検索関連の JavaScript の問題を解決する

このガイドでは、ページ(または JavaScript を使用するページの特定のコンテンツ)が Google 検索結果に表示されない場合、その原因となっている JavaScript の問題を特定して解決する方法を説明します。Googlebot でも JavaScript は実行されますが、クローラによるアクセスやレンダリングに対応するには、ページやアプリケーションを設計する際に特別に考慮しなければならない点や制限事項がいくつかあります。

Googlebot は、ウェブ上の一員として有益な働きができるよう設計されています。その主要な優先事項がクロールです。クロールは、サイトにアクセスするユーザーの利便性を損なわない仕組みになっています。Googlebot とそのウェブ レンダリング サービス(WRS)コンポーネントは、継続的に分析を行うことで、重要なページ コンテンツに貢献しないリソースを特定し、そのようなリソースを取得しない場合があります。たとえば、重要なページ コンテンツに貢献しないレポート作成やエラー要求などのリクエストは、重要なページ コンテンツの抽出に使用されなかったり、不要と判断されたりします。

Google 検索結果にページ(または JavaScript を使用するページの特定のコンテンツ)が表示されない原因が、JavaScript の問題と考えられる場合は、下記の手順を実施します。

  1. Search Console のモバイル フレンドリー テストまたは URL 検査ツールを使用して、Google による URL のクロールとレンダリングをテストします。ページ判定カードのその他の情報へのリンクをクリックすると、読み込まれたリソース、JavaScript コンソールの出力と例外、レンダリングされた DOM、その他の情報を表示できます。

    可能であれば、そのサイトのユーザー(Googlebot も含め)で発生した JavaScript エラーの収集と監査を行い、コンテンツのレンダリングに影響しうる問題を特定することもおすすめします。

  2. Googlebot はユーザーへのアクセス許可リクエストを拒否するものと考えます。
  3. データが保持されることを前提としたコンテンツの提供は行わないでください。
  4. アプリケーションでは、必要なすべての重要 API について機能検出を使用し、フォールバック動作や可能な場合はポリフィルを用意するようにします。
  5. 次のようにして、ウェブ コンポーネントを検索結果に表示されやすくします。
    1. Shadow DOM を使用して、実装の詳細をカプセル化して隠します。
    2. コンテンツはできる限り Light DOM に入れるようにします。
  6. このチェックリストの項目を解決したら、Search Console のモバイル フレンドリー テストまたは URL 検査ツールを使用してページを再度テストします。

    問題が解決した場合は、エラーの代わりに緑色のチェックマークが表示されます。それでもエラーが表示される場合は、検索ワーキング グループの JavaScript サイトに投稿してください。

フィードバックを送信...