ページのデバッグ

一般的なヒント

修正したページを公開した直後に Google がそのページをクロールすることはありません。そのため、Search Console(および Google 検索)では、ページがもう一度クロールされるまでエラーが表示され続けることがあります。たとえば、Fetch as Google ツールを使用して優先的にクロールを行うようリクエストできることもありますが、ほとんどの場合、ページの変更が認識されるまでに数日かかります。

便利なテストツール

ここでは、ページをデバッグするのに役立つ便利なツールをいくつかご紹介します。

確認済みのサイト所有者向けのツール

以下のツールおよびレポートをページやサイトで使用するには、ページの確認済みのサイト所有者である必要があります。これは、確認済みのサイト所有者だけが、Search Console が提供するサイトの機密情報にアクセスできるためです。

  • Search Console - 以下のような有用なサイト監視ツールやテストツールを利用するには、Search Console に登録して、サイトの所有権を確認します。
  • リッチリザルトのステータス レポート - Google がどのリッチリザルトをサイトから読み取ることができたのかを確認して、リッチリザルトのエラーに関するトラブルシューティングの情報を取得し、問題を修正して再クロールをリクエストすることができます。このツールを使用して任意の URL をテストすることはできません。
  • Fetch as Google - Google がページにアクセスできるかどうかをテストし、および Googlebot(Google のクロール エンジン)でどのようにレンダリングされるかを検証します。また、クロールの際に、ページで使用されているリソースに Google がアクセスできるかどうかについてもテストします。サイト上の特定の URL の再クロールをリクエストすることも可能です。
  • robots.txt テスター - robots.txt ファイルの構文をテストします。サイト上の任意の robots.txt ファイルをテストできるほか、編集可能なテキスト領域内の構文をテストすることもできます。
  • AMP ステータス レポート - Google が検出した、サイト全体の AMP ページエラーを表示します。エラーは通常のクロール中に検出されます。任意の URL をテストすることはできません。
  • モバイル ユーザビリティ レポート - サイト全体のモバイル ユーザビリティに関するエラーを表示します。エラーは通常のクロール中に検出されます。任意の URL をテストすることはできません。

匿名ツール

匿名ツールは任意の URL で使用できます。ウェブサイトに対する Search Console の権限は必要ありません。一部のツールでは、コード スニペットをツール自体に貼り付けることもできます。

URL がファイアウォールの内部を指している場合や、ローカルのパソコンにホストされている場合は、トンネリング ソリューションを使用してページをテストツールに公開できます。その方法については以下をご覧ください。

その他のツール

その他のツール、メーリング リスト、営業時間に関する情報については、Google ウェブマスター サポート センターをご覧ください。

ローカルでホストされているページやファイアウォールで保護されているページのテスト

Google では、単一のライブ ウェブページをテストするための各種テストツールを提供しています。たとえば、AMP テストツールモバイル フレンドリー テストツール構造化データ テストツールなどがあります。ただし、ページが公開 URL のないローカルマシンで実行されている場合や、ファイアウォールの内部でホストされている場合でも、ページへのトンネルをテストツール用に公開することによってページをテストすることができます。これは、ページをウェブで公開する前にテストしたい場合や、リリース プロセスの別の手順としてページをテストしたい場合に役立ちます。

ローカルページやファイアウォールで保護されているページをテストするには、ngrok などのトンネリング ソリューションを使用します。これらのツールは、ローカルホストやファイアウォールで保護されているサーバー上の非公開ページに接続する公開 URL を提供します。

次の例では、最初に Python の SimpleHTTPServer を起動して、ローカルのパソコンでページをホストします。さらに、ngrok を使用して、一般公開されている URL でそのページを公開します。

手順 1

ローカルの HTTP サーバーを起動して、所定のポートでページをホストします。この例では、ポート 5326 を選択しています

SimpleHTTPServer がサイトのルートとして現在のディレクトリをマッピングします。

~/testwebdir $ python -m SimpleHTTPServer 5326
Serving HTTP on 0.0.0.0 port 5326
...

手順 2

別の端末でローカルの ngrok アプリを起動し、手順 1 で開いたポート 5326 をリッスンします。

~/ $ ./ngrok http 5326

ngrok by @inconshreveable (Ctrl+C to quit)

Session Status online
Version 2.2.4
Region United States (us)
Web Interface http://127.0.0.1:4040
Forwarding http://ad0a5735.ngrok.io -> localhost:5326
Forwarding https://ad0a5735.ngrok.io -> localhost:5326

Connections ttl opn rt1 rt5 p50 p90
                              0 0 0.00 0.00 0.00 0.00

手順 3

公開した ngrok の URL を、選択したテストツールに渡します。

この例のルート URL は http://ad0a5735.ngrok.io です。ページをローカル(~/testwebdir/mypage.html)に保存して、~/testwebdir/ から上記のサーバーを起動すると、http://ad0a5735.ngrok.io/mypage.html をテストできます。モバイル フレンドリー テストツールでは、この URL を直接貼り付けたり、https://search.google.com/test/mobile-friendly?url=http%3A%2F%2Fad0a5735.ngrok.io%2Fmypage.html にアクセスしたりできます。

使用するローカルホストやトンネリング ソリューションによって、ページの URL マッピングが異なる点にご注意ださい。

また、一部のトンネリング ソリューション(ngrok 以外)では、robots.txt によって一時的な公開 URL が自動的に保護されます。そのため、それらのソリューションでは Google テストを実行できません。Google のテストツールは robots.txt に従います。詳しくは、トンネリング ソリューションとウェブ ホスティング ソフトウェアのドキュメントをご覧ください。

アクセスエラーのデバッグ

Google のテストツールの使用中にアクセスエラーが発生した場合:

  • ページが robots.txt によって保護されていないかどうか、ログインが必要かどうかを確認します。
  • 別のパソコンで Chrome をシークレット モードで使用して、ファイアウォールの外側からページにアクセスしてみます。

フィードバックを送信...