検索について: デベロッパー ガイド

検索結果に表示されやすくなるようサイトのコンテンツを修正すると、より関連性の高いユーザーにコンテンツを見つけてもらいやすくなります。こうした修正は検索エンジン最適化(SEO)と呼ばれ、サイトに強い関心を持っているユーザーからのトラフィックの増加につながります。逆に、Google の検索エンジンがあなたのページを正しく認識できていないと、多くのトラフィックを発生させる重要な機会を失うことになりかねません。

このガイドでは、デベロッパーがサイトを Google 検索に最適化する際に役立つ情報を紹介します。このガイドの内容に加え、サイトの安全性描画速度あらゆるユーザーにとってのアクセシビリティを高め、あらゆるデバイスに対応させるための作業を行ってください。

サイトが Google からどのように認識されているか

SEO を始めるにあたって、まずモバイル フレンドリー テストツールであなたのサイトをテストして、そのサイトが Googlebot からどのように認識されているかを確認してください。 Googlebot は、Google のウェブクロール用の bot で、新しいページや更新されたページを見つけて Google インデックスに追加します。ウェブクロールについて詳しくは、Google 検索の仕組みについての記事をご覧ください。

テスト結果では、Googlebot がブラウザに表示される内容のすべてを認識できるわけではないことに驚かれたかもしれません。たとえば以下の例の場合、Googlebot は、ページ上に画像があることを認識できていません。これは、Googlebot でサポートされていない JavaScript の機能がページで使用されているためです。

ユーザー

このページは、ユーザーからは以下のように見えています。ブラウザには、画像とテキストが表示されています。

猫の 6 種類の画像を表示したウェブサイトです。ウェブサイトのタイトルは Kitten Corner です。もっとたくさんの子猫の写真を表示するためのボタンがあります。

Googlebot

このページは、Googlebot からは以下のように見えています。Googlebot でサポートされていない JavaScript の機能がページで使用されているため、Googlebot は、ページ上に画像があることを認識できていません。

ウェブサイトのタイトル(Kitten Corner)を表示したウェブサイトです。もっとたくさんの子猫の写真を表示するためのボタンがあります。ページには子猫の画像が表示されていません。

Googlebot は、リンクやサイトマップ、リダイレクトを辿りながら URL 間を移動します。このとき、各 URL は、あなたのサイトから見える最初で最後の URL として扱われます。Googlebot がサイト上のすべての URL を認識できるようにするには、次のようにします。

  • 有効な URL を指定した <a href> を使用します。サイト上のすべてのページが、検出できる別のページからのリンクでアクセスできることを確認してください。参照リンクには、ターゲット ページに関連するテキストまたは alt 属性(画像の場合)のいずれかを含める必要があります。リンクがクロールされるようにするには、リンクの形式が href 属性を指定したタグである必要があります
  • Googlebot がサイトで高度なクロールを行えるよう、サイトマップを作成して送信します。サイトマップとは、サイト上のページや動画などのファイルについての情報や、各ファイルの関係を伝えるファイルです。
  • 1 つの HTML ページで構成される JavaScript アプリでは、各画面または個々のコンテンツの要素ごとに URL を設定します。

JavaScript の使い方を確認する

Googlebot は JavaScript を実行することができますが、注意点があります。たとえば、一部の機能がサポートされていない場合や、ES6 以降は実行できないなどの制限があります。JavaScript の制限についてはこちらをご確認ください。

Google にコンテンツの変更を反映させる

Google が新しいページや更新されたページをすぐに検出できるようにするには、次の操作を行います。

上記の操作を行ってもページがインデックスに登録されない場合は、サーバーのログでエラーを確認してください。

ページの要素を文字で表現する

Googlebot が認識できるコンテンツは、文字で表現されているものに限られます。たとえば、動画のテキストを認識することはできません。Google 検索がページの内容を認識できるようにするには、次のようにします。

  • ビジュアル コンテンツをテキスト形式で表現する。たとえば、シャツの画像一覧が掲載された商品カテゴリページに各画像の説明テキストがない場合、最適な結果は得られません。画像ごとに説明テキストを用意してください。
  • すべてのページにわかりやすいタイトルメタ ディスクリプションを設定する。固有のタイトルとメタ ディスクリプションは、Google がページの関連性をユーザーに示すために使われ、サイトへの検索トラフィックを増やすのに役立ちます。
  • セマンティック HTML を使用する。Googlebot は、HTML や PDF コンテンツ、画像、動画をインデックスに登録しますが、Flash や Java、Silverlight などのプラグインを必要とするコンテンツやキャンバスに表示されたコンテンツは登録しません。コンテンツには、できるだけプラグインではなくセマンティック HTML マークアップを使用してください。

コンテンツの他のバージョンを Google に知らせる

Googlebot は、サイトやコンテンツに複数のバージョンがあることを自動的には認識できません。複数のバージョンとは、サイトのモバイル版やデスクトップ版、各国語版のことを指します。次のようにすると、Google がユーザーに適切なバージョンを表示できるようになります。

Google でクロールされるコンテンツを管理する

次のような方法で Googlebot をブロックできます。

  • Googlebot がページを見つけられないようブロックするには、コンテンツへのアクセスをログイン済みのユーザーだけに制限します(ログインページを使用したり、ページをパスワードで保護したりなど)。
  • Googlebot がページをクロールできないようにブロックするには、robots.txt を作成します。
  • Googlebot があなたのページをインデックスに登録できないようにブロックするには、クロールを許可して noindex メタタグを追加します。

Google 検索に表示されないコンテンツを表示させたい場合は、次の手順に沿って対応します。

  • URL 検査ツールを使用して、Googlebot が問題のページにアクセスできるかどうかを確認します。
  • robot.txt ファイルを参照して、Googlebot によるサイトのクロールを誤ってブロックしていないかどうかを確認します。
  • HTML のメタタグ内の「noindex」ルールを確認します。

サイトのリッチリザルトを有効にする

検索結果に表示されたレシピのカルーセルです。カルーセルには、異なる種類のパイを紹介する 2 枚のカードがあります。クリックすると動画を再生できます。

リッチリザルトを使用すると、デザインされた画像やインタラクティブな機能を検索結果ページに表示して、あなたのサイトを目立たせることができます。ページに構造化データを定義してページの内容についての明示的な判断材料を提供すると、Google があなたのページをより正確に理解し、検索結果にリッチリザルトを表示できるようになります。なにから着手したらよいかわからない場合は、利用できる機能のギャラリーをご覧ください

フィードバックを送信...