AMP が検索結果にどのように表示されるかを理解する

Google 検索では、AMP ページをインデックスに登録することによって、信頼性に優れた高速なウェブ エクスペリエンスを実現しています。AMP ページを使えるようにすると、モバイル検索で注目を集めやすいリッチリザルトやカルーセルの一部として表示できるようになります。AMP であるかどうかが直接 Google 検索のランキングに影響することはありませんが、スピードはランキングに影響します。Google 検索では、そのページがどのような技術を使用して制作されたかに関係なく、すべてのページに同じ基準が適用されます。AMP を使用する利点について詳しくは、AMP プロジェクトの成功事例をご覧ください。

AMP アイコンは、ユーザーがモバイル検索において、読み込みがスムーズで速いページを見分ける目印になります。Google 検索では、ユーザーが AMP ページを選択すると、Google AMP キャッシュからページが取得されます。これにより、事前レンダリングをはじめとする各種の読み込み最適化機能を利用できるため、多くの場合、ページは瞬時に表示されます。今のところパソコンでは、リッチ機能(AMP ロゴやカルーセルなど)を使用した AMP ページの表示や、Google AMP キャッシュや AMP ビューアからの配信には対応していません。 そのため、正規の AMP ページが標準的な検索結果と同じように表示されます。

検索結果での初期表示

次の表に、AMP コンテンツが Google 検索結果にどのように表示されるかを示します。ページに構造化データを追加すると、Google がそのページを詳細に理解できるようになります。ただし、構造化データを追加したからといって、検索結果に必ずリッチリザルトが表示されるとは限りません。詳細については、構造化データに関する一般的なガイドラインをご覧ください。

コンテンツが同一の、重複するページがある場合は、正規ページだけでなく、重複するすべてのページに同じ構造化データを実装します。実装について詳しくは、構造化データに関する一般的なガイドラインをご覧ください。

検索機能のカテゴリ

基本的な検索結果: このカテゴリは、「青色リンク」とも呼ばれる、通常のウェブ検索結果を示しています。

検索結果に表示された AMP の基本的な検索結果

トップニュース カルーセル: 記事、ライブブログ、動画などを表示するコンテナです。Google がページを詳細に理解できるようにするには、以下の 1 つ以上のスキーマタイプ(コンテンツ タイプによって異なる)に対応しているページに構造化データを追加します。

検索結果に表示されたトップニュース カルーセル

ホスト カルーセル: サイト上の同じタイプの複数のリッチリザルトを表示するためのコンテナです。Google がページを詳細に理解できるようにするには、以下の 1 つ以上のスキーマタイプ(コンテンツ タイプによって異なる)に対応しているページに構造化データを追加します。

検索結果に表示されたホスト カルーセル

リッチリザルト: スタイル設定、画像、その他の機能を含む検索結果です。Google がページを詳細に理解できるようにするには、以下の 1 つ以上のスキーマタイプ(コンテンツ タイプによって異なる)に対応しているページに構造化データを追加します。

検索結果に表示されたリッチリザルト

映像ニュース: Google 検索結果の映像ニュース形式で、タップ操作に合わせて全画面表示で映像を表示します。AMP ストーリーを作成するには、amp-story コンポーネントを追加し、Best practices for creating an AMP story に沿って、以下の 1 つ以上のスキーマタイプ(コンテンツ タイプによって異なる)に対応しているページに構造化データを追加します。

詳しくは、AMP ストーリーについての記事をご覧ください。

検索結果に表示された映像ニュース

ユーザーが AMP コンテンツをクリックした後

ユーザーが Google 検索で AMP コンテンツをクリックすると、AMP コンテンツが以下のいずれかの方法で表示されます。

  • Google AMP ビューア: デフォルトの方法です。コンテンツをキャッシュして配信することで、コンテンツの配信を最適化してユーザー エクスペリエンスを向上させることができます。Google AMP ビューアの上部にコンテンツのドメインが表示されるため、ユーザーはコンテンツの配信元を確認できます。
  • Signed Exchange: ブラウザがドキュメントを本来の生成元に帰属するものとして扱うことを可能にする技術です。

AMP コンテンツの表示方法を比較したイラスト。最初の画像は、Google AMP ビューアに表示された AMP コンテンツを示しています。吹き出しで示しているのは、Google AMP ビューアの URL と AMP の元のソースです。2 番目の画像は、Signed Exchange を使用したナビゲーションを示しています。吹き出しで示しているのは、ウェブサイトの URL と追加の空きスペースです。

Google AMP ビューアについて

Google AMP ビューアは、ユーザーに関するデータを収集可能なハイブリッド環境です。Google によるデータ収集は、Google のプライバシー ポリシーに基づいて行われます。AMP ページのサイト運営者が、Google AMP ビューアに表示される自社コンテンツに関連してデータ収集を行う場合は、そのサイト運営者のプライバシー ポリシーに準拠するものとします。AMP ページ内の動作やベンダー統合を選択するのもサイト運営者です。そのため、そうした選択に関連して発生するコンプライアンス義務もサイト運営者の責任となります。

Signed Exchange について

Signed Exchange では、ファーストパーティの Cookie を使用してコンテンツをカスタマイズし、分析データを測定できます。ページは、google.com/amp の URL ではなく、お客様の URL の下に表示されます。Signed Exchange をサポートするブラウザの場合、Google 検索では Google AMP ビューアを使用したコンテンツよりも、Signed Exchange 形式のコンテンツへのリンクが優先されます。この形式の検索結果をユーザーに提供するには、通常の AMP HTML 形式に加えて Signed Exchange 形式でも AMP コンテンツを公開する必要があります。現在、Signed Exchange が Google 検索でサポートされているのは、リッチリザルトと基本的な検索結果のみです。カルーセルはサポートされていません。AMP ページ用の Signed Exchange の設定について詳しくは、Serve AMP using Signed Exchanges をご覧ください。