイル ファースト インデックス登録に備える方法についてのドキュメントを公開しました。モバイル ファースト インデックス登録によって収集されるコンテンツは、まだこの方法で収集されていないモバイル コンテンツやパソコン コンテンツよりランキングで優先されることはありません。
2018 年 12 月 19 日 Google がサイトをモバイル ファースト インデックス登録に移行する際は、Search Console を通じてサイト所有者に通知します。モバイル ファースト インデックス登録に備えて、構造化データと alt 属性がページの両方のバージョンに存在することを確認してください。
2017 年 12 月 18 日 Google はサイトの準備状況を評価し、準備が整ったサイトに対してモバイル ファースト インデックス登録を慎重に展開します
2016 年 11 月 4 日 Google はインデックス登録のモバイル ファースト化をテストしています